国際取引・海外進出

経済活動のグローバル化に伴い、海外の法令情報の入手が必要な場面も増えてきました。BUSINESS LAWYERSでは、中国を始め、フィリピン、ベトナム、インド、ロシアなど現地情報に精通した弁護士による解説記事を掲載しています。海外との輸出入などの取引だけでなく、現地進出、会社設立、人材活用、トラブルへの対応など、様々な角度から現地の最新情報を常にキャッチアップし、事業活動にお役立てください。

国際取引・海外進出に詳しい弁護士を探す

国際取引・海外進出のニュース

もっと見る(1,093件)

国際取引・海外進出の特集

法律事務所パラリーガルの英文契約翻訳ノート

第2回 英文契約の冒頭の規定、Whereas条項

今回は、英文契約の冒頭の規定、Whereas条項について、筆者の法律事務所における翻訳実務経験に基づき、具体的な文例と翻訳例を示しつつ、翻訳にあたって注意すべき点を解説します。 なお、本稿は、筆者個人の見解であり、筆者の所属する法律事務所の公式の見解ではありません。 冒頭の規定 英文契約の冒頭...

山本 志織
弁護士法人瓜生・糸賀法律事務所

国際取引・海外進出
もっと見る(39件)

国際取引・海外進出の人気特集

  1. 中国外商投資法が2019年3月に成立、制定による日本企業への影響は?
  2. 米国弁護士資格はどのように役立つのか?グリー法務部長と国際弁護士が語る実務での活かし方
  3. 海外腐敗行為防止法とはどのような制度か? 〜日本企業が対策を取るために知っておくべきリスクの基本〜
  4. 国際商事仲裁を利用するときのポイント
  5. 中国電子商取引法の概要 日本企業が中国ECモールへの出店時に気をつけるべきポイント
  6. シンガポールにおける紛争解決の新たな動き 〜シンガポール国際商事裁判所(SICC)の創設〜

国際取引・海外進出の実務Q&A

取引先である外国人の顧客に相続が発生した場合の準拠法に関する注意点

準拠法とは  被相続人(本件では逝去された顧客を意味します)やその相続人の国籍・住所、財産の所在地等が複数の国に関係する場合、具体的な相続処理にあたって、どの国の法令を適用すればよいかが問題になります。この際に適用される法令のことを準拠法といい、その事件にどの準拠法を適用すべきかというルールを定めるのが国際私法と呼ば...

井上 治弁護士
牛島総合法律事務所

国際取引・海外進出
もっと見る(65件)

国際取引・海外進出の人気実務Q&A

  1. 外国子会社合算税制(タックスヘイブン対策税制)とはどのような制度か
  2. 国際仲裁と訴訟はどこが違うのか
  3. 中国企業との契約における準拠法と紛争解決条項のポイント
  4. 中国における合弁事業のメリット・デメリットと失敗対策
  5. 外国為替・送金規制の内容と注意点
  6. 中国に技術ライセンスを行う場合の留意点

国際取引・海外進出に詳しい弁護士

廣澤 太郎弁護士

西村あさひ法律事務所 ハノイ事務所

  • コーポレート・M&A
  • 危機管理・内部統制
  • 国際取引・海外進出
もっと見る(417人)