知的財産権・エンタメ

知的財産権の分野は特許、著作権、意匠、商標、不正競争防止など関連する分野が幅広い上に、侵害訴訟、審決取消訴訟等の訴訟を起こされることによって、事業に深刻なダメージを与える可能性があります。また、エンタメ法務の分野でもグローバル化とITの普及によってコンテンツ保護のあり方、スポーツビジネスの展開も大きく変化しています。
最近では特許法や著作権法などの改正や、TPPの影響もあり、企業内での対応にも変化が見えています。BUSINESS LAWYERSでは知的財産・エンタメ分野での実績が豊富な弁護士のプロフィールや、最新の動向を踏まえた解説が充実しています。

知的財産権・エンタメに詳しい弁護士を探す

知的財産権・エンタメのニュース

もっと見る(2,433件)

知的財産権・エンタメの特集

施行直前のチケット不正転売禁止法、企業に求められる対応を骨董通り法律事務所にきく オリンピックチケットは公式リセールサービスでのみ転売を認める取組みも

音楽ライブや舞台、スポーツイベントのチケットについて不正転売を禁止する「特定興行入場券の不正転売の禁止等による興行入場券の適正な流通の確保に関する法律」(以下、チケット不正転売禁止法)が2019年6月14日から施行される。これにより、チケットのやりとりを行う個人はもちろん、興行主やチケット転売サイト...

福井 健策弁護士
骨董通り法律事務所

知的財産権・エンタメ
もっと見る(59件)

知的財産権・エンタメの人気特集

  1. 施行直前のチケット不正転売禁止法、企業に求められる対応を骨董通り法律事務所にきく 〜オリンピックチケットは公式リセールサービスでのみ転売を認める取組みも〜
  2. もっと知財に興味を持ってほしい 楽しみながら知財を学べるボードゲーム「CUBIS」開発に込めた思い
  3. 特許法に関する裁判例5選
  4. 特許をとると、どういう権利を行使できるのか?
  5. 平成27年特許法改正を踏まえた職務発明制度構築のポイント
  6. 世界一わかりやすい!?特許になるまでの道のり

知的財産権・エンタメの実務Q&A

他社の商品と混同を生ずるおそれがある商標の商標登録の可否

商標登録の要件  商標登録を受けるための要件は、以下のとおりです。 自己の業務にかかる商品または役務について使用をする商標であること(商標法3条1項柱書) 自他商品・役務識別力があること(同条) 不登録事由に該当しないこと(商標法4条)  このうち、不登録事由には、公益的なものと私益的なものがあり、具体的...

溝上 武尊弁護士
弁護士法人イノベンティア

知的財産権・エンタメ
もっと見る(153件)

知的財産権・エンタメの人気実務Q&A

  1. 新聞記事をコピーして社内で利用することの問題点
  2. キャラクターと著作権の関係
  3. 特許とはどのような制度か
  4. 特許を受けられる発明とは(特許要件)
  5. 著作権を侵害した場合、どのような罰則があるか
  6. 特許ライセンスの実施料とライセンス契約上の定め方

知的財産権・エンタメに詳しい弁護士

飯島 歩弁護士

弁護士法人イノベンティア 東京事務所

  • IT・情報セキュリティ
  • 知的財産権・エンタメ
  • 競争法・独占禁止法
  • 国際取引・海外進出
  • 訴訟・争訟
もっと見る(269人)