訴訟・争訟

一般的な民商事紛争に加えて、海外でのトラブルをきっかけとした商事仲裁、クロスボーダー紛争や、労使紛争、知財紛争、税務紛争など企業が直面する問題は実に様々です。BUSINESS LAWYERSでは実務経験豊富な弁護士と弁護士の専門分野を生かした解説を掲載しています。もし紛争が発生する事態になった場合は、掲載されているコンテンツや、専門家を検索し、素早く適切な初動対応を心がけてください。

訴訟・争訟に詳しい弁護士を探す

訴訟・争訟のニュース

もっと見る(58件)

訴訟・争訟の特集

施行直前!消費者裁判手続特例法の概要と実務上の注意ポイント

「簡易確定手続」について押さえておくべきこととは

 第1回( 日本版クラスアクションか?制度の全体像を探る )、第2回( 徹底解説、「共通義務確認の訴え」とは )に引き続き、平成28年10月1日に施行される消費者の財産的被害の集団的な回復のための民事の裁判手続の特例に関する法律(以下、「本法」といいます)の概要について、事業者が実務上注意すべきポイントを説明します。...

古川 昌平弁護士
弁護士法人大江橋法律事務所

訴訟・争訟
もっと見る(3件)

訴訟・争訟の人気特集

  1. 【連載】施行直前!消費者裁判手続特例法の概要と実務上の注意ポイント 第3回 「簡易確定手続」について押さえておくべきこととは
  2. 【連載】施行直前!消費者裁判手続特例法の概要と実務上の注意ポイント 第2回 徹底解説、「共通義務確認の訴え」とは
  3. 【連載】施行直前!消費者裁判手続特例法の概要と実務上の注意ポイント 第1回 日本版クラスアクションか?制度の全体像を探る

訴訟・争訟の実務Q&A

会社と従業員の双方が訴えられた場合の対応

同一の弁護士を会社と従業員の双方の訴訟代理人とすることの適否  ある事業のために他人を使用する者(使用者)は、従業員等の被用者がその事業の執行につき第三者に加えた損害を賠償する責任(使用者責任)を負います(民法715条1項本文)。そして、訴えを提起しようとする者は、一定の場合に、複数の被告に対して一つの訴えを提起する...

福谷 賢典弁護士
島田法律事務所

訴訟・争訟
もっと見る(9件)

訴訟・争訟の人気実務Q&A

  1. 会社と従業員の双方が訴えられた場合の対応
  2. 訴状が送られてきた場合どのように対応すればよいか
  3. 保全処分の利用の検討
  4. 相手方が行方不明の場合の訴えの提起
  5. 訴えの提起に要する費用
  6. 訴状作成時に企業担当者において留意すべきこと

訴訟・争訟に詳しい弁護士

  • コーポレート・M&A
  • 人事労務
  • 訴訟・争訟
もっと見る(462人)