ピックアップ

検索結果の削除に最高裁が初の判断 判断のポイントと今後の影響は

日置 巴美弁護士

被災地の今と、企業の力に寄せる期待

片桐 さつき

最新判例による税務コンプライアンス

第3回 海外子会社の株式引受けにおいて、時価と払込価額の差額が受贈益として課税された事例 神鋼商事事件(東京高裁平成28年3月24日判決)

北村 豊弁護士

新着の特集

もっと見る

新着の実務Q&A

もっと見る

新着のニュース

もっと見る

最近執筆した弁護士

弁護士を探す

詳細検索する