抽選でAmazonギフト券が当たる! 2018年の企業法務を振り返るアンケート実施中

M&Aをもっと身近に 国内の案件を検索できるデータベースが無料公開

コーポレート・M&A

武田薬品工業による大型買収や、事業承継税制の改正、相続法の改正、活発化するベンチャー企業への投資など、日本企業のM&A(合併・買収)に関心が高まっている。

M&A仲介サービス大手のストライクがリリースした「M&Aデータベース」は、無料でありながら日本企業が関わった国内のM&A件数や具体的な企業名、買収額などを様々な切り口から検索可能なサービスだ。

上場企業の適時開示の数字を集計したデータソースを用いて、四半期別、年別などの期間や住宅・不動産、運輸・倉庫、銀行、保険など50近くの業種別の検索に対応。株式譲渡、株式交換などM&Aのスキーム別に検索もでき、業界のトレンドを容易に把握したいというニーズにも応える。都道府県別にどのような事業が売却・買収されたのか簡易に探すことができるため、地域経済の動向を把握することも可能だ。

M&Aデータベースの検索画面

シンプルに情報が整理されている点も特徴といえる。画面上部のタブをクリックするだけで、「買収金額」「スキーム別」「業種別」「地域別」のランキングがひと目でわかる。
当記事掲載時(2018年12月時点)の「2018年買収金額トップ10」のランキングを見ると下記のとおりとなっている。

NO. 公表日 対象企業・事業 買付者 買収金額
1 2018/05/08 Shire plc 武田薬品工業(株) 約7兆円
2 2018/09/11 Integrated Device Technology, Inc ルネサスエレクトロニクス(株) 約7,330億円
3 2018/01/31 Xerox Corporation 富士フイルムホールディング... 約6,710億円
4 2018/07/05 欧州での産業ガス、炭酸ガス事業、ヘリウム事業. 大陽日酸(株) 約6,438億円
5 2018/10/31 Colonial First State Asset Management (Australia) Limitedなど
9社
三菱UFJ信託銀行(株) 3,280億円
6 2018/10/23 (株)シーズ・ホールディングス ジョンソン・エンド・ジョンソン 約2,300億円
7 2018/03/16 ドンスコイ・タバック 日本たばこ産業(株) 約1,900億円
8 2018/10/31 Tokio Millennium Re AG RenaissanceRe Holdings Ltd. 1,685億円
9 2018/08/06 United Dhaka Tobacco
Company Limited
日本たばこ産業(株) 約1,645億円
10 2018/10/26 クラリオン(株) エナップ シス エスエーエス 約1,409億円

※ 2018年に適時開示で公表したM&Aを集計。 経営権の移動を伴うM&Aを対象としている。

M&Aには弁護士、投資家、投資銀行、アナリストなど専門的な知識を持ったアドバイザーが関与するが、ストライクでは企業の経営企画部門や投資部門、中堅・中小企業の経営者に関心を深めてもらうことで、M&Aがもっと身近になることを目指している。

今回の開発について、同社は「企業経営者や一般の方々のM&Aの認知度を高めたり、より身近に感じていただくようになることが目的」と語る。

現在公開されているデータは2014年から2018年までのものとなっているが、来春にもデータを拡充し、2009年以降の時系列データが公開できる予定だという。

(取材、構成:BUSINESS LAWYERS編集部)

関連する特集

無料会員登録で
リサーチ業務を効率化

90秒で登録完了

無料で会員登録する