すべての特集

1〜10件を表示 56

米国証券訴訟最新動向 米国預託証券(ADR)の訴訟リスク

第2回 ADRに関する日本企業の裁判例

 前回の「ADRの概要と日本企業に関係するリスク」で、概要を示した米国預託証券(American Depositary Receipt:ADR)について、今回は日本企業が関係した、3つの裁判例を紹介する。本文中に示したモリソン判決の基準(連邦最高裁が判示した、取引所法の域外適用を示した10条(b)項...

クリストファー・スチュードベーカー弁護士
カービー・マキナニー法律事務所

国際取引・海外進出

米国証券訴訟最新動向 米国預託証券(ADR)の訴訟リスク

第1回 ADRの概要と日本企業に関係するリスク

 米国預託証券(American Depository Receipts: ADRs)は、非米国企業(以下、「外国企業」)の株式であり、米国の証券取引所において、米国株式そして上場企業の株式と同様に取引きされ、店頭でも販売されている。米国証券取引所に上場する費用をかけずに、米国の投資家及び資本を誘致...

クリストファー・スチュードベーカー弁護士
カービー・マキナニー法律事務所

国際取引・海外進出

中国における商業賄賂の実態

第2回 行政法、刑事法における商業賄賂と企業に求められる対応

 前回説明したように、中国の商業賄賂は近年増加傾向にある。摘発基準も不明確となっており、関連する規制の把握は困難である。今回は、行政法、刑事法における商業賄賂を踏まえ、企業に求められる対応を解説する。 ※本稿の凡例は以下のとおりです 1993年不当競争法:1993年12月1日 「中華人民共和国反...

王穏
上海開澤法律事務所

国際取引・海外進出

国際商事仲裁の最前線

第2回 仲裁合意の実践的ドラフティング 適用を意識するべき3つの法

国際仲裁手続に関連するルール  国際仲裁手続は、当事者の合意(より正確には当事者の合意を尊重する仲裁法規の存在)にその正当性が基礎づけられる紛争解決手段であるものの、これに加えて、様々なルールが重層的に適用され得る点に特色があります。  たとえば、第1回「国際商事仲裁とは何か、訴訟と比較した場合...

松下 外弁護士
弁護士法人イノベンティア 東京事務所

国際取引・海外進出

中国における商業賄賂の実態

第1回 中国商業賄賂の実情と中国の関連法

 近年、中国政府は公平な競争ある市場環境を目的として様々な政策を打ち出しており、その一環として商業賄賂に対する取締りを強化している。中国はコンプライアンスの時代に入ったといっても過言ではない。  2014年9月19日に中国湖南省長沙市の中級人民法院はイギリスの製薬大手グラクソ・スミスクライン(GS...

王穏
上海開澤法律事務所

国際取引・海外進出

グローバル企業のための人権侵害リスク対策 最新動向

第1回 グローバルビジネスにおける人権問題と事業へのインパクト

 海外サプライチェーンで発生した人権侵害問題に関して、日本企業が人権NGOの調査対象となり、改善要請を受ける例が確認されています。グローバルビジネスにおける人権問題と企業の実務対応を吉田武史 弁護士が解説します。 法務部門が知っておくべきグローバルビジネスにおける人権問題とコンプライアンス  児...

吉田 武史弁護士
ベーカー&マッケンジー法律事務所(外国法共同事業)

国際取引・海外進出

中国の一帯一路構想における紛争解決の最新動向

第2回 一帯一路構想のプロジェクトに関係する紛争解決プラットフォーム

シンガポール基本合意書  前回ご紹介した、中国におけるBRI(中国の一帯一路構想:The Belt and Road Initiative)関連の紛争解決手段にとって、シンガポール、香港がBRI紛争の主な地域的競争相手であり、特にシンガポールでは、様々な紛争解決機関がBRIに対応する様々な措置を迅...

パトリック・マクゴニガル外国法事務弁護士
King & Wood Mallesons法律事務所・外国法共同事業

国際取引・海外進出

法律事務所パラリーガルの英文契約書翻訳ノート

第9回 英文契約書レビューの相談時の条件確認

当連載では、英文契約における多様な条項を8回にわたり、法律事務所の翻訳者の目線で解説してきました。 企業の法務部や法律事務所は、ビジネス契約のレビューの相談を担当事業部から受けた場合に、事業部にその契約に関わるリスクや問題を気づかせる役割を担うこともあるでしょう。その際に、当該事業部が契約のリスクを...

山本 志織
弁護士法人瓜生・糸賀法律事務所

国際取引・海外進出

中国の一帯一路構想における紛争解決の最新動向

第1回 一帯一路構想のプロジェクトに関係する紛争の増加と中国の動向

中国の一帯一路構想  中国の一帯一路構想(BRI:The Belt and Road Initiative)は、2013年に習近平国家主席自らが導入した、非常に野心的な投資案件です。中国の目的は、中国とアジア、アフリカ、中東、欧州の経済を結ぶ貿易ルートのネットワークに沿ったエネルギー・輸送関連イン...

パトリック・マクゴニガル外国法事務弁護士
King & Wood Mallesons法律事務所・外国法共同事業

国際取引・海外進出

法律事務所パラリーガルの英文契約書翻訳ノート

第8回 英文契約書の準拠法、管轄裁判所、紛争解決

今回は、準拠法(Governing Law)、管轄裁判所(Jurisdiction)、紛争解決(Dispute Resolution)、言語(Language)について、筆者の法律事務所における翻訳実務経験に基づき、具体的な文例と翻訳例を示しつつ、翻訳にあたって注意すべき点を解説します。 なお、本...

山本 志織
弁護士法人瓜生・糸賀法律事務所

国際取引・海外進出