税務

国際的な流れからも税務リスクへの関心が高まっています。国内でもグループ管理体制の構築が求められる事から、税務・法務の観点を組み合わせた体制整備が必要となってきます。また、事業承継やマイナンバーへの対応など、経営課題としての新しい税務問題が次々と登場しています。税務リスクを未然に防ぐためにも、BUSINESS LAWYERSのコンテンツ、専門家検索を活用ください。

税務に詳しい弁護士を探す

税務のニュース

もっと見る(902件)

税務の特集

「税務コンプライアンス」がなぜ企業に求められるようになったのか 重加算税のリスクを回避するためのポイント

2018年11月8日(木)に、法務・コンプライアンス部門が押さえておくべき税務コンプライアンスの要点について解説するセミナーを開催します。結城 大輔弁護士と山下 貴税理士が具体的な取組みのポイントを明らかにしますので、担当者の方はぜひご参加ください。 税務コンプライアンス 〜法務・コンプライアン...

結城 大輔弁護士
のぞみ総合法律事務所

税務
もっと見る(15件)

税務の人気特集

  1. 同族会社の行為計算否認規定、法人税の負担が「不当」となるポイントは? 
  2. 「税務コンプライアンス」がなぜ企業に求められるようになったのか 〜重加算税のリスクを回避するためのポイント〜
  3. 契約審査における税務上の検討ポイント
  4. 法務部の役割と税務の基礎
  5. グループ法人税制外しと認定された事例
  6. 税務調査は弁護士を必要としているのか? 弁護士の眼前に広がる新たな市場

税務の実務Q&A

海外勤務者に関する税務上の問題点

居住者と非居住者の区別 居住者と非居住者による課税対象の相違  社員を海外で勤務させる場合、当該社員が所得税法上の「居住者」か「非居住者」のいずれに該当するかにより、課税される所得が異なります。  すなわち、日本国籍を有する「居住者」については国内源泉所得(国内での勤務に伴う所得)および国外源泉所得(国外での勤務...

税務
もっと見る(9件)

税務の人気実務Q&A

  1. 損金算入できる役員退職金の上限額
  2. 法人税における無償取引の取扱い
  3. 法人税における貸倒損失の取扱い
  4. 受取配当の益金不算入
  5. 役員・従業員が不正行為を行った場合に重加算税が課されるケース
  6. 海外勤務者に関する税務上の問題点

税務に詳しい弁護士

北村 豊弁護士

デロイト トーマツ税理士法人

  • 訴訟・争訟
  • 税務
もっと見る(75人)