税務

国際的な流れからも税務リスクへの関心が高まっています。国内でもグループ管理体制の構築が求められる事から、税務・法務の観点を組み合わせた体制整備が必要となってきます。また、事業承継やマイナンバーへの対応など、経営課題としての新しい税務問題が次々と登場しています。税務リスクを未然に防ぐためにも、BUSINESS LAWYERSのコンテンツ、専門家検索を活用ください。

税務に詳しい弁護士を探す

税務のニュース

もっと見る(994件)

税務の特集

法務部に必要な税務に関する基礎知識

第4回 組織再編税制の基礎と注意すべき否認規定

組織再編税制の概要 組織再編成にかかる法人税法の基本的な考え方  法人税法では、資産を移転する際にその含み益や含み損を譲渡損益として計上することが原則となっています。これは合併や会社分割などの組織再編成に伴う資産の移転でも同様であり、結果として資産は時価で承継されることになります。  株式交換...

武藤 雄木弁護士
岩田合同法律事務所

税務
もっと見る(19件)

税務の人気特集

  1. 印紙税法の基本と課否判定が問題となる事例
  2. 同族会社の行為計算否認規定、法人税の負担が「不当」となるポイントは? 
  3. グループ法人税制外しと認定された事例
  4. 組織再編税制の基礎と注意すべき否認規定
  5. 「税務コンプライアンス」がなぜ企業に求められるようになったのか 〜重加算税のリスクを回避するためのポイント〜
  6. 法務部の役割と税務の基礎

税務の実務Q&A

問題がある税務当局の更正処分、国税不服審判所の審理過程

設例の前提となる事実関係  設例の前提となる事実関係、税務当局(以下「原処分庁」といいます)による更正処分、国税不服審判所(以下「審判所」といいます)における審理の内容は下記のとおりです。 事実関係 設例の会社(以下、A社といいます)は、販売促進策としてポイントサービス制度を採用し、居住者・非居住者の区別なく...

安中 義昭
辻・本郷税理士法人

税務
もっと見る(14件)

税務の人気実務Q&A

  1. 2019年の消費増税に伴う経過措置が適用される取引は
  2. 損金算入できる役員退職金の上限額
  3. 法人税における無償取引の取扱い
  4. 海外勤務者に関する税務上の問題点
  5. 法人税における貸倒損失の取扱い
  6. 受取配当の益金不算入

税務に詳しい弁護士

北村 豊弁護士

デロイト トーマツ税理士法人

  • 訴訟・争訟
  • 税務
もっと見る(81人)