コーポレート・M&A

会社法は、国内の上場会社からベンチャー企業まで、すべての会社に関係する法律です。そして、会社の設立、株式の発行・分割・併合・譲渡、株主総会・取締役会等の各機関の設計・運営、取締役・監査役等の責任、企業買収・M&A・企業再編(合併、会社分割、株式交換、株式移転、事業譲渡、株式譲渡、資本提携、業務提携、合弁、子会社再編など)、コンプライアンス(法令等遵守、内部統制体制、内部通報制度など)、会社の解散・清算など、会社法やその関連法が規定する内容は、非常に多岐にわたります。BUSINESS LAWYERSでは、これらの膨大かつ複雑な会社法の実務に役立つ情報に加え、会社法分野での実績が豊富な弁護士のプロフィールを掲載しております。

コーポレート・M&Aに詳しい弁護士を探す

コーポレート・M&Aのニュース

もっと見る(634件)

コーポレート・M&Aの特集

「答えのない難しい問題」に向き合った「中小企業買収の法務」、発刊後の反響を著者に聞く

近年、中小オーナー企業の事業承継手段としてのM&A(事業承継型M&A)と、ベンチャー企業のエグジット手段としてのM&A(ベンチャー企業M&A)は、ともに増加しているという報道を目にすることも多い。後継者不足の加速、事業会社によるベンチャー投資の活性化に伴い、いずれのM...

柴田 堅太郎弁護士
柴田・鈴木・中田法律事務所

コーポレート・M&A
もっと見る(104件)

コーポレート・M&Aの人気特集

  1. 企業不祥事事例の分類と分析、不正ではない不祥事とコンプライアンス経営の重要性
  2. コーポレートガバナンス・コードの改訂について
  3. IT活用で株主総会の準備・運営の効率化を - 平成30年6月定時株主総会の振返りと次回総会に向けた対策PR
  4. 平成30年4月施行 フェア・ディスクロージャー・ルールの内容と実務上の留意点~ガイドラインを踏まえて~
  5. 中小企業の事業承継・M&Aにおけるスクイーズ・アウトの最新動向
  6. 「答えのない難しい問題」に向き合った「中小企業買収の法務」、発刊後の反響を著者に聞く

コーポレート・M&Aの実務Q&A

中小企業経営者の高齢化に大企業はどう備えるか

日本の中小企業の状況の概要  中小企業の経営者年齢の分布(年代別)(下図参照)を見ると、1995年の時点では経営者年齢の山は47歳程度であったものが、2015年では66歳に移動しており、この20年間で約20歳も高齢化が進んでいます。円滑な事業承継が進まず、この傾向がこのまま続くとすれば2015年~2020年の5年間に...

幸村 俊哉弁護士
東京丸の内法律事務所

コーポレート・M&A
もっと見る(237件)

コーポレート・M&Aの人気実務Q&A

  1. 会社支配に必要な株式数は何%か
  2. 取締役の利益相反取引について取締役会の承認が必要となるのはどのような場合か
  3. 吸収合併を行うにはどのような手続が必要か
  4. 株主総会の決議方法の種類について
  5. 役員の選任・解任・任期について
  6. 株主総会議事録の記載例(役員等の報酬関係)

コーポレート・M&Aに詳しい弁護士

村永 俊暁弁護士

弁護士法人プラム綜合法律事務所

  • コーポレート・M&A
  • IT・情報セキュリティ
  • 人事労務
  • 知的財産権・エンタメ
  • 危機管理・コンプライアンス
  • 競争法・独占禁止法
  • ファイナンス
  • 訴訟・争訟
  • 不動産
  • ベンチャー
もっと見る(625人)