国際取引・海外進出

経済活動のグローバル化に伴い、海外の法令情報の入手が必要な場面も増えてきました。BUSINESS LAWYERSでは、中国を始め、フィリピン、ベトナム、インド、ロシアなど現地情報に精通した弁護士による解説記事を掲載しています。海外との輸出入などの取引だけでなく、現地進出、会社設立、人材活用、トラブルへの対応など、様々な角度から現地の最新情報を常にキャッチアップし、事業活動にお役立てください。

国際取引・海外進出に詳しい弁護士を探す

国際取引・海外進出のニュース

もっと見る(482件)

国際取引・海外進出の特集

AIによる自動翻訳で、企業法務の仕事はどこまで効率化できるのか?PR 英語案件の実情を弁護士が解説

企業のグローバル展開が進む昨今、これまで以上に国際的な法務案件が増えていくと考えられています。すでに、業務において契約書など英語の法律文書を取り扱っている弁護士の方は多いのではないでしょうか。一方で、翻訳業務には決して少なくない時間とコストが掛かってしまうのも事実です。 今回は、英語案件を数多く手...

国際取引・海外進出
もっと見る(26件)

国際取引・海外進出の人気特集

  1. 米国弁護士資格はどのように役立つのか?グリー法務部長と国際弁護士が語る実務での活かし方
  2. 海外腐敗行為防止法とはどのような制度か? 〜日本企業が対策を取るために知っておくべきリスクの基本〜
  3. AIによる自動翻訳で、企業法務の仕事はどこまで効率化できるのか? 〜英語案件の実情を弁護士が解説〜PR
  4. 国際商事仲裁を利用するときのポイント
  5. シンガポールにおける紛争解決の新たな動き 〜シンガポール国際商事裁判所(SICC)の創設〜
  6. 中国ビジネスにおける法務と税務のリスク

国際取引・海外進出の実務Q&A

ベトナム企業を対象とするM&Aにおいて上場会社株式を取得する場合の留意点

はじめに  近時のベトナムにおける証券市場の発展を受けて、M&Aの買収対象会社が上場会社であるケースも増えています。  上場会社の株式を取得する場合には、①公開会社(=「上場会社」を含むより広い概念)に適用がある規制、②上場株式に適用がある規制、の2種類の規制に留意する必要があります。  いずれについても...

廣澤 太郎弁護士
西村あさひ法律事務所 ハノイ事務所

国際取引・海外進出
もっと見る(43件)

国際取引・海外進出の人気実務Q&A

  1. 外国子会社合算税制(タックスヘイブン対策税制)とはどのような制度か
  2. 国際商事仲裁とはどのような制度か
  3. 中国企業との契約における準拠法と紛争解決条項のポイント
  4. 外国為替・送金規制の内容と注意点
  5. 移転価格税制の内容と対応するための準備
  6. 中国に技術ライセンスを行う場合の留意点

国際取引・海外進出に詳しい弁護士

廣澤 太郎弁護士

西村あさひ法律事務所 ハノイ事務所

  • コーポレート・M&A
  • 危機管理・コンプライアンス
  • 国際取引・海外進出
もっと見る(371人)