人事労務

人に関するトラブルは企業活動を行ううえで必ず起こる問題です。最近では、マイナンバー、ストレスチェック、派遣法の改正など、対応しなければいけない法改正が多いうえに、女性の活用なども強く求められています。労働時間の管理、時間外・休日労働における賃金の管理、退職・解雇、就業規則の整備、労働・社会保険料の支払いなど、古くから問題となっているテーマでも問題は尽きません。労使双方が納得して働ける環境を作るために、BUSINESS LAWYERSではQ&A、特集、弁護士検索をご用意しています。

人事労務に詳しい弁護士を探す

人事労務のニュース

もっと見る(1,579件)

人事労務の特集

労働条件通知書の電子化解禁 働き方改革を人事労務から加速させる

人事担当者は、煩雑な労務手続きや情報管理など、多くの業務を抱えています。その業務負担の削減が叫ばれるなか、改正労働基準法施行規則の施行により、2019年4月1日から労働条件通知書の電子化が解禁されました。今回は、人事・労務をラクラクに変えるクラウドサービスを提供する、株式会社SmartHR コーポレ...

小嶋 陽太弁護士
株式会社SmartHR

人事労務
もっと見る(26件)

人事労務の人気特集

  1. 新在留資格「特定技能」は人手不足解消の特効薬になりえるか
  2. 働き方改革関連法 - 長時間労働を是正するための規制
  3. 外国人雇用を働き方改革のチャンスに変える
  4. ソフトバンクが副業・兼業制度を導入したねらい - 社員が成長し、イノベーションを生み出すために
  5. 企業側と働く側から見た「働き方改革」の本質 〜企業にとって必要となる法務対応とは〜
  6. 働き方改革時代に求められる攻めの管理部門 〜経営層と現場の間に立って企業の課題を解決〜

人事労務の実務Q&A

アルバイトの留学生を社員として採用する際の留意点

在留資格の変更許可申請  在留中の外国人が、現在行っている活動を打ち切り、または、在留の目的を達成した後に、別の在留資格に属する活動を行おうとする場合などには、在留資格変更許可申請の手続を行います(出入国管理及び難民認定法、以下「入国管理法」20条)。 在留資格変更許可申請のスケジュール  在留資格変更許可を申請...

佐野 誠
株式会社ACROSEED

人事労務
もっと見る(160件)

人事労務の人気実務Q&A

  1. 懲戒処分にはどのような種類があるか
  2. 従業員は何時間働かせることができるのか(労働時間に関する法規制)
  3. 勤務間インターバル制度とはどのようなものか
  4. 会社は従業員の減給を自由に行うことができるのか
  5. 「時間単位年休」の導入における注意点
  6. 退職後の競業避止義務の効力

人事労務に詳しい弁護士

久保田 淳哉弁護士

EY弁護士法人

  • 人事労務
もっと見る(243人)