ベンチャー

ベンチャー、スタートアップ企業が成長するに従い、法律の問題は多岐にわたるものとなっていきます。自社のビジネスモデルが適法なのか、資本政策・資金調達に関する問題や、知財、労務、紛争対応などのトラブルが発生した場合の対応方法、IPOや事業売却などのエグジットにあたって押さえるポイントなど、BUSINESS LAWYERSではベンチャー企業の方にも有用な情報を専門家が網羅的に解説します。専門家に相談した時には手遅れだった、という事がないよう、情報収集にお役立てください。

ベンチャーに詳しい弁護士を探す

ベンチャーのニュース

もっと見る(42件)

ベンチャーの特集

なぜ弁理士業からリーガルテックのスタートアップを起業したのか? - cotobox 代表取締役 五味和泰氏に聞く

そのネーミング、商標登録しておきます——AI技術を活用し、短期間・低コストで商標登録出願の準備ができるサービス「Cotobox」をご存知だろうか。商標登録出願書類の作成サポートだけでなく、無料の検索機能を利用することで、ビジネスのネーミングを思いついた瞬間に商標登録できるかどうかをチェックすることも...

ベンチャー
もっと見る(16件)

ベンチャーの人気特集

  1. なぜ弁理士業からリーガルテックのスタートアップを起業したのか? - cotobox 代表取締役 五味和泰氏に聞く
  2. コンバーティブル・エクイティが日本のスタートアップを変える
  3. 投資契約の概要とタームシートにおける交渉
  4. ストックオプション制度の新潮流 〜ストックオプション信託のメリット・デメリット〜
  5. 規定ごとに考える、合理的な条件を獲得するための戦略
  6. 2018年7月の倉庫業法令改正の舞台裏 - souco

ベンチャーの実務Q&A

優先株主の権利の毀損とそれに対応する契約上の規定

優先株主の権利の毀損とその対応  アメリカのベンチャー企業への投資における、希薄化を防止するための規定では、新株の廉価発行(sale of cheap stocks)による経済的な意味での希薄化を防止するための手段について解説しました。  本稿では、新株発行以外に、創業者・経営陣(普通株主)の行動により優先株主の権利...

喜多野 恭夫弁護士
北浜法律事務所・外国法共同事業

ベンチャー
もっと見る(7件)

ベンチャーの人気実務Q&A

  1. 優先株式はなぜアメリカのベンチャー投資でよく用いられるか
  2. 優先株式の残余財産優先分配権と普通株式への転換権
  3. アメリカのベンチャー投資契約の特徴およびタームシートの機能
  4. アメリカのベンチャー企業への投資における、希薄化防止条項の種類
  5. 優先株主の権利の毀損とそれに対応する契約上の規定
  6. タームシートにおける募集事項(Offering Terms)とバリュエーション

ベンチャーに詳しい弁護士

柴田 堅太郎弁護士

柴田・鈴木・中田法律事務所

  • コーポレート・M&A
  • 人事労務
  • 危機管理・内部統制
  • 国際取引・海外進出
  • ベンチャー
もっと見る(222人)