事業再生・倒産

BUSINESS LAWYERSに掲載されている弁護士は、大型事業再生・倒産案件から、地方中小企業の事業再生案件まで幅広い経験を有しています。また、私的整理手続や法的倒産手続において、債務者企業側・債権者側・スポンサーなど様々なステークホルダーの代理人という立場で、事件処理方針に関わっています。このような経験を踏まえて、ステークホルダー間の交渉、手続の進め方、デュー・ディリジェンス、スポンサー選定、各種契約書の作成、人事労務対応など、あらゆる局面・立場から多面的に弁護士が解説を行っています。

事業再生・倒産に詳しい弁護士を探す

事業再生・倒産のニュース

もっと見る(414件)

事業再生・倒産の特集

タカタ倒産 - 今だから知りたい、民事再生と私的整理、会社更生の違いとは

(360b / Shutterstock.com)  6月26日、タカタは東京地方裁判所に民事再生手続の申立てを行なった。相次ぐエアバッグのリコール問題で経営が悪化し、私的整理により再建を図る方針を掲げていたが、ステークホルダー、スポンサー候補からの合意を得られなかったようで、民事再生による事業再...

大江 祥雅弁護士
弁護士法人大江橋法律事務所

事業再生・倒産
もっと見る(4件)

事業再生・倒産の人気特集

  1. タカタ倒産 - 今だから知りたい、民事再生と私的整理、会社更生の違いとは
  2. 債権者から見た民事再生手続―民事再生手続における商取引債権の弁済―(上)
  3. 債権者から見た民事再生手続 ―民事再生手続における商取引債権の弁済―(下)
  4. タカタ社の過ちから学ぶべきこととは何か

事業再生・倒産の実務Q&A

倒産手続中の企業をスポンサー企業が買収する際の留意点

倒産手続とM&A  窮境に陥り、ついには倒産手続に至った企業であっても、事業内容には見るべきものがあって窮境原因を除去し、事業の立て直しを図れば再建可能な場合が多くあります。  一般に、倒産手続に至った企業がそのまま自主再建を目指す場合には、倒産手続によって毀損された会社の信用を回復するまでに相当の期間を要し...

大島 義孝弁護士
東京ベイ法律事務所

事業再生・倒産
もっと見る(40件)

事業再生・倒産の人気実務Q&A

  1. 民事再生手続の流れ
  2. 破産申立てによって従業員の雇用や給料・退職金等の支払にはどのような影響があるか
  3. 売買契約の「所有権留保」特約に基づいて破産した取引先から商品を返却してもらうには
  4. 破産会社に支払う代金がある場合の支払い方法
  5. 取引先が倒産した場合、どのような情報を収集するべきか
  6. 取引先が民事再生手続を行った場合の初動対応について

事業再生・倒産に詳しい弁護士

大江 祥雅弁護士

弁護士法人大江橋法律事務所

  • コーポレート・M&A
  • 事業再生・倒産
  • 危機管理・内部統制
  • ファイナンス
もっと見る(205人)