取締役の利益相反取引について取締役会の承認が必要となるのはどのような場合か

コーポレート・M&A

 利益相反取引については、取締役会の承認を受けないとならないということですが、私が代表取締役を務めるA社が、私が取締役を務めるB社と取引をするに当たって、A社、B社のそれぞれにおいて、利益相反取引の承認が必要なのでしょうか。 また、私は、その承認決議について特別の利害関係を有するということになり、決議に参加することができないのでしょうか。

 あなたが代表取締役を務めるA社においては、あなたはA社のためにA社の代表として行為するので、取締役会の承認は不要です。他方、B社から見たとき、B社の取締役であるあなたは第三者であるA社のために行動するので、B社にとっては利益相反取引に該当します。そのため、B社においては、その取引について取締役会の承認を受けなければなりません(会社法365条1項・356条1項2号)。

 そして、あなたはその承認決議について「特別の利害関係」を有するので、参加できません(会社法369条2項)。

解説

目次

  1. 利益相反取引の承認決議
    1. 直接取引
    2. 間接取引
  2. 利益相反取引の報告
  3. 特別利害関係
  4. 承認を受けない利益相反取引の効果
    1. 事後承認も可能
    2. 承認のない利益相反取引
    3. 取締役の責任

利益相反取引の承認決議

 利益相反取引については、会社法356条1項2号、3号において、直接取引と間接取引という二つの類型が規定されています。

用語 内容
直接取引
(会社法356条1項2号)
取締役が自己または第三者のために株式会社と取引をしようとするとき
間接取引
(会社法356条1項3号)
株式会社が取締役の債務を保証することその他取締役以外の者との間において株式会社と当該取締役との利益が相反する取引をしようとするとき

 取締役がその地位を利用し、会社利益を犠牲にして、自己または第三者の利益を図ることを防止するため、利益相反取引を行う場合には、株主総会(取締役会設置会社においては取締役会)において、その取引について重要な事実を開示して、その承認を受けなければなりません(会社法356条1項柱書、365条1項)。

 さらに、取締役会設置会社においては、利益相反取引をした取締役は、その取引後、遅滞なく、その取引についての重要な事実を取締役会に報告しなければなりません(会社法365条2項)。

直接取引

規制対象となる行為とそうでない行為

規制対象となる行為 規制対象ではない行為
・会社・取締役間の商品取引契約

・会社が取締役に贈与

・会社が取締役に貸付け
・取締役が会社に利息付きで貸付け
・使用人兼務取締役の使用人分報酬(但し、取締役会の承認ある給与体系に基づく場合は、個別の取締役会決議は不要)(最高裁昭和43年9月3日判決
・取締役が会社店舗で商品を購入する取引
∵取締役という地位とは無関係
・取締役が会社に贈与(大審院昭和13年9月28日判決)
・取締役が会社に無利息・無担保で貸付け(最高裁昭和38年12月6日判決
・取締役に対する報酬等の支給
∵別途定められた手続に従う(会社法361条1項)

兼任取締役と利益相反取引

① A社・B社の取引で、Xが両社の代表取締役を兼ねる場合

A社・B社の取引で、Xが両社の代表取締役を兼ねる場合

 取締役が第三者のために会社と取引するときに当たるので、利益相反取引に該当します。

 ただし、A社にはXの他にも代表取締役がいて、その代表取締役とB社代表取締役Xとが契約を結ぶときには、B社については利益相反取引の承認が不要であり、A社においてのみ承認が必要となります。A社から見たとき、A社取締役Xが、A社の取引の相手方であるB社のためにB社の代表として行為することから、Xは第三者のために取引するものとして、A社の承認が必要となるのです。

② A社・B社の取引で、XがA社の取締役であり、B社の代表取締役でもある場合

A社・B社の取引で、XがA社の取締役であり、B社の代表取締役でもある場合

 A社からみて、Xは、A社の契約相手であるB社のためにB社の代表として行為することになります。そのため、Xは第三者のために取引するものとして、A社の承認が必要となります。

 他方、B社からみると、XはB社のためにB社を代表して行為することから、利益の相反がなく、その承認は不要です。

③ A社・B社の取引で、Xが両社の取締役(≠代表取締役)を兼ねる場合

A社・B社の取引で、Xが両社の取締役(≠代表取締役)を兼ねる場合

 この場合、両社にとって、Xは代表行為をするものではないため、両社において承認を得る必要はありません。

④ A社(完全親会社)・B社(完全子会社)の取引で、XがA社の取締役であり、B社の代表取締役でもある場合

A社(完全親会社)・B社(完全子会社)の取引で、XがA社の取締役であり、B社の代表取締役でもある場合

 100%の資本関係がある場合、実質的な利害の対立はないので、いずれの会社においても承認は不要です(最高裁昭和45年8月20日判決参照)。

 完全親子会社間で不動産取引をした場合、登記の際には、利益相反取引を承認する株主総会議事録・取締役会議事録の代わりに、完全親子会社関係であることを証する書面(子会社の株主名簿等)等を添付情報として提供することになります(不動産登記令7条5号ハ)。

 なお、不動産取引が利益相反取引に該当しなかったとしても、「重要な財産の処分及び譲受け」に該当する場合には、取締役会決議が必要とされている(会社法362条4項1号)点には留意が必要です。

間接取引

規制対象となる行為

 以下の行為は、特に見解の争いなく、間接取引として、会社の承認が必要とされています。

  • 会社が取締役の債務を保証すること(最高裁昭和45年3月12日判決
  • 会社が取締役の債務を引き受けること(最高裁昭和43年12月25日判決
  • 取締役の債務について会社が担保を提供すること(東京地裁昭和50年9月11日判決)
  • 取締役を被保険者とする会社と保険会社との間の損害保険契約

 上記のほか、以下の行為も間接取引として規制対象になると考えられています。

  • 会社が、取締役が全株式を所有する他の会社の債務を保証すること(名古屋地裁昭和58年2月18日判決)
  • 会社が、取締役の配偶者や子の債務を保証すること

無料会員にご登録いただくことで、続きをお読みいただけます。

90秒で登録完了

コンテンツの更新情報、法改正、重要判例をもう見逃さない!メールマガジン配信中!無料会員登録はこちらから
  • facebook
  • Twitter

関連する特集