コーポレート・M&A

会社法は、国内の上場会社からベンチャー企業まで、すべての会社に関係する法律です。そして、会社の設立、株式の発行・分割・併合・譲渡、株主総会・取締役会等の各機関の設計・運営、取締役・監査役等の責任、企業買収・M&A・企業再編(合併、会社分割、株式交換、株式移転、事業譲渡、株式譲渡、資本提携、業務提携、合弁、子会社再編など)、コンプライアンス(法令等遵守、内部統制体制、内部通報制度など)、会社の解散・清算など、会社法やその関連法が規定する内容は、非常に多岐にわたります。BUSINESS LAWYERSでは、これらの膨大かつ複雑な会社法の実務に役立つ情報に加え、会社法分野での実績が豊富な弁護士のプロフィールを掲載しております。

コーポレート・M&Aに詳しい弁護士を探す

コーポレート・M&Aのニュース

もっと見る(593件)

コーポレート・M&Aの特集

コーポレートガバナンス・コードの改訂について

※本記事は、三菱UFJ信託銀行が発行している「証券代行ニュース No.153」の「特集」の内容を元に編集したものです。  6月1日、東証が「改訂コーポレートガバナンス・コード」を、金融庁が「投資家と企業の対話ガイドラインの確定について」をそれぞれ公表しました。以下では、改訂コー...

コーポレート・M&A
もっと見る(91件)

コーポレート・M&Aの人気特集

  1. 平成30年4月施行 フェア・ディスクロージャー・ルールの内容と実務上の留意点~ガイドラインを踏まえて~
  2. 2018年株主総会に向けた想定問答例
  3. ISS、グラス・ルイスの議決権行使助言方針の改定について
  4. 2018年株主総会の留意点(下) 〜株主総会の実務対策〜
  5. 有償ストック・オプションとは
  6. 中小企業の事業承継・M&Aにおけるスクイーズ・アウトの最新動向

コーポレート・M&Aの実務Q&A

親会社ができた場合の対応

親会社となる会社から、以前より派遣されている社外取締役がいる場合  親会社の取締役は社外取締役になることができません(会社法2条15号ハ)。そのため、従前よりB社からA社に派遣されている取締役が社外取締役として扱われている場合、B社がA社の親会社になることによって、その取締役はA社の社外取締役としての要件を満たさない...

コーポレート・M&A
もっと見る(231件)

コーポレート・M&Aの人気実務Q&A

  1. 株主総会議事録の記載例(役員等の報酬関係)
  2. 動議の種類と議長が取るべき対応は
  3. 会社支配に必要な株式数は何%か
  4. 役員の選任・解任・任期について
  5. 株主総会の決議方法の種類について
  6. 取締役の利益相反取引について取締役会の承認が必要となるのはどのような場合か

コーポレート・M&Aに詳しい弁護士

村永 俊暁弁護士

弁護士法人プラム綜合法律事務所

  • コーポレート・M&A
  • IT・情報セキュリティ
  • 人事労務
  • 知的財産権・エンタメ
  • 危機管理・コンプライアンス
  • 競争法・独占禁止法
  • ファイナンス
  • 訴訟・争訟
  • 不動産
  • ベンチャー
もっと見る(617人)