すべての実務Q&A

1〜7件を表示 7

保全処分の利用の検討

保全処分とは  私人間において紛争が生じ、権利者に対して義務を負う者がその義務を任意に履行しない場合などは、権利者は、訴えを提起し、勝訴判決を得て、これを債務名義として強制執行を行うなどして、自らの権利を強制的に実現することができます。しかしながら、訴えの提起から判決に至るまでの一連の訴訟手続には...

福谷 賢典弁護士
島田法律事務所

訴訟・争訟

相手方が行方不明の場合の訴えの提起

訴状の送達  訴えを提起するときは、訴状を裁判所に提出してしなければなりませんが(民事訴訟法133条1項)、この訴状は、被告に送達しなければならないとされています(民事訴訟法138条1項)。  送達とは、訴訟上の書類を、法定の方式に従って、当事者その他の訴訟関係者に交付し、あるいはその交付の機会を...

福谷 賢典弁護士
島田法律事務所

訴訟・争訟

訴えの提起に要する費用

訴え提起の手数料 手数料の額  裁判所に訴えを提起するには一定の手数料を納める必要があり、その手数料の額の算定方法については、民事訴訟費用等に関する法律に定めがあります。すなわち、訴え提起の手数料の額は、「訴訟の目的の価額」(以下「訴額」といいます)に応じて、民事訴訟費用等に関する法律の別表第一...

福谷 賢典弁護士
島田法律事務所

訴訟・争訟

訴状作成時に企業担当者において留意すべきこと

訴状の記載事項  訴えを提起するときは、訴状を裁判所に提出してしなければなりません(民事訴訟法133条1項)。そして、訴状に記載すべき事項は、民事訴訟法および民事訴訟規則において明定されています。  本稿は主として企業担当者を対象としているところ、企業が訴えを提起する場合、通常は、弁護士に訴訟追行...

福谷 賢典弁護士
島田法律事務所

訴訟・争訟

管轄裁判所とその選択

管轄とは  わが国の裁判所には、最高裁判所を頂点に、下級裁判所として高等裁判所、地方裁判所、簡易裁判所および家庭裁判所があり、また、下級裁判所は、同種の裁判所が多数併存しています(たとえば、地方裁判所であれば、本庁だけでも全国各地に50か所、支部は200か所以上あります)。そして、ある裁判をこれら...

福谷 賢典弁護士
島田法律事務所

訴訟・争訟

紛争解決方法の種類とその選択

紛争解決方法の種類  企業間の紛争については、当事者同士の話し合いによって互譲的な解決が図られることも多いでしょうが、係争金額が多額で軽々には譲歩ができなかったり、交渉過程で互いの信頼関係が失われてしまったりして、当事者のみでは紛争解決が難しい場合もあります。このような場合は、公的機関等が主宰する...

福谷 賢典弁護士
島田法律事務所

訴訟・争訟

強制執行を踏まえた訴訟手続の必要性

訴訟手続が必要になる理由  金銭債権について債務者が任意での支払に応じない場合、債権者としては、強制執行手続を行って強制的に債務者の財産から回収することを考えます。しかしながら、金銭債権を有する債権者といえども、いきなり債務者の財産に強制執行をすることができるわけではありません。  強制執行手続が...

西中 宇紘弁護士
弁護士法人中央総合法律事務所

訴訟・争訟