ベトナムで模倣品対策をするために知っておきたい商標制度

国際取引・海外進出
渡邉 純子弁護士

 ベトナムでは模倣品の流通が多いと聞きましたが、どのような対策が必要になりますか。ベトナムにおける商標権(トレードマーク)制度と合わせて教えてください。

 商標権侵害に関しては、まずはベトナムにおいて商標権の登録を行うことが必要です。そのうえで、模倣品対策を担当している行政当局に取締りを求めていくことになります。

解説

ベトナムでの模倣品の流通状況

 ベトナムでは、ハノイを中心とする北部、ホーチミンを中心とする南部を起点として、ベトナム全土にわたり、模倣品が氾濫しています。このように、ベトナムでは、知的財産権に関する消費者の意識の低さや、海賊版の横行等の商慣習から、依然として知的財産権の侵害が広く容認されているのが現状です(参考:日本貿易振興機構(JETRO) ハノイ事務所「ベトナムにおける模倣品・知的財産権侵害物品の流通に関する調査」(2015年3月))。

 粗悪な模倣品が市場に出回ってしまうと、自社製品のブランドや評判に傷がついてしまうため、何らかの対策をとる必要があります。模倣品に対してベトナム国内で法的措置を採るためには、ベトナムにおいて商標権が登録されていることが必要となりますので、まず、ベトナムにおける商標の登録制度について解説します。

商標の登録制度

ベトナム国内出願

 ベトナムにおいて、商標権は、ベトナム科学技術省の管轄下にある国家知的財産庁(National Office of Intellectual Property. 以下略称で「NOIP」といいます)に登録されることによって法的に保護の対象となります。商標権は、権利の付与日から保護され、出願日から起算して10年経過後に満了します。10年ごとの更新が可能で、更新の回数に制限はありません。

 NOIPへの登録までの流れとしては、出願書類の提出後、出願の受理通知日から2か月以内にNOIPにより出願が官報に公開され、その後、実体審査が行われます。審査の結果、特段の登録拒絶理由がなく、商標が登録可能であると判断された場合は、所定の手数料の支払いが確認されたことを条件に、権利付与の決定が行われます。権利付与が確定したら、登録証が発行され、NOIPの産業財産広報に公告されます。

出願から登録までの手続きのフローチャート

出典:特許庁「世界の産業財産権制度および産業財産権侵害対策概要ミニガイド ベトナム社会主義共和国」(2013年12月5日)

 ベトナム国内出願に要する期間は、ケースバイケースですが、拒絶理由がなく登録されたケースであっても、通常、出願から登録まで、最低でも約1年半~2年程度を要していることが多いようです。

 なお、商標出願の際、ベトナムで通常使用されない外国語(たとえば日本語)のみで表記された商標は、通常の知識を持つベトナム人が理解できないため、ベトナム国内において周知性を有することを証明できない限り、識別力がないと判断され、登録を受けられない可能性があります。

国際出願

 日本ですでに商標登録または商標出願がされている場合、ベトナム国内における登録手続が簡易になるのか、というご質問を頂くこともあります。日本およびベトナムはマドリッド議定書の加盟国であるため、日本の特許庁を通じて世界知的所有権機関(WIPO)国際事務局に国際出願をし、国際登録を受けることにより、NOIPが12か月以内に拒絶の通告をしない限り、ベトナムにおいて、NOIPに直接出願されていた場合と同一の効果を得ることができます(いわゆる「マドプロ出願」)(参考:特許庁「マドリッド協定議定書に基づく国際登録出願の流れ(手続概要と注意点)」)。これ以降のNOIPにおける審査手続は、前述のベトナム国内出願と同様です。

模倣品対策

 ベトナムでは、模倣品の流通に関わっている者の多くが、権利侵害を認識していないため、相手に直接接触し、知的財産権者の権利を明確に説明することが有効な手段となることもありますが、相手が模倣品の流通を止めない場合には、何らかの法的措置を採る必要があります。

 自社製品がベトナムにおいて商標登録されていることを前提としますと、模倣品に対する法的措置として考えられる手段には、行政上の措置、民事上の救済、刑事措置、税関による水際措置などがありますが、これらのうち最も迅速かつ効果的なのは、行政上の措置であり、具体的な行政機関としては、商工省の監督下にある市場管理局が選択されることが多いです。実際の流れとしては、侵害品の収集や侵害者に関する調査などの準備を経て、市場管理局への申立てをした後、当局の担当者が行政摘発(レイド)を実施して、侵害者の処罰の内容が決定されることになります。2012年から2015年の間に行政措置がとられたケースは、合計約25,543件にものぼるとされています。

コンテンツの更新情報、法改正、重要判例をもう見逃さない!メールマガジン配信中!無料会員登録はこちらから
  • facebook
  • Twitter

関連する特集