国際取引・海外進出

経済活動のグローバル化に伴い、海外の法令情報の入手が必要な場面も増えてきました。BUSINESS LAWYERSでは、中国を始め、フィリピン、ベトナム、インド、ロシアなど現地情報に精通した弁護士による解説記事を掲載しています。海外との輸出入などの取引だけでなく、現地進出、会社設立、人材活用、トラブルへの対応など、様々な角度から現地の最新情報を常にキャッチアップし、事業活動にお役立てください。

国際取引・海外進出に詳しい弁護士を探す

国際取引・海外進出のニュース

もっと見る(835件)

国際取引・海外進出の特集

ブラジルの個人情報保護法施行、実務に与える影響は

第2回 データ主体が有する権利や越境移転規制など、日本の個人情報保護法やGDPRと比較した留意点

 前回に引き続き、2018年8月14日に公布され、2020年2月に施行予定のブラジル個人情報保護法(Lei Geral de Proteção de Dados(2018年法13709号:LGPD)(原文は「ブラジル政府のホームページ」参照)について、欧州の一般データ保護規則(General Dat...

角田 太郎弁護士
アンダーソン・毛利・友常法律事務所

国際取引・海外進出
もっと見る(32件)

国際取引・海外進出の人気特集

  1. AIによる自動翻訳で業務を効率化し、新しい付加価値提供を目指す
  2. 海外腐敗行為防止法とはどのような制度か? 〜日本企業が対策を取るために知っておくべきリスクの基本〜
  3. 米国弁護士資格はどのように役立つのか?グリー法務部長と国際弁護士が語る実務での活かし方
  4. 適用範囲やデータ処理における、日本の個人情報保護法・GDPRと比較した留意点
  5. データ主体が有する権利や越境移転規制など、日本の個人情報保護法やGDPRと比較した留意点
  6. 国際商事仲裁を利用するときのポイント

国際取引・海外進出の実務Q&A

中国における外資企業の設立・変更手続の簡易化の動向

外資管理の手続の簡便化  中国では、外資独資企業や中外合弁経営企業等の外商投資企業の管理制度が、2016年10月1日から、事前審査認可制から届出制に変更されました1。具体的には、外商投資企業の設立および変更について、従来は一律に要求されていた商務部門による事前の審査認可が原則として不要とされ、事後の届出のみで足りるこ...

本間 隆浩弁護士
森・濱田松本法律事務所 東京オフィス

国際取引・海外進出
もっと見る(49件)

国際取引・海外進出の人気実務Q&A

  1. 外国子会社合算税制(タックスヘイブン対策税制)とはどのような制度か
  2. 中国企業との契約における準拠法と紛争解決条項のポイント
  3. 国際仲裁と訴訟はどこが違うのか
  4. 税関でファシリテーション・ペイメントを求められたときの対応方法について
  5. 外国為替・送金規制の内容と注意点
  6. 国際商事仲裁とはどのような制度か

国際取引・海外進出に詳しい弁護士

廣澤 太郎弁護士

西村あさひ法律事務所 ハノイ事務所

  • コーポレート・M&A
  • 危機管理・コンプライアンス
  • 国際取引・海外進出
もっと見る(393人)