人事労務

人に関するトラブルは企業活動を行ううえで必ず起こる問題です。最近では、マイナンバー、ストレスチェック、派遣法の改正など、対応しなければいけない法改正が多いうえに、女性の活用なども強く求められています。労働時間の管理、時間外・休日労働における賃金の管理、退職・解雇、就業規則の整備、労働・社会保険料の支払いなど、古くから問題となっているテーマでも問題は尽きません。労使双方が納得して働ける環境を作るために、BUSINESS LAWYERSではQ&A、特集、弁護士検索をご用意しています。

人事労務に詳しい弁護士を探す

人事労務のニュース

もっと見る(1,387件)

人事労務の特集

未来の働き方を徹底討論! 会社との関係は個人が決めていく

働き方改革関連法が今年7月に成立し、多様な働き方を選択できる社会の実現へ向けた動きが加速している。 最中となる同31日、最先端の働き方について考えるイベント「ビジネスマン働き方解体SHOW!! Supported by コクヨ」(主催:イッツ・コミュニケーションズ株式会社、協賛:コクヨ株式会社)が、...

人事労務
もっと見る(23件)

人事労務の人気特集

  1. 働き方改革関連法 - 長時間労働を是正するための規制
  2. 働き方改革関連法 - 多様で柔軟な働き方の実現
  3. 定年後再雇用をめぐる判決の動向
  4. 企業側と働く側から見た「働き方改革」の本質 〜企業にとって必要となる法務対応とは〜
  5. 東芝事件から見える従業員のうつ病と労務管理の問題点 〜12年の歳月は何を教えてくれるのか〜
  6. ソフトバンクが副業・兼業制度を導入したねらい - 社員が成長し、イノベーションを生み出すために

人事労務の実務Q&A

懲戒処分を社内で公表する場合、どこまで公表してよいのか

懲戒処分の社内公表の必要性  従業員に対して懲戒処分を行った旨を社内で公表することは、再発防止や企業秩序の回復を図る観点から、一定の必要性があるといえます。懲戒処分がなされた事実が社内公表されることにより、これを見た他の従業員が同様の非違行為を行うことが抑止され、再発防止を図る効果が期待できます。また、非違行為に対し...

塚本 健夫弁護士
西村あさひ法律事務所

人事労務
もっと見る(143件)

人事労務の人気実務Q&A

  1. 懲戒処分にはどのような種類があるか
  2. 従業員は何時間働かせることができるのか(労働時間に関する法規制)
  3. 出張中の労働時間はどのように考えればよいか
  4. 「時間単位年休」の導入における注意点
  5. 退職後の競業避止義務の効力
  6. 会社は従業員の減給を自由に行うことができるのか

人事労務に詳しい弁護士

久保田 淳哉弁護士

EY弁護士法人

  • 人事労務
もっと見る(227人)