人事労務

人に関するトラブルは企業活動を行ううえで必ず起こる問題です。最近では、マイナンバー、ストレスチェック、派遣法の改正など、対応しなければいけない法改正が多いうえに、女性の活用なども強く求められています。労働時間の管理、時間外・休日労働における賃金の管理、退職・解雇、就業規則の整備、労働・社会保険料の支払いなど、古くから問題となっているテーマでも問題は尽きません。労使双方が納得して働ける環境を作るために、BUSINESS LAWYERSではQ&A、特集、弁護士検索をご用意しています。

人事労務に詳しい弁護士を探す

人事労務のニュース

もっと見る(1,607件)

人事労務の特集

職場の受動喫煙対策は「対立」から「共感」へ 改正健康増進法全面施行まで8か月 シンポジウム「令和の「新」たばこ対策 ~タバコ新時代にどう対応するか~」レポート

来年4月の改正健康増進法や東京都受動喫煙防止条例の全面施行を見据えて、社内禁煙化を検討する企業が増えているようだ。そんななか、新時代のタバコ対策を考えるシンポジウム「令和の「新」たばこ対策 ~タバコ新時代にどう対応するか~」が8月7日、タバコ問題研究の専門家らを招き、東京・築地の国立がん研究センター...

人事労務
もっと見る(31件)

人事労務の人気特集

  1. 新在留資格「特定技能」は人手不足解消の特効薬になりえるか
  2. 外国人雇用を働き方改革のチャンスに変える
  3. カネカ育休対応問題に見る、マタハラ・パタハラ炎上の理想的対応
  4. 働き方改革関連法 - 長時間労働を是正するための規制
  5. ソフトバンクが副業・兼業制度を導入したねらい - 社員が成長し、イノベーションを生み出すために
  6. 定年後再雇用をめぐる判決の動向

人事労務の実務Q&A

「時間外、休日および深夜労働」について就業規則に定める際の留意点

第5章 時間外、休日、および深夜労働 (時間外、休日、および深夜労働) 第46条 会社は、業務の都合により、第37条の所定労働時間を超える労働や、第43条の休日または深夜(午後10時~翌日午前5時)の労働をさせることがある。 2 従業員は、前項の命令を拒むことはできない。ただし、正当な理由がある場合はこの限りではない...

小島 彰社労士
こじまあきら社会保険労務士事務所

人事労務
もっと見る(172件)

人事労務の人気実務Q&A

  1. 懲戒処分にはどのような種類があるか
  2. 勤務間インターバル制度とはどのようなものか
  3. 従業員は何時間働かせることができるのか(労働時間に関する法規制)
  4. 「時間単位年休」の導入における注意点
  5. 会社は従業員の減給を自由に行うことができるのか
  6. パートタイマーとはどのような労働者をいうか

人事労務に詳しい弁護士

久保田 淳哉弁護士

EY弁護士法人

  • 人事労務
もっと見る(247人)