法務部

ビジネス環境の変化に伴い、法務部を取り巻く環境も大きく変化しています。契約審査、株主総会対応といった従来の法務部に求められる役割を果たす事はもちろん、どのような視点に立って業務に取り組むべきか、キャリア形成をどう考えて行くべきか。BUSINESS LAWYERSでは様々な業種業態の企業各社の法務体制、法務パーソンに求められる人物像や、企業内弁護士の現状など、インタビューを通じてお伝えしていきます。

法務部のニュース

もっと見る(5件)

法務部の特集

ベンチャー企業における一人法務の法務戦略

第1回 一人法務がとるべき法務戦略と優先順位

はじめに  ベンチャー企業に多くみられる「一人法務」。実際に一人法務に就任すると、1日目から契約書レビューなどのタスクに忙殺され、そのなかで会社全体のリスクを最適化する体制を構築していくことはとても大変です。  しかし、契約書レビューをはじめ、法務が事業に関わるフローを体制化し網羅的に自社の負う...

坪田 晶子弁護士
法律事務所YOSHI

法務部
もっと見る(59件)

法務部の人気特集

  1. プロジェクトチームの一員として、グローバルで多様なビジネスに並走する - アクセンチュア
  2. 人事エキスパートが推奨 組織と個人の力を引き出す法務部門の目標設定
  3. 法務の仕事を長く楽しむために大切なこと
  4. 法務の目標設定が「うまく回らない」と感じたときに行うべきこと 〜評価者・被評価者双方に有意義な目標設定のヒント〜
  5. 若手法務部員が語る本音 修正できない契約書、マンネリ、上司・弁護士との関係も 〜それでも法務はやりがいある仕事?〜
  6. 「成果」と「成長」の両輪で動かす法務の目標設定〜パーソルホールディングスの場合 〜法務パーソン目標設定アンケート①〜

法務部の実務Q&A

はじめて法務担当となった方に向けた民法の基礎

そもそも民法とは何か  民法は、私人間の法律関係について規律する基本法といわれ、一般市民の法でもありますが、むしろ事業活動の基本的な法として重要です。  民法は、日常的な取引、金融取引その他の各種の契約や財産等を規律するもので、また、特別な法律がない場合や、基本的な法的枠組みは、民法に立ち戻って検討する必要があります...

浜辺 陽一郎弁護士
弁護士法人早稲田大学リーガル・クリニック

法務部
もっと見る(2件)

法務部の人気実務Q&A

  1. はじめて法務担当となった方に向けた民法の基礎
  2. はじめて法務担当となった方に向けた会社法の基礎