危機管理・内部統制

内部統制報告制度、コーポレートガバナンス・コードなど、会社を取り巻く規制は年月を追うごとに整備されています。一方で、企業の不祥事は後を立ちません。不祥事を予防するための体制を整えるのはどうしたらよいか、もし不祥事が発生してしまったらどうしたらよいか。BUSIESS LAWYERSでは、第三者委員会などの経験も豊富に有する多数の弁護士が最新情報を基に解説しています。

危機管理・内部統制に詳しい弁護士を探す

危機管理・内部統制のニュース

もっと見る(194件)

危機管理・内部統制の特集

不動産・建設業界における近時の不祥事ケースと危機管理・リスク予防

第5回 免震・制震製品のデータ偽装事案から考える、不正の早期発見と調査等のポイント

はじめに  今までの連載に引き続き、不動産・建設業界における具体的な不正・不祥事の一類型について、生じうる問題、事後対応、再発防止のための方策等を解説していきます。本稿では、免震・制震製品のデータ偽装事案に関する実務のポイントを2回にわけて解説します。  なお、本稿は特定の具体的な事案を紹介するも...

猿倉 健司弁護士
牛島総合法律事務所

危機管理・内部統制
もっと見る(32件)

危機管理・内部統制の人気特集

  1. 内部通報制度とは
  2. 内部通報制度認証における自己適合宣言登録制度の登録申請が開始 - 企業はどう対応すべきかPR
  3. 土壌汚染に関連する不祥事事案から考える、不正の早期発見と調査のポイント
  4. 中村直人弁護士に聞く、スルガ銀行問題の根幹にあるもの 〜ガバナンスを変えても不祥事はなくならない〜
  5. 公益通報者保護法改正に向けて企業がとるべき対応方法とは 〜適切な内部通報対応とリスクマネジメント策を考える〜PR
  6. 土壌汚染に関連する不祥事事案から考える、不正発覚後の対応・再発防止策策定のポイント

危機管理・内部統制の実務Q&A

不正の早期発見の具体的な方策(内部通報制度等)と実務上のポイント

企業不祥事の現状  近時、会計不正や品質偽装などの企業不祥事が相次いでいます。営利を追求し、厳しい競争の中で事業を行う企業にとって、不祥事を完全になくすことはきわめて困難と言えます。したがって、企業においては、不祥事を予防するだけではなく、不祥事が発生したときにいかに迅速に事態を把握し、影響を最小限に抑えるかが重要と...

猿倉 健司弁護士
牛島総合法律事務所

危機管理・内部統制
もっと見る(21件)

危機管理・内部統制の人気実務Q&A

  1. 三つの防衛線(3つのディフェンスライン)によるリスクマネジメント
  2. 企業不祥事を予防するための効果的な方策
  3. なぜ反社会的勢力を排除しなければならないのか
  4. 不正の早期発見の具体的な方策(内部通報制度等)と実務上のポイント
  5. コンプライアンスと内部統制システム
  6. 日本版司法取引制度(協議・合意制度)の概要

危機管理・内部統制に詳しい弁護士

早川 真崇弁護士

渥美坂井法律事務所・外国法共同事業

  • コーポレート・M&A
  • IT・情報セキュリティ
  • 知的財産権・エンタメ
  • 危機管理・内部統制
  • 国際取引・海外進出
  • 訴訟・争訟
  • 税務
  • 資源・エネルギー
  • ベンチャー
もっと見る(421人)