国際取引・海外進出

経済活動のグローバル化に伴い、海外の法令情報の入手が必要な場面も増えてきました。BUSINESS LAWYERSでは、中国を始め、フィリピン、ベトナム、インド、ロシアなど現地情報に精通した弁護士による解説記事を掲載しています。海外との輸出入などの取引だけでなく、現地進出、会社設立、人材活用、トラブルへの対応など、様々な角度から現地の最新情報を常にキャッチアップし、事業活動にお役立てください。

国際取引・海外進出に詳しい弁護士を探す

国際取引・海外進出のニュース

もっと見る(190件)

国際取引・海外進出の特集

米国弁護士資格はどのように役立つのか?グリー法務部長と国際弁護士が語る実務での活かし方PR

 日本と米国における企業法務担当者の大きな違いの一つに、「弁護士であるかどうか」という点があげられます。日本の法務担当者は弁護士資格を保有していないケースが多いのに対して、米国の法務担当者はほぼ全員が弁護士です。  事業のグローバル展開が進む中、これまで以上に海外の法務案件は増えていくことが予測されます。その時、果た...

国際取引・海外進出
もっと見る(24件)

国際取引・海外進出の人気特集

  1. 米国弁護士資格はどのように役立つのか?グリー法務部長と国際弁護士が語る実務での活かし方PR
  2. 【連載】グローバルリスクマネジメント 第6回 ロシアへの投資を行う際に知っておきたい現状
  3. 【連載】アラブ首長国連邦(UAE)進出の法務 第4回 紛争解決および強制執行のポイント
  4. ベトナム進出における法的な留意点 〜外資規制と進出手続のポイント〜
  5. 【連載】グローバルリスクマネジメント 第5回 危機的状況下で企業をどのように防衛するべきか
  6. スリランカへ進出する時に知っておきたい、外資規制と会社法

国際取引・海外進出の実務Q&A

中国企業から持分の譲渡を受ける場合の注意点

中外合弁企業の持分の譲渡を受けるシチュエーション  日本企業が合弁パートナーである中国側出資者から中外合弁企業の持分の譲渡を受ける目的として最も典型的なのは、合弁関係の解消手段として持分譲渡を受けるケース(持分の譲受による100%子会社化)であろうと思われますが、出資比率を高くしてより合弁会社への支配を強めるために持...

唐沢 晃平弁護士
アンダーソン・毛利・友常法律事務所

国際取引・海外進出
もっと見る(24件)

国際取引・海外進出の人気実務Q&A

  1. 中国企業から持分の譲渡を受ける場合の注意点
  2. 国際仲裁と訴訟はどこが違うのか
  3. 中国企業との代理店契約に際しての留意点
  4. 中国企業との契約における準拠法と紛争解決条項のポイント
  5. 中国における合弁事業のメリット・デメリットと失敗対策
  6. 中国における合弁会社コントロールのポイント

国際取引・海外進出に詳しい弁護士

大河内 亮弁護士

アンダーソン・毛利・友常法律事務所

  • コーポレート・M&A
  • 人事労務
  • 知的財産権・エンタメ
  • 事業再生・倒産
  • 危機管理・コンプライアンス
  • 競争法・独占禁止法
  • ファイナンス
  • 国際取引・海外進出
  • 訴訟・争訟
もっと見る(357人)