IT・情報セキュリティ

インターネットが普及するにつれて、今まで企業が経験した事がない問題が増えています。ECサイトや、オンラインゲーム、SNS、ウェブメディア、スマホアプリを開発・運用する際の利用規約、オンライン決済、ユーザー間のトラブル、プライバシー保護・著作権の問題など、インターネットを事業の手段として用いる企業が直面するトラブルは次々と発生しています。また、個人情報保護、セキュリティ対策など、一般の事業会社でも注意しなければいけない問題が多々あります。
技術やビジネスモデルの進歩が非常に速く、まだまだ法規制もめまぐるしく変わっていく分野ですが、そうであるからこそ、リスクを過剰に捉えるのではなく、うまくコントロールするために、専門家による解説をご覧ください。

IT・情報セキュリティに詳しい弁護士を探す

IT・情報セキュリティのニュース

もっと見る(1,690件)

IT・情報セキュリティの特集

各国のプライバシー保護規制への対応は効率的な情報収集がカギにPR 世界で広がる個人情報保護の潮流に日本企業はどう適応すべきか

EU域内の個人データ保護を規定する法として「一般データ保護規則(GDPR)」が2018年5月25日に施行された。EUのこうした動きに追随する形で、世界各国・地域で個人情報を保護するための法整備が進められている。国や地域によって方針が異なり、ルールが不統一な部分も多いなか、日本企業はどう対応していけば...

IT・情報セキュリティ
もっと見る(56件)

IT・情報セキュリティの人気特集

  1. AI開発契約では権利帰属ではなく利用条件で「実」をとる 〜AI開発でもめないための法務・知財セミナーをSTORIA法律事務所が開催〜
  2. 平成29年5月30日に全面施行、「改正個人情報保護法」のポイント 〜免許証番号や指紋認識データも「個人情報」に〜
  3. 経営層や他部門とのコミュニケーションを工夫し、自社のセキュリティ事故へ対応 - ソフトバンク・テクノロジー 辻 伸弘氏 〜「伝える」のでなく「伝わる」ように、相手の立場で説明を〜
  4. LegalForceが未来を変える AI時代に目指すべきリーガル・スペシャリスト像とは?
  5. eプライバシー規則案が与える日本企業の実務への影響
  6. 2018年6月成立、米国カリフォルニア州消費者プライバシー法の概要と日本企業に求められる対応

IT・情報セキュリティの実務Q&A

データの法的性質とは

はじめに  「AI・データの利用に関する契約ガイドライン」が、2018年6月15日に経済産業省から公表されました(以下「経産省ガイドライン」といいます)。  経産省ガイドラインでは、データの法的性質、データの不正利用を防ぐ手段、データ契約の類型、各契約類型の法的論点を幅広く記載していますが、データ編だけでも180頁ほ...

内田 誠弁護士
iCraft法律事務所

IT・情報セキュリティ
もっと見る(108件)

IT・情報セキュリティの人気実務Q&A

  1. 請負契約と準委任契約の相違点
  2. 加害者とならないために知っておきたい、名誉毀損の法的責任と成立要件
  3. 個人情報保護法はどのような法律か
  4. 要配慮個人情報とは
  5. マイナンバーに関する書類は本人確認・身分証明書として利用できるか
  6. 改正個人情報保護法によって設けられた個人識別符号とは?

IT・情報セキュリティに詳しい弁護士

渡邉 雅之弁護士

弁護士法人三宅法律事務所

  • コーポレート・M&A
  • IT・情報セキュリティ
  • 人事労務
  • 危機管理・内部統制
  • ファイナンス
  • 国際取引・海外進出
  • 訴訟・争訟
  • 不動産
  • 資源・エネルギー
  • ベンチャー
もっと見る(180人)