危機管理・コンプライアンス

内部統制報告制度、コーポレートガバナンス・コードなど、会社を取り巻く規制は年月を追うごとに整備されています。一方で、企業の不祥事は後を立ちません。不祥事を予防するための体制を整えるのはどうしたらよいか、もし不祥事が発生してしまったらどうしたらよいか。BUSIESS LAWYERSでは、第三者委員会などの経験も豊富に有する多数の弁護士が最新情報を基に解説しています。

危機管理・コンプライアンスに詳しい弁護士を探す

危機管理・コンプライアンスのニュース

もっと見る(190件)

危機管理・コンプライアンスの特集

サプライチェーン・マネジメントに訪れた変革PR 無限に広がる企業責任に見合うコンプライアンス体制はできているか

事業プロセスが全世界に分散する今日。企業が抱える法的リスクはますます拡大・重層化し、複雑さを増している。法務・コンプライアンスに携わる担当者が担う役割の重要性は、従来とは比較にならないほど高まっている。 たとえば、サプライチェーン・リスク・マネジメントはその代表例だ。従来のサプライチェーン管理と言...

トムソン・ロイター・ジャパン株式会社

危機管理・コンプライアンス
もっと見る(19件)

危機管理・コンプライアンスの人気特集

  1. 内部通報制度とは
  2. 内部通報制度において企業が抱える問題点・課題
  3. 【連載】金融機関を中心とした反社会的勢力への対応 〜第3回 反社会的勢力との契約関係の解消〜
  4. 内部通報制度を構築するためのポイント
  5. グローバル企業で機能する内部通報制度を構築するには 〜不正の告発に絞って通報を吸い上げる体制をサポート〜PR
  6. 不祥事発生、そのとき危機管理広報は何をするべきか

危機管理・コンプライアンスの実務Q&A

不正・不祥事リスク対応の強化における重要なポイントとは - 「誠実性のアジェンダ」とデータ分析を活用したモニタリング強化

誠実性(Integrity)に関して責任を負っているのは誰か  近年、企業グループにおける不正・不祥事に伴う代償はますます大きくなっています。一方で誠実に行動すれば、顧客や社会からの印象が良くなり、好調な業績を上げられる等のメリットが享受できることを多くの経営者が認識しています。それでも非倫理的行為が絶えない理由の一...

荒張 健
EY Japan

危機管理・コンプライアンス
もっと見る(15件)

危機管理・コンプライアンスの人気実務Q&A

  1. 日本版司法取引制度(協議・合意制度)の概要
  2. 企業不祥事を予防するための効果的な方策
  3. なぜ反社会的勢力を排除しなければならないのか
  4. コンプライアンスと内部統制システム
  5. 顧客情報が流出してしまった場合の対応
  6. 内部通報制度を構築する際に知っておくべきポイント

危機管理・コンプライアンスに詳しい弁護士

早川 真崇弁護士

渥美坂井法律事務所・外国法共同事業

  • コーポレート・M&A
  • IT・情報セキュリティ
  • 知的財産権・エンタメ
  • 危機管理・コンプライアンス
  • 国際取引・海外進出
  • 訴訟・争訟
  • 税務
  • 資源・エネルギー
  • ベンチャー
もっと見る(404人)