訴訟・争訟

一般的な民商事紛争に加えて、海外でのトラブルをきっかけとした商事仲裁、クロスボーダー紛争や、労使紛争、知財紛争、税務紛争など企業が直面する問題は実に様々です。BUSINESS LAWYERSでは実務経験豊富な弁護士と弁護士の専門分野を生かした解説を掲載しています。もし紛争が発生する事態になった場合は、掲載されているコンテンツや、専門家を検索し、素早く適切な初動対応を心がけてください。

訴訟・争訟に詳しい弁護士を探す

訴訟・争訟のニュース

もっと見る(67件)

訴訟・争訟の特集

法務担当者のための日本版司法取引制度 - 企業が平時から準備しておくべきこと

はじめに ついに、本年6月1日から、日本版司法取引制度(正式名称は「証拠収集等への協力及び訴追に関する合意制度」といいます)が導入されました。 「司法取引」という言葉自体は、海外の報道や裁判小説でもなじみ深いものです。しかし、日本の裁判員制度と米国の陪審員制度が似て非なるものであるのと同様、日本...

山内 洋嗣弁護士
森・濱田松本法律事務所 東京オフィス

訴訟・争訟
もっと見る(4件)

訴訟・争訟の人気特集

  1. 法務担当者のための日本版司法取引制度 - 企業が平時から準備しておくべきこと
  2. 日本版クラスアクションか?制度の全体像を探る
  3. 徹底解説、「共通義務確認の訴え」とは
  4. 「簡易確定手続」について押さえておくべきこととは

訴訟・争訟の実務Q&A

訴訟の途中における請求金額の増額の可否

訴訟係属中の請求内容の変更(訴えの変更)  ある訴訟の原告が、訴訟係属中に請求の内容を変更することを、訴えの変更といいます(民事訴訟法143条)。訴えの変更は、書面をもって申し立てなければならず(民事訴訟法143条2項)、その申立書は、訴状と同様、被告に送達される必要があります(民事訴訟法143条3項)。 訴えの変更...

福谷 賢典弁護士
島田法律事務所

訴訟・争訟
もっと見る(20件)

訴訟・争訟の人気実務Q&A

  1. 訴訟の開始から終了までの大まかな流れと期間
  2. 管轄裁判所とその選択
  3. 訴状が送られてきた場合どのように対応すればよいか
  4. 相手方が行方不明の場合の訴えの提起
  5. 証拠保全の申立てがなされた場合の対応
  6. 代理人弁護士を就けずに訴訟に対応することの可否

訴訟・争訟に詳しい弁護士

  • コーポレート・M&A
  • 人事労務
  • 訴訟・争訟
もっと見る(524人)