人事労務

人に関するトラブルは企業活動を行ううえで必ず起こる問題です。最近では、マイナンバー、ストレスチェック、派遣法の改正など、対応しなければいけない法改正が多いうえに、女性の活用なども強く求められています。労働時間の管理、時間外・休日労働における賃金の管理、退職・解雇、就業規則の整備、労働・社会保険料の支払いなど、古くから問題となっているテーマでも問題は尽きません。労使双方が納得して働ける環境を作るために、BUSINESS LAWYERSではQ&A、特集、弁護士検索をご用意しています。

人事労務に詳しい弁護士を探す

人事労務のニュース

もっと見る(1,630件)

人事労務の特集

グローバル・リージョナル共通人事システム導入のポイント Global HR Journey~日本企業のグローバル人事を考える

はじめに  一口に「東南アジア」と言っても、その中にはシンガポール・マレーシア・タイ・インドネシアをはじめ、多種多様な国が含まれる。当然各国の成り立ち・歴史や現在の発展のステージ、民族・宗教・言語や文化・労働感や労働法規はそれぞれ異なる(図表1)。 図表1:東南アジア主要4カ国の労働市場概要...

平野 圭祐

人事労務
もっと見る(40件)

人事労務の人気特集

  1. 企業の受動喫煙対策 「特効薬」はトップの意識改革 〜問われる「社員を守る」意識 まずは屋内禁煙の実現を〜
  2. 禁煙できない企業の「今そこにある危機」
  3. 企業を悩ます「加熱式タバコ」 専門家が勧める対応のポイント 〜従業員の「配慮」の気持ちを受け止めて禁煙サポートにつなげる〜
  4. 新在留資格「特定技能」は人手不足解消の特効薬になりえるか
  5. 事業主に義務付けられたパワハラ対策 問題の早期把握と対応の手引き
  6. 職場の受動喫煙対策に活かす「ニコチン依存症」の正しい知識 〜「習慣」ではなく「疾患」という理解のもと禁煙支援とセットで対応する〜

人事労務の実務Q&A

職場の受動喫煙対策はどのような法令で義務付けられているか

労働安全衛生法  2015年6月1日に改正労働安全衛生法68条の2が施行されています。同条項は労働者の受動喫煙を防止するため、「事業者は、(中略)当該事業者及び事業場の実情に応じ適切な措置を講ずるよう努めるものとする」と事業主に対する努力義務を課しています。  同法の施行を受けて平成27年5月15日付け基安発0515...

片山 律弁護士
Wealth Management法律事務所

人事労務
もっと見る(192件)

人事労務の人気実務Q&A

  1. 懲戒処分にはどのような種類があるか
  2. 勤務間インターバル制度とはどのようなものか
  3. 従業員は何時間働かせることができるのか(労働時間に関する法規制)
  4. 「時間単位年休」の導入における注意点
  5. 会社は従業員の減給を自由に行うことができるのか
  6. パートタイマーとはどのような労働者をいうか

人事労務に詳しい弁護士

久保田 淳哉弁護士

EY弁護士法人

  • 人事労務
もっと見る(250人)