取引・契約・債権回収

契約書に関するトラブルは、事業活動を行う上で切り離せない問題です。締結する事が多い秘密保持契約や業務委託契約であっても、いつも利用しているひな型をそのまま利用していると、思わぬトラブルに見舞われる可能性があります。また、売買契約や賃貸借契約、委託契約などでは費用や納期、品質に関する問題がトラブルの原因として多くあげられます。BUSINESS LAWYERSでは、国内の契約書に限らず、英文契約の情報も含めて、契約書の見直しに役立つ情報を掲載していきます。
また、様々な関係部門との調整、相手方との交渉、契約締結後の対応や、印紙、記名・押印など契約書の中身以外の事でも問題が多岐に渡リます。いつも締結しているから大丈夫、と思っていることで行政から指導を受ける事や、契約が無効となってしまう事がないよう、しっかりと点検することが重要です。

取引・契約・債権回収のニュース

もっと見る(158件)

取引・契約・債権回収の特集

営業現場で使える!英文契約書のポイント

売約書(Sales Note)と買約書(Purchase Note)の一般条項(その2)

 前回(「第7回 売約書(Sales Note)と買約書(Purchase Note)の一般条項(その1)」)に引き続き、契約書の一般条項(General Terms and Conditions)について、売約書(Sales Note)と買約書(Purchase Note)の内容を比較します。 売約書(Sales...

宮田 正樹
一般社団法人GBL研究所 理事

取引・契約・債権回収
もっと見る(23件)

取引・契約・債権回収の人気特集

  1. 【連載】営業現場で使える!英文契約書のポイント 第8回 売約書(Sales Note)と買約書(Purchase Note)の一般条項(その2)
  2. 【連載】営業現場で使える!英文契約書のポイント 第7回 売約書(Sales Note)と買約書(Purchase Note)の一般条項(その1)
  3. 【連載】営業現場で使える!英文契約書のポイント 第6回 契約締結における留意点
  4. 【連載】契約書をリスクマネジメントにどう活用するべきか 第3回 契約書の作成・修正をする際のチェックポイント
  5. 【連載】民法改正(債権法改正)と不動産取引への影響 第3回 不動産売買契約の留意点(表明保証責任)
  6. 【連載】営業現場で使える!英文契約書のポイント 第5回 見積もりの依頼と申し込みの承諾

取引・契約・債権回収の実務Q&A

民泊新法によって、住宅宿泊事業者に求められることは

民泊事業を行うには  「宿泊料を受けて人を宿泊させる営業」すなわち客を反復継続して宿泊させるサービスを有償で提供する場合、旅館業法上の許可が原則として必要です。民泊は、住宅を活用して宿泊させるサービスですので、旅館業法上の許可が原則として必要ですが、一般的な住宅設備をもって旅館業法上の要件を充足するのは現実的ではあり...

中崎 尚弁護士
アンダーソン・毛利・友常法律事務所

取引・契約・債権回収
もっと見る(28件)

取引・契約・債権回収の人気実務Q&A

  1. 民泊新法によって、住宅宿泊事業者に求められることは
  2. 民泊新法の概要について
  3. シェアリングエコノミーの種類と業法の規制
  4. 製造物責任法とはどのような法律か
  5. 欠陥はどのような場合に認められるのか
  6. 製造業者として製造物責任を負うのはどのような場合か