税務

国際的な流れからも税務リスクへの関心が高まっています。国内でもグループ管理体制の構築が求められる事から、税務・法務の観点を組み合わせた体制整備が必要となってきます。また、事業承継やマイナンバーへの対応など、経営課題としての新しい税務問題が次々と登場しています。税務リスクを未然に防ぐためにも、BUSINESS LAWYERSのコンテンツ、専門家検索を活用ください。

税務に詳しい弁護士を探す

税務のニュース

もっと見る(839件)

税務の特集

最新判例による税務コンプライアンス

第5回 節税目的の養子縁組は無効となるのか?

節税目的の養子縁組は無効ではないとされた事例 節税目的で利用される養子縁組  養子縁組とは、血のつながりではなく、お互いの意思によって親子関係を成立させることをいいます。養子縁組はさまざまな目的によりなされますが、相続税対策として利用されることもあります。  たとえば、相続税を計算する場合、一...

北村 豊弁護士
デロイト トーマツ税理士法人

税務
もっと見る(12件)

税務の人気特集

  1. 同族会社の行為計算否認規定、法人税の負担が「不当」となるポイントは? 
  2. グループ法人税制外しと認定された事例
  3. 「公正妥当な会計処理」の判断基準はどこか?
  4. 領収書をスマホで撮影すれば経費申請が可能に! 〜改正が進む「電子帳簿保存法」の最新動向〜
  5. 税務調査は弁護士を必要としているのか? 弁護士の眼前に広がる新たな市場
  6. これからの弁護士になぜ税務の知識が求められるのか 「タックスロイヤー」という必然

税務の実務Q&A

海外勤務者に関する税務上の問題点

居住者と非居住者の区別 居住者と非居住者による課税対象の相違  社員を海外で勤務させる場合、当該社員が所得税法上の「居住者」か「非居住者」のいずれに該当するかにより、課税される所得が異なります。  すなわち、日本国籍を有する「居住者」については国内源泉所得(国内での勤務に伴う所得)および国外源泉所得(国外での勤務...

毒島 光志弁護士
弁護士法人第一法律事務所 大阪事務所

税務
もっと見る(9件)

税務の人気実務Q&A

  1. 損金算入できる役員退職金の上限額
  2. 法人税における無償取引の取扱い
  3. 法人税における貸倒損失の取扱い
  4. 受取配当の益金不算入
  5. 役員報酬を支給する際に留意すべき役員の範囲
  6. 役員・従業員が不正行為を行った場合に重加算税が課されるケース

税務に詳しい弁護士

北村 豊弁護士

デロイト トーマツ税理士法人

  • 訴訟・争訟
  • 税務
もっと見る(72人)