取引・契約・債権回収

契約書に関するトラブルは、事業活動を行う上で切り離せない問題です。締結する事が多い秘密保持契約や業務委託契約であっても、いつも利用しているひな型をそのまま利用していると、思わぬトラブルに見舞われる可能性があります。また、売買契約や賃貸借契約、委託契約などでは費用や納期、品質に関する問題がトラブルの原因として多くあげられます。BUSINESS LAWYERSでは、国内の契約書に限らず、英文契約の情報も含めて、契約書の見直しに役立つ情報を掲載していきます。
また、様々な関係部門との調整、相手方との交渉、契約締結後の対応や、印紙、記名・押印など契約書の中身以外の事でも問題が多岐に渡リます。いつも締結しているから大丈夫、と思っていることで行政から指導を受ける事や、契約が無効となってしまう事がないよう、しっかりと点検することが重要です。

取引・契約・債権回収のニュース

もっと見る(355件)

取引・契約・債権回収の特集

民法改正(債権法改正)と不動産取引への影響

第11回 賃貸借契約に関する民法改正の概要と留意点(その5) 原状回復義務・収去義務

はじめに  2017年5月26日に、民法(債権法)の改正法案(以下「改正民法」といいます)が成立し、2020年4月に施行されることになりました。  不動産賃貸借契約やその他の不動産取引において用いられている契約書は、現行の民法を前提に作成されていますが、改正民法には、現行民法とは大きく異なる規定が...

井上 治弁護士
牛島総合法律事務所

取引・契約・債権回収
もっと見る(48件)

取引・契約・債権回収の人気特集

  1. 売買契約に関連する民法改正のポイント
  2. 英文契約書の書式と独特の用語
  3. 契約書を送付する場合の送付状やメールでの文章表現
  4. 賃貸借契約に関する民法改正の概要と留意点(その1) 〜対抗力、妨害停止請求、賃貸借期間等〜
  5. 英文契約書の基礎知識
  6. 契約締結における留意点

取引・契約・債権回収の実務Q&A

英文契約書における権利義務の定め方

英文契約書における権利義務の定め方  契約書は、当事者の権利義務を規定するものですから、権利義務の定め方は契約書作成における最も基本的な事項といえます。  英文契約書における権利義務の定め方には、一般的に、助動詞として、「must」や「can」ではなく、「shall」や「may」を用いるという特徴があります。 義務...

鈴木 康之弁護士
隼あすか法律事務所

取引・契約・債権回収
もっと見る(39件)

取引・契約・債権回収の人気実務Q&A

  1. 改正民法の施行日はいつか
  2. 民法改正による法定利率の変化と実務への影響
  3. 債権が消滅しないように時効を中断させるにはどうしたらよいか
  4. 製造物責任法とはどのような法律か
  5. 消滅時効についての民法改正の概要
  6. 取引基本契約書を作成する時に注意すべきポイントは