取引・契約・債権回収

契約書に関するトラブルは、事業活動を行う上で切り離せない問題です。締結する事が多い秘密保持契約や業務委託契約であっても、いつも利用しているひな型をそのまま利用していると、思わぬトラブルに見舞われる可能性があります。また、売買契約や賃貸借契約、委託契約などでは費用や納期、品質に関する問題がトラブルの原因として多くあげられます。BUSINESS LAWYERSでは、国内の契約書に限らず、英文契約の情報も含めて、契約書の見直しに役立つ情報を掲載していきます。
また、様々な関係部門との調整、相手方との交渉、契約締結後の対応や、印紙、記名・押印など契約書の中身以外の事でも問題が多岐に渡リます。いつも締結しているから大丈夫、と思っていることで行政から指導を受ける事や、契約が無効となってしまう事がないよう、しっかりと点検することが重要です。

取引・契約・債権回収のニュース

もっと見る(9件)

取引・契約・債権回収の特集

法務担当が押さえておきたい契約実務のポイント

秘密保持契約を締結する前に考えるべき情報管理のあり方

秘密保持契約・秘密保持条項の役割とは? はじめに  本稿では、ありがちな契約書式や契約条項の意義についての逐条解説的な説明に入るに先だって、秘密保持契約(Non-Disclosure Agreement; NDA)や秘密保持条項(Confidentiality Clause)の役割をあらためて検討してみます。「今さ...

原 秋彦弁護士
日比谷パーク法律事務所

取引・契約・債権回収
もっと見る(7件)

取引・契約・債権回収の人気特集

  1. 【連載】法務担当が押さえておきたい契約実務のポイント 第2回 秘密保持契約を締結する前に考えるべき情報管理のあり方
  2. 【連載】契約書をリスクマネジメントにどう活用するべきか 第1回 契約書作成の意義
  3. 【連載】法務担当が押さえておきたい契約実務のポイント 第1回 契約条項に取り組む時に求められる2つの視点
  4. 平成28年6月公布! 改正消費者契約法のポイントと対策 (第2回)
  5. 【連載】英文契約スキルアップ講義 第2回 “agree”や“will”、その英文で大丈夫?職務発明規定のポイント
  6. 平成28年6月公布! 改正消費者契約法のポイントと対策 (第1回)

取引・契約・債権回収の実務Q&A

製造物責任法とはどのような法律か

製造物責任法はどのような趣旨の法律か  製造物責任法は、民法の不法行為の定める過失責任原則の特則として立法されたものであり、製造物に起因する事故による消費者の被害を防止・救済するために無過失責任主義に基づく製造物責任を定めています。  製造物責任法の制定以前は、製造物の欠陥に起因する事故が発生した場合の被害者の救済に...

村松 頼信弁護士
祝田法律事務所

取引・契約・債権回収
もっと見る(25件)

取引・契約・債権回収の人気実務Q&A

  1. 製造物責任法とはどのような法律か
  2. 欠陥はどのような場合に認められるのか
  3. 製造業者として製造物責任を負うのはどのような場合か
  4. 製造物責任の免責事由
  5. 広告・パンフレットの記載に消費者契約法の不当勧誘規制が適用されるか
  6. 強制執行を行うために必要な債務名義とは