契約実務

契約書に関するトラブルは、事業活動を行う上で切り離せない問題です。締結する事が多い秘密保持契約や業務委託契約であっても、いつも利用しているひな型をそのまま利用していると、思わぬトラブルに見舞われる可能性があります。また、売買契約や賃貸借契約、委託契約などでは費用や納期、品質に関する問題がトラブルの原因として多くあげられます。BUSINESS LAWYERSでは、国内の契約書に限らず、英文契約の情報も含めて、契約書の見直しに役立つ情報を掲載していきます。<br /> また、様々な関係部門との調整、相手方との交渉、契約締結後の対応や、印紙、記名・押印など契約書の中身以外の事でも問題が多岐に渡リます。いつも締結しているから大丈夫、と思っていることで行政から指導を受ける事や、契約が無効となってしまう事がないよう、しっかりと点検することが重要です。

契約実務のニュース

もっと見る(6件)

契約実務の特集

契約書をリスクマネジメントにどう活用するべきか

契約書作成の意義

「契約」とは何か、「契約」と「合意」の違い  現代社会の経済活動においては、「契約」が非常に重要な役割を果たしています。身近な日常生活を含め企業活動のほとんどはすべて「契約」により行われているといっても過言ではありません。このように日常生活から企業活動一般において、お互いの権利や義務などを確認し、また財産の移転などを...

契約実務
もっと見る(6件)

契約実務の人気特集

  1. 【連載】契約書をリスクマネジメントにどう活用するべきか 第1回 契約書作成の意義
  2. 【連載】法務担当が押さえておきたい契約実務のポイント 第1回 契約条項に取り組む時に求められる2つの視点
  3. 平成28年6月公布! 改正消費者契約法のポイントと対策 (第2回)
  4. 【連載】英文契約スキルアップ講義 〜第2回 “agree”や“will”、その英文で大丈夫?職務発明規定のポイント〜
  5. 平成28年6月公布! 改正消費者契約法のポイントと対策 (第1回)
  6. 英文契約スキルアップ講義 コンマ1つの違いが数百万ドルの損害に

契約実務の実務Q&A

強制執行を行うために必要な債務名義とは

債務名義とは  履行遅滞となっている債務者からの申出があり、分割弁済を約束していたにもかかわらず、債務者がこれを怠ったような場合、今度は任意の交渉・合意に止めず、法の力を借りて債務者の財産から強制的な回収の実現を図ることを期待するでしょう。しかし、強制的な回収行為は、債務者に不利益を与える側面もありますので、それを認...

契約実務
もっと見る(21件)

契約実務の人気実務Q&A

  1. 強制執行を行うために必要な債務名義とは
  2. 債権回収における交渉や合意書締結にあたっての留意点
  3. 平成28年の消費者契約法改正により新設された過量契約による取消しとは
  4. 消費者契約法による取消しの対象となる、断定的判断の提供とは
  5. 広告・パンフレットの記載に消費者契約法の不当勧誘規制が適用されるか
  6. 消費者契約法による取消しの対象となる、不実告知とは