コーポレート・M&A

会社法は、国内の上場会社からベンチャー企業まで、すべての会社に関係する法律です。そして、会社の設立、株式の発行・分割・併合・譲渡、株主総会・取締役会等の各機関の設計・運営、取締役・監査役等の責任、企業買収・M&A・企業再編(合併、会社分割、株式交換、株式移転、事業譲渡、株式譲渡、資本提携、業務提携、合弁、子会社再編など)、コンプライアンス(法令等遵守、内部統制体制、内部通報制度など)、会社の解散・清算など、会社法やその関連法が規定する内容は、非常に多岐にわたります。BUSINESS LAWYERSでは、これらの膨大かつ複雑な会社法の実務に役立つ情報に加え、会社法分野での実績が豊富な弁護士のプロフィールを掲載しております。

コーポレート・M&Aに詳しい弁護士を探す

コーポレート・M&Aのニュース

もっと見る(369件)

コーポレート・M&Aの特集

相談役・顧問等の開示に関する「コーポレート・ガバナンスに関する報告書」記載要領の改訂について 相談役・顧問等に関する記載欄を新設

※本記事は、三菱UFJ信託銀行が発行している「証券代行ニュース No.143」の「特集2」の内容を元に編集したものです。 相談役・顧問制度に関する課題  経済産業省が2017年3月31日に公表した「コーポレート・ガバナンス・システムに関する実務指針(CGS ガイドライン)」では、相談役・顧問が、顧客との関係維持や後...

コーポレート・M&A
もっと見る(59件)

コーポレート・M&Aの人気特集

  1. 相談役・顧問等の開示に関する「コーポレート・ガバナンスに関する報告書」記載要領の改訂について 〜相談役・顧問等に関する記載欄を新設〜
  2. ESGは"纏う"ものではない
  3. 株主総会の決議取消しと再決議(追認決議)における訴えの利益 - 名古屋地裁平成28年9月30日判決
  4. 出光興産の新株発行差止仮処分事件が実務に与える影響
  5. 出光と創業家の法廷闘争は「良い一例」となる 〜出光佐三ならどう決断したか?その先にある答え〜
  6. D&O保険と会社補償をめぐる動向

コーポレート・M&Aの実務Q&A

株式の消費貸借取引がなされた場合の議決権は誰が保有するのか

株式の貸借取引とはどういうものか 消費貸借取引  株主が、所有する株式を第三者に貸し出す、いわゆる株の貸借取引(貸株)は、一般に広く行われています。借主は、借りた株式(「借株」といいます)を市場で売ることができ、返還期限までに同じ種類の株式を買い戻す等して貸主に返却します。借りたものと同じ種類の株式を返還することを...

熊谷 真喜弁護士
祝田法律事務所

コーポレート・M&A
もっと見る(210件)

コーポレート・M&Aの人気実務Q&A

  1. 株式の消費貸借取引がなされた場合の議決権は誰が保有するのか
  2. 異なる種類の会社間での組織再編が行える場合、行えない場合
  3. 合併における消滅会社の役員に対する退職慰労金の支給
  4. 全株式譲渡制限会社における、属人的な権利の配分について
  5. 種類株式を活用して創業メンバーの会社支配権を守る方法
  6. 株主総会において議決権電子行使プラットフォームを利用するべきか

コーポレート・M&Aに詳しい弁護士

村永 俊暁弁護士

弁護士法人プラム綜合法律事務所

  • コーポレート・M&A
  • IT・情報セキュリティ
  • 人事労務
  • 知的財産権・エンタメ
  • 危機管理・コンプライアンス
  • 競争法・独占禁止法
  • ファイナンス
  • 訴訟・争訟
  • 不動産
  • ベンチャー
もっと見る(569人)