国際取引・海外進出

経済活動のグローバル化に伴い、海外の法令情報の入手が必要な場面も増えてきました。BUSINESS LAWYERSでは、中国を始め、フィリピン、ベトナム、インド、ロシアなど現地情報に精通した弁護士による解説記事を掲載しています。海外との輸出入などの取引だけでなく、現地進出、会社設立、人材活用、トラブルへの対応など、様々な角度から現地の最新情報を常にキャッチアップし、事業活動にお役立てください。

国際取引・海外進出に詳しい弁護士を探す

国際取引・海外進出のニュース

もっと見る(110件)

国際取引・海外進出の特集

アラブ首長国連邦(UAE)進出の法務

紛争解決および強制執行のポイント

海外進出における紛争解決手段・強制執行方法把握の重要性  海外に進出する際、将来の紛争や強制執行に備えて現地の紛争解決手段および強制執行方法を把握しておくことは重要です。日系企業としては、紛争解決手段として日本の裁判所における裁判や、International Chamber of Commerce(ICC)等の利用...

赤崎 雄作 弁護士
弁護士法人中央総合法律事務所

国際取引・海外進出
もっと見る(22件)

国際取引・海外進出の人気特集

  1. 【連載】アラブ首長国連邦(UAE)進出の法務 第4回 紛争解決および強制執行のポイント
  2. ベトナム進出における法的な留意点 〜外資規制と進出手続のポイント〜
  3. 【連載】グローバルリスクマネジメント 第5回 危機的状況下で企業をどのように防衛するべきか
  4. スリランカへ進出する時に知っておきたい、外資規制と会社法
  5. 【連載】アラブ首長国連邦(UAE)進出の法務 第3回 知的財産法制とその実務
  6. 【連載】Brexitは日本企業にどのような影響を与えるか 第3回 離脱交渉のゆくえと規制法への影響( 1 ) 〜競争法について留意すべきポイント〜

国際取引・海外進出の実務Q&A

シンガポール進出に関する進出形態および会社設立に関する留意事項

はじめに  日系企業による東南アジア進出の動きは依然として活発な状況ですが、その中でもシンガポールは多くの日系企業にとって進出の足がかりとなり、最終的にはシンガポール拠点がグループの地域統括本部として機能しているケースが多く見られます。また、近時は、地方の上場企業や比較的小規模の企業からも、シンガポールへの進出に関す...

前田 敦利弁護士
アンダーソン・毛利・友常法律事務所

国際取引・海外進出
もっと見る(18件)

国際取引・海外進出の人気実務Q&A

  1. シンガポール進出に関する進出形態および会社設立に関する留意事項
  2. 外国子会社合算税制(タックスヘイブン対策税制)とはどのような制度か
  3. 移転価格税制の内容と対応するための準備
  4. アンチダンピング調査への対応について
  5. 外国為替・送金規制の内容と注意点
  6. 税関でファシリテーション・ペイメントを求められたときの対応方法について

国際取引・海外進出に詳しい弁護士

  • コーポレート・M&A
  • 知的財産権・エンタメ
  • 国際取引・海外進出
  • 訴訟・争訟
もっと見る(295人)