ベンチャー

ベンチャー、スタートアップ企業が成長するに従い、法律の問題は多岐にわたるものとなっていきます。自社のビジネスモデルが適法なのか、資本政策・資金調達に関する問題や、知財、労務、紛争対応などのトラブルが発生した場合の対応方法、IPOや事業売却などのエグジットにあたって押さえるポイントなど、BUSINESS LAWYERSではベンチャー企業の方にも有用な情報を専門家が網羅的に解説します。専門家に相談した時には手遅れだった、という事がないよう、情報収集にお役立てください。

ベンチャーに詳しい弁護士を探す

ベンチャーのニュース

もっと見る(42件)

ベンチャーの特集

法務の未来を変える「Hubble」チームはどうやってできたか

契約書等のドキュメントバージョン管理サービス「Hubble(ハブル)」が、2018年10月に正式リリースされた。「一人の知識・経験を、みんなで使える法務ナレッジへ。」をキーワードに、Microsoft Word(以下、Word)を用いて作成されたドキュメントについて、クラウド上で、バージョン・修正履...

ベンチャー
もっと見る(20件)

ベンチャーの人気特集

  1. 「規制のサンドボックス」がオープンイノベーションを加速する MHM Labが目指す、スタートアップ支援の未来
  2. 投資契約の概要とタームシートにおける交渉
  3. コンバーティブル・エクイティが日本のスタートアップを変える
  4. 契約書のバージョン管理を「GitHub」のように実現する、「Hubble」の誕生秘話
  5. 法務の未来を変える「Hubble」チームはどうやってできたか
  6. 「世界中の信用を評価し、資本主義をアップデートし続ける」小川社長が語るイノベーションを実現する規制のあり方-VALU

ベンチャーの実務Q&A

ベンチャー投資におけるDrag-Along Right(ドラッグ・アロング・ライト)とは

Drag-Along Right(ドラッグ・アロング・ライト)とは  ベンチャー投資のExit(エグジット)方法には、大きく分けて、①株式の上場と②投資対象であるベンチャー企業の第三者への売却(以下では、株式譲渡を想定します)の2つが考えられます。  Drag-Along Right(以下、「ドラッグ・アロング・ライ...

高田 翔行弁護士
きっかわ法律事務所

ベンチャー
もっと見る(8件)

ベンチャーの人気実務Q&A

  1. 優先株式の残余財産優先分配権と普通株式への転換権
  2. 優先株式はなぜアメリカのベンチャー投資でよく用いられるか
  3. アメリカのベンチャー企業への投資における、希薄化防止条項の種類
  4. アメリカのベンチャー投資契約の特徴およびタームシートの機能
  5. タームシートにおける募集事項(Offering Terms)とバリュエーション
  6. アメリカのベンチャー企業への投資における、希薄化を防止するための規定

ベンチャーに詳しい弁護士

柴田 堅太郎弁護士

柴田・鈴木・中田法律事務所

  • コーポレート・M&A
  • 人事労務
  • 危機管理・内部統制
  • 国際取引・海外進出
  • ベンチャー
もっと見る(226人)