すべての特集

1〜4件を表示 4

法務担当者のための日本版司法取引制度 - 企業が平時から準備しておくべきこと

はじめに ついに、本年6月1日から、日本版司法取引制度(正式名称は「証拠収集等への協力及び訴追に関する合意制度」といいます)が導入されました。 「司法取引」という言葉自体は、海外の報道や裁判小説でもなじみ深いものです。しかし、日本の裁判員制度と米国の陪審員制度が似て非なるものであるのと同様、日本...

山内 洋嗣弁護士
森・濱田松本法律事務所 東京オフィス

訴訟・争訟

施行直前!消費者裁判手続特例法の概要と実務上の注意ポイント

第3回 「簡易確定手続」について押さえておくべきこととは

 第1回( 日本版クラスアクションか?制度の全体像を探る )、第2回( 徹底解説、「共通義務確認の訴え」とは )に引き続き、平成28年10月1日に施行される消費者の財産的被害の集団的な回復のための民事の裁判手続の特例に関する法律(以下、「本法」といいます)の概要について、事業者が実務上注意すべきポイ...

古川 昌平弁護士
弁護士法人大江橋法律事務所

訴訟・争訟

施行直前!消費者裁判手続特例法の概要と実務上の注意ポイント

第2回 徹底解説、「共通義務確認の訴え」とは

 前回( 日本版クラスアクションか?制度の全体像を探る )に引き続き、平成28年10月1日に施行される消費者の財産的被害の集団的な回復のための民事の裁判手続の特例に関する法律(以下、「本法」といいます)の概要について、事業者が実務上注意すべきポイントを説明します。  今回は制度の特徴でもある「共通義...

古川 昌平弁護士
弁護士法人大江橋法律事務所

訴訟・争訟

施行直前!消費者裁判手続特例法の概要と実務上の注意ポイント

第1回 日本版クラスアクションか?制度の全体像を探る

間近に迫った消費者裁判手続特例法の施行  平成28年10月1日、消費者の財産的被害の集団的な回復のための民事の裁判手続の特例に関する法律(いわゆる「消費者裁判手続特例法」、以下「本法」といいます)が施行されます。  これまで、消費者が企業(事業者)から何らかの財産的被害を受けた場合、自らその被害...

古川 昌平弁護士
弁護士法人大江橋法律事務所

訴訟・争訟