すべての特集

1〜10件を表示 94

金融審議会ディスクロージャーワーキング・グループ報告の概要

※本記事は、三菱UFJ信託銀行が発行している「証券代行ニュース No.154」の「特集」の内容を元に編集したものです。  金融審議会ディスクロージャーワーキング・グループ(以下、ワーキング・グループといいます)は、平成29年12月より8回にわたり、企業情報の開示・提供のあり方につ...

コーポレート・M&A

企業価値向上と毀損防止に向けて企業は何をすべきか

第6回 被買収会社の粉飾決算と子会社ガバナンス(後編)

「第5回 被買収会社の粉飾決算と子会社ガバナンス(前編)」では、不正会計防止の観点に留まらず、子会社の経営を企業価値向上に導いてゆくための子会社ガバナンスの構築についての提言を行いたい旨述べました。本稿では、子会社ガバナンスをどのように設計し、構築するのが良いか、子会社ガバナンスや子会社管理の在り方...

渡辺 樹一
ジャパン・ビジネス・アシュアランス株式会社

コーポレート・M&A

武田薬品のシャイアー買収、そのねらいと今後の動向をアナリストに聞く

今年5月、武田薬品工業(以下、武田)が、アイルランドの製薬企業大手シャイアーを買収することで合意したと発表した。買収額は総額約460億ポンド(約6兆8000億円)。実現すれば、日本企業による過去最大のM&Aとなる。巨額買収による財務悪化の不安から、武田の株価は下落傾向が続いており、既存株主か...

コーポレート・M&A

コーポレートガバナンス・コードの改訂について

※本記事は、三菱UFJ信託銀行が発行している「証券代行ニュース No.153」の「特集」の内容を元に編集したものです。  6月1日、東証が「改訂コーポレートガバナンス・コード」を、金融庁が「投資家と企業の対話ガイドラインの確定について」をそれぞれ公表しました。以下では、改訂コー...

コーポレート・M&A

「価値協創ガイダンスロゴマーク」の正しい使い方

 3月決算企業の多くが株主総会の準備で慌ただしくなる6月。経済産業省が「価値協創ガイダンス」を2017年5月に公開してから、早1年が経過することになる。「伊藤レポート2.0」が2017年10月に、「価値協創ガイダンス解説資料」が2018年3月に続々と公開されているものの、残念...

片桐 さつき
宝印刷グループ 株式会社ディスクロージャー&IR総合研究所

コーポレート・M&A

企業価値向上と毀損防止に向けて企業は何をすべきか

第5回 被買収会社の粉飾決算と子会社ガバナンス(前編)

「第4回 発覚の端緒と会社資産の不正流用」では、上場企業によって公開された調査報告書の中から会社資産の不正流用に焦点をあてお話ししました。本稿以降2回にわたって、過去4年間(2014年1月〜2017年12月)の「不正会計」53件の中から、「被買収会社の粉飾決算」を取り上げて、その概要や発生の原因、対...

渡辺 樹一
ジャパン・ビジネス・アシュアランス株式会社

コーポレート・M&A

8事務所と100名を超える学生が交流 「企業法務プロフェッショナルに学ぶ - 学生向け就職合同説明会」を開催

BUSINESS LAWYERSは6月6日にTKP新橋カンファレンスセンターで、将来弁護士として法律事務所への入所を考えている学生を対象とした「企業法務プロフェッショナルに学ぶ - 学生向け就職合同説明会」を開催しました。学生にとって就職活動を行う際、一般企業と比べて法律事務所は情報を得る機会が少な...

コーポレート・M&A

人的資本への投資は人員数では計れない

 企業情報を開示する各種の報告書では「人材戦略」や「人的資本への投資」など「人材」が重要なファクターとして報告されている。会社概要を見ると従業員数や社員数が記載されているが、その数は企業の実態を正しく表しているのだろうか。法定開示書類では「従業員数(臨時雇用者数)」と記載し、派遣やパ...

大津 克彦
宝印刷グループ 株式会社ディスクロージャー&IR総合研究所

コーポレート・M&A

機関投資家のスチュワードシップ活動に関する上場企業向けアンケート集計結果

※本記事は、三菱UFJ信託銀行が発行している「証券代行ニュース No.151」の「特集」の内容を元に編集したものです。  平成30年4月4日、年金積立金管理運用独立行政法人(以下、GPIF)は、「第3回機関投資家のスチュワードシップ活動に関する上場企業向けアンケート集計結果」(以下、アンケート...

コーポレート・M&A

2018年株主総会に向けた想定問答例

 近時、コーポレートガバナンス改革の流れを受け、投資家と企業との対話は重要性を増しています。株主総会の場では形式的な対応に終始することなく、自社にとっての「気づき」の場として活用する姿勢が望まれます。  2018年の株主総会では、話題となっている相談役・顧問制度の廃止、フェア・ディスクロージャー・...

コーポレート・M&A