すべての特集

1〜10件を表示 31

日本のアニメの未来をファイナンスの視点から徹底議論、製作委員会の明日はどっちだ?

オンライン受付の無料相談やセミナーを通じてクリエイターやベンチャー企業、アーティストを支援するボランティア法律家集団「Arts and Law」のアニメを愛するメンバーが企画し、日本のアニメ業界をよりよくするためのイベント「Animation & Law!! vol.2」が2019年2月、東...

ファイナンス

QRコード決済とクレジットカード番号等取扱契約締結事業者としての登録の要否 経済産業省の2018年11月7日付法令適用事前確認手続の回答の検討

 経済産業省から2018年11月7日付で出された法令適用事前確認手続(ノーアクションレター)の回答で、QRコード決済の加盟店獲得の事業を行う場合に、割賦販売法上の「クレジットカード番号等取扱契約締結事業者」の登録(アクワイアラー登録)が必要であることが示されました。本稿では、QRコード決済の加盟店獲...

前田 竣弁護士
弁護士法人片岡総合法律事務所

ファイナンス

三井住友銀行が日本初のカバードボンドを欧州で発行、法制上の課題をどのように克服したか

 三井住友銀行(SMBC)は2018年11月6日付で、発行総額10億ユーロ、5年固定利付0.55%のカバードボンドを欧州市場で発行した(以下「本件カバードボンド」という)。本件カバードボンドは、日本の金融機関として初めて発行されたカバードボンドである。本件カバードボンドは、日本国債や親会社SMFGよ...

梅津 立弁護士
アンダーソン・毛利・友常法律事務所

ファイナンス

世界各国におけるICOの法規制

 仮想通貨元年と呼ばれた2017年からICOの件数とその調達額は、ともに伸び続けています。一方、詐欺的なICOも多く出現し、2017年9月頃から各国が利用者保護のために規制を強化する流れとなりました。  ICOで形成されるトークンコミュニティが多くの方から賛同を得られる性質のものであれば、ICOは資...

小笠原 匡隆弁護士
法律事務所ZeLo・外国法共同事業

ファイナンス

ブロックチェーン・仮想通貨ビジネスにおける最近のM&Aの潮流と法律実務

ブロックチェーンビジネスとM&A  昨年から今年にかけて数多くのブロックチェーンビジネスを取り扱う企業が登場しました。経済産業省の報告書「ブロックチェーン技術を利用したサービスに関する国内外動向調査」によると、ブロックチェーンの国内市場規模は潜在的なものも含め67兆円にも上る(下図参照)とされてい...

小笠原 匡隆弁護士
法律事務所ZeLo・外国法共同事業

ファイナンス

ロボアドバイザーをめぐる海外の規制動向

ロボアドバイザーの法的性質については「ロボアドバイザーとAIファンド 現状と今後の展望」をご覧ください。 米国での規制動向 2017年2月、米国証券取引委員会(SEC)の投資顧問局(Division of Investment Management)は、ロボアドバイザー業者向けのガイダンス(...

三宅 章仁弁護士
アンダーソン・毛利・友常法律事務所

ファイナンス

ロボアドバイザーとAIファンド 現状と今後の展望

ロボアドバイザーとは 近時、「ロボアドバイザー」と呼ばれるサービスが注目を集めています。「ロボアドバイザー」という用語については論者によって様々な定義がなされていますが、各業者が提供するサービスの最大公約数的な要素に着目すると、オンライン上で利用者から質問事項に対する回答を受け付け、その回答内容に...

三宅 章仁弁護士
アンダーソン・毛利・友常法律事務所

ファイナンス

Fintechで銀行法が改正 民間企業が突き動かした2017年法改正の動き

2014年頃から耳にするようになってきたFintech。金融(Finance)と技術(Technology)を組み合わせた造語であるFintechという概念が日本に浸透してきた当初は、技術的にも法的にも未知の存在として、非常に注目を集めてきた。現在では、Fintechという言葉自体はすっかり定着し、...

ファイナンス

最近のインサイダー取引における課徴金等の事例について 平成28年度の勧告件数は過去最高の43件

※本記事は、三菱UFJ信託銀行が発行している「証券代行ニュース No.145」の「特集」の内容を元に編集したものです。  証券取引等監視委員会は、本年8月に「証券取引等監視委員会の活動状況」、「金融商品取引法における課徴金事例集〜不公正取引編〜」を公表していますので、最近のインサイダー取引に...

ファイナンス