国際取引・海外進出

経済活動のグローバル化に伴い、海外の法令情報の入手が必要な場面も増えてきました。BUSINESS LAWYERSでは、中国を始め、フィリピン、ベトナム、インド、ロシアなど現地情報に精通した弁護士による解説記事を掲載しています。海外との輸出入などの取引だけでなく、現地進出、会社設立、人材活用、トラブルへの対応など、様々な角度から現地の最新情報を常にキャッチアップし、事業活動にお役立てください。

国際取引・海外進出に詳しい弁護士を探す

国際取引・海外進出のニュース

もっと見る(925件)

国際取引・海外進出の特集

中国電子商取引法の概要 日本企業が中国ECモールへの出店時に気をつけるべきポイント

はじめに  2017年の中国における年間EC取引(B to B取引を含む)の取引合計額は29兆1600億人民元(約500兆円)に達したといわれ、中国のEC業界は近年急成長を遂げています。他方で、偽物品の流通を指摘されることも少なくなく、また、ECプラットフォーム事業者と当該プラットフォームに出店す...

田中 雅敏弁護士
明倫国際法律事務所

国際取引・海外進出
もっと見る(33件)

国際取引・海外進出の人気特集

  1. 海外腐敗行為防止法とはどのような制度か? 〜日本企業が対策を取るために知っておくべきリスクの基本〜
  2. 米国弁護士資格はどのように役立つのか?グリー法務部長と国際弁護士が語る実務での活かし方
  3. 中国電子商取引法の概要 日本企業が中国ECモールへの出店時に気をつけるべきポイント
  4. 国際商事仲裁を利用するときのポイント
  5. 適用範囲やデータ処理における、日本の個人情報保護法・GDPRと比較した留意点
  6. シンガポールにおける紛争解決の新たな動き 〜シンガポール国際商事裁判所(SICC)の創設〜

国際取引・海外進出の実務Q&A

取引先である外国人の顧客に相続が発生した場合の一般的な注意点

国際相続とは  被相続人や相続人の一人が外国人である場合や外国に居住している場合、遺産(相続財産)の中に外国財産が含まれている場合など、相続に関して複数の国が関係してくるときには、その相続には複数の国の法令や手続が複雑に絡んできます。このような相続のことは、一般に国際相続と呼ばれています。  近時、国際結婚や外国人の...

井上 治弁護士
牛島総合法律事務所

国際取引・海外進出
もっと見る(50件)

国際取引・海外進出の人気実務Q&A

  1. 外国子会社合算税制(タックスヘイブン対策税制)とはどのような制度か
  2. 国際仲裁と訴訟はどこが違うのか
  3. 中国企業との契約における準拠法と紛争解決条項のポイント
  4. 国際商事仲裁とはどのような制度か
  5. 中国に技術ライセンスを行う場合の留意点
  6. インドの法制度の特色と日本の法制度との違い

国際取引・海外進出に詳しい弁護士

廣澤 太郎弁護士

西村あさひ法律事務所 ハノイ事務所

  • コーポレート・M&A
  • 危機管理・内部統制
  • 国際取引・海外進出
もっと見る(401人)