コーポレート・M&A

会社法は、国内の上場会社からベンチャー企業まで、すべての会社に関係する法律です。そして、会社の設立、株式の発行・分割・併合・譲渡、株主総会・取締役会等の各機関の設計・運営、取締役・監査役等の責任、企業買収・M&A・企業再編(合併、会社分割、株式交換、株式移転、事業譲渡、株式譲渡、資本提携、業務提携、合弁、子会社再編など)、コンプライアンス(法令等遵守、内部統制体制、内部通報制度など)、会社の解散・清算など、会社法やその関連法が規定する内容は、非常に多岐にわたります。BUSINESS LAWYERSでは、これらの膨大かつ複雑な会社法の実務に役立つ情報に加え、会社法分野での実績が豊富な弁護士のプロフィールを掲載しております。

コーポレート・M&Aに詳しい弁護士を探す

コーポレート・M&Aのニュース

もっと見る(249件)

コーポレート・M&Aの特集

インサイダー取引規制における「知る前契約・計画」の要件と活用方法

はじめに  インサイダー取引規制に関し、①未公表の重要事実を知る前に締結・決定された契約・計画が存在し、②株式等の売買の具体的な内容(期日および期日における売買の総額または数)があらかじめ特定されている、または定められた計算式等で機械的に決定され、③その契約・計画に従って売買等が執行される場合には、契約・計画の締結・...

峯岸 健太郎弁護士
森・濱田松本法律事務所 東京オフィス

コーポレート・M&A
もっと見る(44件)

コーポレート・M&Aの人気特集

  1. インサイダー取引規制における「知る前契約・計画」の要件と活用方法
  2. 株主総会資料の新たな電子提供制度とは 〜インターネットを活用した株主総会情報の提供を促進〜
  3. 【連載】これからのインセンティブプランの形 第2回 有償ストック・オプションにおけるインセンティブについて
  4. グローバルで勝ち残る企業に必要な競争力とは
  5. 【連載】東芝問題から考えるコーポレートガバナンスの本質 第2回 日本企業が東芝から学ぶべきこと
  6. 【連載】東芝問題から考えるコーポレートガバナンスの本質 第1回 2人の弁護士の目に映った東芝の姿

コーポレート・M&Aの実務Q&A

種類株式はどのような場面で活用できるか

事業承継・相続対策  中小企業など閉鎖型のタイプの株式会社においては、一般に、株主がみずから会社の経営をします。このようなオーナー経営者のうち、相続人が複数いるオーナー経営者が引退等すると、保有していた株式が相続人に分散することによって相続人間で紛争が生じ、ひいては、従業員や取引先に悪影響を及ぼすおそれがあります。...

榎木 智浩弁護士
祝田法律事務所

コーポレート・M&A
もっと見る(170件)

コーポレート・M&Aの人気実務Q&A

  1. 種類株式はどのような場面で活用できるか
  2. 株主代表訴訟中の株式交換等により、原告が株主でなくなった場合の原告適格
  3. 従業員持株会制度を導入するには、どうしたらよいか
  4. 譲渡制限株式の譲渡承認請求等の撤回可能な時期
  5. 株主優待制度の廃止の手続き
  6. 株主が所在不明、連絡が取れない場合の対応は

コーポレート・M&Aに詳しい弁護士

  • コーポレート・M&A
  • 知的財産権・エンタメ
  • 国際取引・海外進出
  • 訴訟・争訟
もっと見る(557人)