税務

国際的な流れからも税務リスクへの関心が高まっています。国内でもグループ管理体制の構築が求められる事から、税務・法務の観点を組み合わせた体制整備が必要となってきます。また、事業承継やマイナンバーへの対応など、経営課題としての新しい税務問題が次々と登場しています。税務リスクを未然に防ぐためにも、BUSINESS LAWYERSのコンテンツ、専門家検索を活用ください。

税務に詳しい弁護士を探す

税務のニュース

もっと見る(588件)

税務の特集

最新判例による税務コンプライアンス

節税目的の養子縁組は無効となるのか?

節税目的の養子縁組は無効ではないとされた事例 節税目的で利用される養子縁組  養子縁組とは、血のつながりではなく、お互いの意思によって親子関係を成立させることをいいます。養子縁組はさまざまな目的によりなされますが、相続税対策として利用されることもあります。  たとえば、相続税を計算する場合、一般に,被相続人の遺産...

北村 豊弁護士
デロイト トーマツ税理士法人

税務
もっと見る(12件)

税務の人気特集

  1. 【連載】最新判例による税務コンプライアンス 第5回 節税目的の養子縁組は無効となるのか?
  2. 【連載】最新判例による税務コンプライアンス 第4回 不動産取得税を減額する特例に対する裁判所の解釈 〜1棟ごとの戸数か複数棟の合計戸数か〜
  3. 【連載】最新判例による税務コンプライアンス 第3回 海外子会社の株式引受けにおいて、時価と払込価額の差額が受贈益として課税された事例 〜神鋼商事事件(東京高裁平成28年3月24日判決)〜
  4. 【連載】最新判例による税務コンプライアンス 第2回 グループ法人税制外しと認定された事例
  5. 【連載】最新判例による税務コンプライアンス 第1回 恒久的施設を通じてネット通販事業を行うものとされた事例
  6. 領収書をスマホで撮影すれば経費申請が可能に! 〜改正が進む「電子帳簿保存法」の最新動向〜

税務の実務Q&A

役員報酬を支給する際に留意すべき役員の範囲

法人税法上の役員 (1)法人税独自の「役員」概念  法人税法は、会社法の「役員」概念を借用せずに、独自の定義規定を設けています。すなわち、法人税法において、「役員」には、取締役、執行役、会計参与、監査役、理事、監事および清算人に加えて、以下の者も含まれます(法人税法2条15号、法人税法施行令7条。みなし役員)。...

石井 亮弁護士
和田倉門法律事務所

税務
もっと見る(3件)

税務の人気実務Q&A

  1. 役員報酬を支給する際に留意すべき役員の範囲
  2. 法人税における無償取引の取扱い
  3. 資本等取引とはどういう取引か

税務に詳しい弁護士

北村 豊弁護士

デロイト トーマツ税理士法人

  • 訴訟・争訟
  • 税務
もっと見る(69人)