新着の特集一覧

契約書をリスクマネジメントにどう活用するべきか

第3回 契約書の作成・修正をする際のチェックポイント

取引・契約・債権回収

河村 寛治
明治学院大学法学部教授/一般社団法人GBL研究所代表理事

 企業の法務担当にとって、契約書のチェックという業務はリスクマネジメントの一環として非常に重要なウエイトを占めています。本連載では契約書をリスクマネジメントにどう活用するか、という点について、すこしでも読者の方に共感をしていただけるよう、第1回では「契約書作成の意義」を、第2回では「契約書をめぐるト...

平成29年6月総会の概況について 総会の集中率は昨年に引き続き過去最低を更新

※本記事は、三菱UFJ信託銀行が発行している「証券代行ニュース No.142」の「特集」の内容を転載したものです。  平成29年6月総会の概況をとりまとめましたのでご紹介します。 総会集中率  本年の第一集中日は6月29日(木)であり、集中率は29.6%(前年比2.6ポイント減)と...

コーポレート・M&A

企業法務の地平線

第10回 人と組織の成長を創造するプロアクティブな法務 - パーソルホールディングス

 企業活動がグローバル化、複雑化する中で法務部門に求められる役割にも変化が見られます。これからの時代に求められる法務部門のあるべき姿とは、どのようなものなのでしょうか。各社の法務部へお話を伺い、その姿を探ります。  今回は、パーソルホールディングス株式会社に取材しました。パーソルグループは、人材派...

法務部

民法改正(債権法改正)と不動産取引への影響

第3回 不動産売買契約の留意点(表明保証責任)

井上 治弁護士
牛島総合法律事務所

 前回(『第2回 不動産売買契約の留意点(契約不適合責任)』)に引き続き、民法改正による不動産取引への影響および不動産売買契約の注意点について、土壌汚染や地中障害物の存在が疑われる土地の売買契約を中心に説明します。本稿においては不動産売買契約のうち表明保証責任に関する条項について説明します。なお、『...

取引・契約・債権回収

特許権侵害訴訟に企業はどう向き合うか

第4回 裁判所の選択・管轄と訴訟にあたって必要な費用

松下 外弁護士
弁護士法人イノベンティア 東京事務所

裁判所の選択と管轄 裁判所の選択  国内における特許権に関する紛争のうち、訴額が140万円を超える事件については、地方裁判所が管轄を有します。そして、これらの地方裁判所に係属する特許権に関する紛争については、知財紛争の専門部を擁する東京地方裁判所(民事第29部、第40部、第46部および第47部の...

知的財産権・エンタメ

実効性のある内部通報制度の運用に向けて

第3回 内部通報制度を構築するためのポイント

新飯田 悦孝
株式会社エス・ ピー・ネットワーク

内部通報ガイドライン  第1回は「内部通報制度とは」と題して、内部通報制度の意義・目的である「リスクの早期発見・早期対応」について言及しました。第2回では、「内部通報制度において企業が抱える問題点・課題」と題して、規程と実態の乖離について考えました。今回は、2016年12月9日に消費者庁が公表した...

危機管理・コンプライアンス

営業現場で使える!英文契約書のポイント

第5回 見積もりの依頼と申し込みの承諾

宮田 正樹
一般社団法人GBL研究所 理事

 前回「第4回 取引条件を提示するときの伝え方」は取引における申し込みの考え方や、文章の例文などを紹介しました。今回は見積書の依頼をする場合、見積書の依頼を受けた場合の文章例などを紹介し、申し込みの「承諾」についての考え方を解説します。 見積(書)  通常の売買取引では、「見積書」という形で価格...

取引・契約・債権回収
もっと見る

人気の特集

  • コーポレート・M&A
  • 取引・契約・債権回収
  • IT・情報セキュリティ
  • 人事労務
  • 知的財産権・エンタメ
  • 事業再生・倒産
  • 危機管理・コンプライアンス
  • 競争法・独占禁止法
  • ファイナンス
  • 国際取引・海外進出
  • 訴訟・争訟
  • 税務
  • 不動産
  • 法務部
  • ベンチャー