不動産

不動産の分野では売買・賃貸といった取引から、土地開発、投資・ファイナンスやREITなど幅広い分野で法的問題が発生します。また、環境関連の法規制も抑えておく必要もありますが、建築基準法、国土開発基本法、都市計画法、不動産特定事業法、土壌汚染対策法などの各種規制法は改正の動きも多く、常にキャッチアップする事は非常に負担がかかります。BUSINESS LAWYERSで最新の動きを掴み、専門家に相談するタイミングを逃さないようにしてください。

不動産に詳しい弁護士を探す

不動産のニュース

もっと見る(42件)

不動産の特集

ショッピングセンターにおける不動産賃貸借の注意点

契約にあたって貸主側が注意すべきことは何か

ショッピングセンターの賃貸借契約  不動産賃貸借の中でも特にショッピングセンター(以下「SC」)内の店舗の賃貸借契約は、住居やオフィスに関する賃貸借と異なる特徴を持っており、実務的には注意が必要である。  本連載では、SC内の店舗の賃貸借契約を主に念頭に置いて、実務上注意すべき点を述べる。  第3回にあたる今回は、...

黒木 資浩弁護士
牛島総合法律事務所

不動産
もっと見る(3件)

不動産の人気特集

  1. 【連載】ショッピングセンターにおける不動産賃貸借の注意点 第3回 契約にあたって貸主側が注意すべきことは何か
  2. 【連載】ショッピングセンターにおける不動産賃貸借の注意点 第2回 契約にあたって出店者が注意すべきことは何か
  3. 【連載】ショッピングセンターにおける不動産賃貸借の注意点 第1回 賃貸借の特徴と賃貸借契約が締結されるまで

不動産の実務Q&A

自殺事故があった土地や建物について売主はどこまで説明責任を負うか

環境的要因と心理的要因に関する瑕疵担保責任・説明義務違反 環境的要因と心理的要因のトラブルについて  売買の目的物である土地建物について、物理的に本来の性能を備えていたとしても、(i)日照、眺望、騒音などの周辺環境の要因における問題(環境的要因)がある場合、または、(ii)たとえば、自殺や殺人事件が発生した物件等、...

澤田 直彦弁護士
赤坂シティ法律事務所

不動産
もっと見る(5件)

不動産の人気実務Q&A

  1. 自殺事故があった土地や建物について売主はどこまで説明責任を負うか
  2. 土壌汚染等に関する瑕疵担保責任を制限する特約の効力が否定される場合があるか
  3. 民法改正によって不動産取引はどのように変わるのか
  4. 建物建築に支障がない地中障害物について土地売主が責任を負うのか
  5. 土壌汚染調査はどのような場合に要求されるか

不動産に詳しい弁護士

  • コーポレート・M&A
  • IT・情報セキュリティ
  • 知的財産権・エンタメ
  • ファイナンス
  • 国際取引・海外進出
  • 訴訟・争訟
  • 不動産
  • ベンチャー
もっと見る(246人)