税務

国際的な流れからも税務リスクへの関心が高まっています。国内でもグループ管理体制の構築が求められる事から、税務・法務の観点を組み合わせた体制整備が必要となってきます。また、事業承継やマイナンバーへの対応など、経営課題としての新しい税務問題が次々と登場しています。税務リスクを未然に防ぐためにも、BUSINESS LAWYERSのコンテンツ、専門家検索を活用ください。

税務に詳しい弁護士を探す

税務のニュース

もっと見る(1,007件)

税務の特集

法務部に必要な税務に関する基礎知識

第5回 税務調査への対応

税務調査とは 税務調査手続の流れ  税務調査とは、申告内容が適正であるか否かについて、国税局や税務署の職員が納税者に対して質問への回答や資料の提出を求めるなどして確認し、申告内容に誤りが認められた場合にその是正を求める一連の手続をいいます。  税務調査の一連の手続は、国税通則法に基づき、大要、以...

武藤 雄木弁護士
岩田合同法律事務所

税務
もっと見る(20件)

税務の人気特集

  1. 同族会社の行為計算否認規定、法人税の負担が「不当」となるポイントは? 
  2. グループ法人税制外しと認定された事例
  3. 印紙税法の基本と課否判定が問題となる事例
  4. 組織再編税制の基礎と注意すべき否認規定
  5. 「税務コンプライアンス」がなぜ企業に求められるようになったのか 〜重加算税のリスクを回避するためのポイント〜
  6. 承継パターン、雇用確保要件の事実上の撤廃とその他の改正事項等

税務の実務Q&A

税務調査にはどのような手法があるか

任意調査  任意調査とは、税務署や国税局の調査部、資料調査課が通常行う調査です。税務調査のほとんどが、この任意調査であるといわれています。任意調査は「準備調査」と「実地調査」の2段階に分けられます。任意調査については、納税者の同意を得て実施されます。ただし、調査官の質問に答えなかったり、正当な理由がないのに帳簿書類の...

須藤 修
辻・本郷 税理士法人

税務
もっと見る(16件)

税務の人気実務Q&A

  1. 2019年の消費増税に伴う経過措置が適用される取引は
  2. 法人税における無償取引の取扱い
  3. 損金算入できる役員退職金の上限額
  4. 海外勤務者に関する税務上の問題点
  5. 法人税における貸倒損失の取扱い
  6. 経理初心者のための印紙税の手引き

税務に詳しい弁護士

北村 豊弁護士

デロイト トーマツ税理士法人

  • 訴訟・争訟
  • 税務
もっと見る(82人)