すべての特集

1〜10件を表示 28

世界各国におけるICOの法規制

 仮想通貨元年と呼ばれた2017年からICOの件数とその調達額は、ともに伸び続けています。一方、詐欺的なICOも多く出現し、2017年9月頃から各国が利用者保護のために規制を強化する流れとなりました。  ICOで形成されるトークンコミュニティが多くの方から賛同を得られる性質のものであれば、ICOは資...

小笠原 匡隆弁護士
法律事務所ZeLo・外国法共同事業

ファイナンス

ブロックチェーン・仮想通貨ビジネスにおける最近のM&Aの潮流と法律実務

ブロックチェーンビジネスとM&A  昨年から今年にかけて数多くのブロックチェーンビジネスを取り扱う企業が登場しました。経済産業省の報告書「ブロックチェーン技術を利用したサービスに関する国内外動向調査」によると、ブロックチェーンの国内市場規模は潜在的なものも含め67兆円にも上る(下図参照)とされてい...

小笠原 匡隆弁護士
法律事務所ZeLo・外国法共同事業

ファイナンス

ロボアドバイザーをめぐる海外の規制動向

ロボアドバイザーの法的性質については「ロボアドバイザーとAIファンド 現状と今後の展望」をご覧ください。 米国での規制動向 2017年2月、米国証券取引委員会(SEC)の投資顧問局(Division of Investment Management)は、ロボアドバイザー業者向けのガイダンス(...

三宅 章仁弁護士
アンダーソン・毛利・友常法律事務所

ファイナンス

ロボアドバイザーとAIファンド 現状と今後の展望

ロボアドバイザーとは 近時、「ロボアドバイザー」と呼ばれるサービスが注目を集めています。「ロボアドバイザー」という用語については論者によって様々な定義がなされていますが、各業者が提供するサービスの最大公約数的な要素に着目すると、オンライン上で利用者から質問事項に対する回答を受け付け、その回答内容に...

三宅 章仁弁護士
アンダーソン・毛利・友常法律事務所

ファイナンス

Fintechで銀行法が改正 民間企業が突き動かした2017年法改正の動き

2014年頃から耳にするようになってきたFintech。金融(Finance)と技術(Technology)を組み合わせた造語であるFintechという概念が日本に浸透してきた当初は、技術的にも法的にも未知の存在として、非常に注目を集めてきた。現在では、Fintechという言葉自体はすっかり定着し、...

ファイナンス

最近のインサイダー取引における課徴金等の事例について 平成28年度の勧告件数は過去最高の43件

※本記事は、三菱UFJ信託銀行が発行している「証券代行ニュース No.145」の「特集」の内容を元に編集したものです。  証券取引等監視委員会は、本年8月に「証券取引等監視委員会の活動状況」、「金融商品取引法における課徴金事例集〜不公正取引編〜」を公表していますので、最近のインサイダー取引に...

ファイナンス

有償ストック・オプションは報酬? ASBJ公開草案が投げかける「報酬」の意義

2017年5月10日、企業会計基準委員会(以下、「ASBJ」という)が実務対応報告公開草案第52号「従業員等に対して権利確定条件付き有償新株予約権を付与する取引に関する取扱い(案)」等を公表。7月10日まで公開草案に対するパブリックコメントが募集された。 公開草案では、権利確定条件付有償新株予約権...

大石 篤史弁護士
森・濱田松本法律事務所 東京オフィス

ファイナンス

YouTuberヒカル氏のVALU売却騒動、利用規約改定でトラブルは防げるか

(出典:株式会社VALUのウェブサイト)  本年8月15日、個人の価値(VALU)をネット上で取引するサービス「VALU」において、人気YouTuberヒカル氏や、所属事務所の顧問などの関係者による「売り逃げ」騒動が発生。騒動は運営会社による売買注文のキャンセルやヒカル氏らによるVALUの買戻し、...

山田 晃久弁護士
弁護士法人中央総合法律事務所

ファイナンス

未来投資戦略 2017 - Society 5.0 の実現に向けた改革 - 「稼ぐ力」の強化(コーポレートガバナンス改革)

※本記事は、三菱UFJ信託銀行が発行している「証券代行ニュース No.141」の「特集」の内容を転載したものです。 未来投資戦略 2017 - Society 5.0 の実現に向けた改革 -  6月9日、「未来投資戦略 2017 - Society 5.0 の実現に向けた改革 - 」が閣議決定...

ファイナンス