営業現場で使える!英文契約書のポイント

第8回 売約書(Sales Note)と買約書(Purchase Note)の一般条項(その2)

取引・契約・債権回収
宮田 正樹

 前回(「第7回 売約書(Sales Note)と買約書(Purchase Note)の一般条項(その1)」)に引き続き、契約書の一般条項(General Terms and Conditions)について、売約書(Sales Note)と買約書(Purchase Note)の内容を比較します。

売約書(Sales Note)と買約書(Purchase Note)の一般条項

 前回も紹介しましたが、Sales Note/Purchase Noteそれぞれの全体像(完成形)は以下のリンク先から参照ください。
 なお、比較表の条項番号(7. Inspectionなど)は、Sales Note/Purchase Noteそれぞれの完成形に使用されている番号となっています。

留意点

 ここでモデルとして取り上げる売契約(売約書:Sales Note)と買契約(買約書:Purchase Note)(General Terms and Conditions部分を含む)は、解説のために作成したものであって、模範契約書ではありませんし、ベストプラクティスとして作成したものでもありません。そのまま使用することは避けてください。

検査

Sales Note Purchase Note
7. Inspection
Seller shall, before shipment, make inspection of the goods especially in respect of specification, quality and condition of the goods. Unless otherwise arranged, the inspection by Seller shall be final in all respects regarding the goods.
7. Inspection and Claim
Upon arrival of the Goods at the premises of Buyer, Buyer shall immediately inspect the Goods at its own cost. If Buyer finds that the Goods do not conform to the terms and conditions of the Contract, Buyer will, within thirty (30) days after the date of such arrival, give to Seller a written notice of any claim specifically setting forth its details. Buyer reserves a right of reimbursement by Seller for compensation for such non-conformity.
売主は、船積前に、商品の仕様、品質、状態については入念に検査する。特に定めのない限り、売主による検査を以て商品に関する検査は最終的なものとする。 商品が買主の構内に到着次第、買主は自己の費用で直ちに当該商品を検査する。買主がその商品が契約に定める条件を満たしていないことを発見した場合には、買主は、商品の到着から30日以内に、その詳細を記載した書面によるクレームを売主に通知するものとする。買主は、その不具合に対する売主による補償を受ける権利を保有する。

(下段=訳 以下同じ)

 買主は、商品の品質の確認を自ら行うため、生産中あるいは船積直前に検査(検品)できることにしたり、検査機関(ロイドレジスターその他)の検査および検査合格証の添付を求めることもあります。

 この検査で発見できなかった瑕疵については、いわゆる「隠れた瑕疵(latent defects)」として、「保証条項(warranty)」が適用されることになります。

 なお、ウィーン売買条約によると、買主には「物品の検査義務」(§38)と「不適合通知義務」(§39)が課されています。これらの規定は、買主が検査で発見された、または発見されたであろう不適合(≒瑕疵)を売主に通知する義務を怠ると、買主は不適合に対してクレームする権利を失うなどの影響があります。日本の商法526条に類似した規定です。

知的財産権

Sales Note Purchase Note
8. Intellectual Property Rights
Buyer shall hold Seller harmless from liability, loss or expense in connection with any alleged infringement with regard to any patent, trademark, copyright, design, pattern, etc., in any country.
6. Infringement
Seller is responsible for any infringement with regard to patent, utility model, trademark, design or copyright relating to the goods in Buyer's country. In the event of any dispute with regard to the said intellectual and industrial property rights, Buyer may cancel the Contract. Seller is responsible for and shall defend, reimburse, indemnify and hold Buyer harmless from any and all liabilities, claims, expenses, losses and/or damages sustained thereby.
買主は、いずれの国における特許、商標、著作権、デザイン・意匠権等の侵害の申立による損害・損失に対しても、売主を防護するものとする。 売主は、商品が買主の国における特許権、実用新案権、商標権、意匠権や著作権を侵害した場合にはその責任を負担する。それら知的財産権や産業財産権(工業所有権)の侵害問題が生じた場合には、買主はこの契約を解除することができる。売主は、それによって買主に生じた責任、請求、経費、損失、あるいは損害賠償に対し、責任を有し、それらから買主を保護し、生じた損害等を補償するものとする。

 知的財産権の非侵害性は売主の保証の一部と考えられます。しかし、その調査の困難性から、売主としてはこれを明示的に否定したいと考えるため、いわば力関係で決定される項目となります(なお、UCCでは§2-312において「権原の保証および権利侵害に対する保証;権利侵害に対する買主の義務」を定めていますが、§2-312の(3)項が知的財産権の非侵害の保証に関わるものといえます。ウィーン売買条約は42条が該当条項です。原文と訳は下記のリンクを参照してください)。

 売約書では、売主が買主に保証および補償を求めていますが、これは買主が指定した仕様や商標に関して第三者の権利の侵害問題が生じた場合に限るべきであり、買主としては次の文言を文末に加えるべきです。

・・・, only if such infringement or alleged infringement is arising out of the specification or trademark specified by Buyer.

…、ただし、この保証・補償は買主によって指定された仕様または商標からそのような侵害が生じた場合に限る。

保証

Sales Note Purchase Note
9. Warranty
Seller warrants that the goods are free from any defects of design, material and workmanship and conform to its specifications. Once after having delivered the goods to Buyer, Buyer is responsible to give to all dealers and customers necessary or adequate instructions for proper use of the goods and prevention of misuse thereof.
8. Warranty Seller warrants the quality, merchantability and fitness of the goods. In the event of any defect in quality, merchantability and/or fitness of the goods or shortage in quantity, Buyer may make a claim in writing with description of such defects or shortage as soon as practicable after the unpacking of the goods at the office, factory, warehouse or other facilities of the final user. In the event of latent defects, such notice shall be sent within a reasonable period after such defects have been found by Buyer.
売主は、商品が設計・原材料・出来映えにおいて瑕疵がなく、仕様を満たすものであることを保証する。商品が買主に引き渡された後は、買主は全ての販売業者や消費者に対して当該商品を正しく使用するために必要且つ十分な指導を行い、その誤使用を防ぐ責任がある。 売主は商品の品質、商品性、適合性を保証する。商品の品質、商品性、適合性に瑕疵があった場合、あるいは商品の数量が不足していた場合、買主は、その商品が最終ユーザーの事務所・工場・倉庫その他の場所で開梱された時から可及的速やかに、その瑕疵や数量不足の内容を記述した書面により売主にクレームすることができる。それが隠れた瑕疵である場合には、買主がそれを発見してから合理的な期間内にその通知をしなければならないものとする。

 売主としては最低限の補償に留めています。
 買主は、いずれかの場所で開梱したら判明する瑕疵と、隠れた瑕疵との場合に分けて、通知時期を定めています。

 「保証」については、コモンロー、UCC、ウィーン売買条約、それぞれにおける考え方、規定を勉強しておくべきでしょう。

クレーム

Sales Note Purchase Note
10. Claim
Buyer's claim of whatever nature arising under the Contract shall be notified to Seller by e-mail or facsimile within ten (10) days after arrival of the goods at the destination specified in the bills of lading.
Full particulars of such claim, together with sworn surveyor's report shall be made in writing and forwarded by registered airmail within seven (7) days after above notification.
該当する条項なし
この契約の下で生じる買主のクレームは、いかなる性質のものであれ、B/Lに記されたその商品の到着港への到着日から10日以内に、電子メールかファクシミリで売主に通知しなければならないものとする。
当該クレームに関する詳細は、詳細は公的第三者検査員による報告書と共に書面で、上記通知から7日以内に書留郵便で送付しなければならないものとする。

 売約書の規定は、本船到着後の「検査」で発見されたもののみを対象にしているように見えますが、「whatever nature arising under the Contract」と書いていますから「隠れた瑕疵」にも適用される可能性があります。そうなると「warranty」に基づくクレームがこの通知期間制限(本船到着後10日以内)を満たさず、すべて拒絶されてしまうことになります。
 買主としては買約書の「7. Inspection and Claim」に変更するよう要求しなければなりません(通知期間については歩み寄りを検討しましょう)。

 また、売主の責任範囲については、別途「責任の範囲(Limitation of Liability)」の条項を置くこととして、その内容について交渉すればよいでしょう。

不可抗力

Sales Note Purchase Note
12. Force Majeure
In the event of Act of God, government orders or restraints, war or warlike conditions, blockage, hostilities, revolution, strikes, lockout, civil commotions, fire, flood, epidemics, breakdown or accident in course of preparation or transportation of the goods, or of any other occurrence beyond Seller's control, Seller shall not be liable for non-delivery or delay in performance of the Contract caused directly or indirectly thereby, in which case Buyer shall accept the delayed shipment or the cancellation of all or any part of the Contract.
9. Force Majeure
In the event of prohibition of import, refusal to issue an import license, Act of God, war, blockade, embargoes, insurrection, mobilization or any other action of Government authorities, riots, civil commotions, warlike condition, strikes, lockout, shortage or control of power supply, plague or other epidemics, quarantine, fire, flood, tidal waves, earthquake, lighting, explosion, or any other causes beyond the control of Buyer of Force Majeure, Buyer shall not be liable for any default arising therefrom in performance of the Contract.
天変地異、政府の命令や制限、戦争または戦争状態、封鎖、敵対行為、革命、ストライキ、ロックアウト、内乱、火災、水害、疫病などによる商品の準備中又は輸送中における中断や事故、その他売主の制御を超える事由が生じた場合には、売主はそれによって直接的に又は間接的に生じた引渡不能や契約の履行の遅れの責任を免れるものとし、買主は、遅延した船積又は契約の一部又は全部の解除を承諾するものとする。 輸入の禁止、輸入ライセンスの発行の拒絶、天変地異、戦争、封鎖、通商停止、反乱、戦時体制(動員)その他の政府の行動、暴動、市民暴動、戦争状態、ストライキ、ロックアウト、電力供給不足、ペストその他の疫病、(伝染病予防のための)隔離、火災、水害、高波(津波)、地震、落雷、爆発、その他買主の制御の及ばない不可抗力事由が生じた場合には、買主は、それらによって生じたこの契約のいかなる違反についても責任を免れる。

 不可抗力免責条項は「相互主義」(いずれの当事者にも適用される)とする方が、衡平であり、相手方の納得が得られやすいでしょう。
 また、次の2点を書き加えておくべきです。

①金銭支払い債務には適用しないこと

The provisions of this Section shall not relieve either party of the obligations to make payments when due under the Contract.

本条の規定は、いずれの当事者に対しても、契約に基づき支払期限が到来した金銭債務の支払義務を免除するものではない。

②一定期間不可抗力事由が継続した場合には契約を解除できること

If the Force Majeure conditions in fact persist for ninety (90) days or more, either party may terminate the Contract upon written notice to the other party.(継続期間は契約内容による)

不可抗力の条件が実際には90日以上続いた場合、どちらの当事者も相手方への書面による通知により契約を終了することができる。

紛争解決

Sales Note Purchase Note
14. Arbitration
All disputes, controversies or differences which may arise between the parties hereto, out of or in relation to the Contract shall be finally settled by arbitration in Japan in accordance with the Commercial Arbitration Rules of The Japan Commercial Arbitration Association.
The award rendered by the arbitrator(s) shall be final and binding upon the parties hereto.
12. Arbitration
All disputes, controversies or differences arising out of or in relation to the Contract or the breach hereof shall be settled, unless amicably settled without undue delay, by arbitration in Tokyo, Japan in accordance with the rules of procedure of The Japan Commercial Arbitration Association.
The award of arbitration shall be final and binding upon both parties.
この契約に関して当事者間に生じる一切の紛争、紛議又は意見相違は、日本において日本商事仲裁協会の商事仲裁規則に基づく仲裁により最終的に解決するものとする。
仲裁人による裁定は最終的なものであり、両当事者を拘束するものとする。
この契約又は契約違反に関して当事者間に生じる一切の紛争、紛議又は意見相違は、当事者間で遅滞なく友好的に解決できない場合には、日本の東京において日本商事仲裁協会の手続規則に基づく仲裁により解決するものとする。 仲裁裁定は最終的なものであり、両当事者を拘束するものとする。

 いずれも仲裁での解決を選択しており、仲裁地は日本(東京)で日本商事仲裁協会による機関仲裁としています。

 仲裁条項において定めるべき事項は次のとおりです。

  1. どのような仲裁機関を選択するか
  2. 仲裁ルール(当該機関のルールによるか、ICCルールか、あるいはUNCITRALルールか)
  3. 仲裁地はどこか
  4. 使用言語は何か

 仲裁判断の執行の面では、相手方がニューヨーク条約の加盟国の法人または個人であることを確認しておくべきです。

契約解除等

Sales Note Purchase Note
11. Default
If Buyer fails to perform any provision of the Contract,or is in breach of any terms hereof,or becomes insolvent, Seller may, by giving a written notice to Buyer,

1) stop or suspend the performance of the Contract or any other contract(s) with Buyer,

2) reject the shipment or delivery of the Goods,

3) terminate the whole or any part of the Contract or any other contract(s) with Buyer.

4) dispose of the Goods, if delivery has not been made, in such manner as Seller deems appropriate and allocate the proceeds thereof to the satisfaction of any or all of the losses and damages caused by Buyer’s defaults.

In any such event, Seller may recover all losses and damages caused by Buyer’s default, including but not limited to, loss of profit.
10. Default
If Seller fails to perform any provision of the Contract,or is in breach of any terms hereof,or becomes insolvent, Buyer may, by giving a written notice to Seller,

1) stop or suspend the performance of the Contract or any other contract(s) with Seller,

2) reject the shipment or taking delivery of the Goods,

3) cancel the whole or any part of the Contract or any other contract(s) with Seller.

4) dispose of the Goods, if delivery has been taken, in such manner as Buyer deems appropriate and allocate the proceeds thereof to the satisfaction of any or all of the losses and damages caused by Seller’s defaults.

In any such event, Buyer may recover all losses and damages caused by Seller’s default, including but not limited to, loss of profit which would have been obtained by Buyer from resale of the Goods and damages caused to any customer purchasing the Goods from Buyer.
買主がこの契約の条項をいずれかでも履行しなかった時、または違反したとき、あるいは支払不能となったときは、売主は買主に書面で通知することにより、次のことができる:

1) この契約あるいは買主と締結している他の契約の履行を中断又は延期する、

2) 商品の船積又は引渡を拒絶する、

3) この契約あるいは買主と締結している他の契約を解除する、

4) 商品の引渡が完了していない場合には、売主が適当と判断する方法で当該商品を処分し、その対価を買主の違反によって売主に生じた損害・損失の一部又は全部の賠償に充当する。

これらいずれの場合においても、売主は買主の違反によって売主に生じた損害・損失(遺失利益を含むがそれに限定されない)を回収することができる。
売主がこの契約の条項をいずれかでも履行しなかった時、または違反した時、あるいは支払不能となった時は、売主は買主に書面で通知することにより、次のことができる:

1) この契約あるいは売主と締結している他の契約の履行を中断または延期する、

2) 商品の船積または引取を拒絶する、

3) この契約あるいは売主と締結している他の契約を解除する、

4) 商品の引取が完了している場合には、買主が適当と判断する方法で当該商品を処分し、その対価を売主の違反によって買主に生じた損害・損失の一部または全部の賠償に充当する。

これらいずれの場合においても、買主は売主の違反によって買主に生じた損害・損失(当該商品を再販していたならば買主が得られた遺失利益や当該商品の再販先に生じた損害を含むがそれに限定されない)を回収することができる。

 この条項も基本的には「相互主義」とすべき条項です。

製造物責任

Sales Note Purchase Note
該当する条項なし 13. PRODUCT LIABILITY
Seller shall, at its own expense, indemnify and hold harmless Buyer and/or Buyer’s customer(s) from any and all losses, damages (actual, consequential or indirect) and related costs and expenses in connection with any defects or alleged defects of the Goods.
売主は、自己の費用負担で、商品の欠陥あるいは欠陥の疑いにより生じた損失、損害(実損、結果損害、派生的損害)および諸経費から買主および買主の顧客を保証し、防御するものとする。

 買主はPL責任を売主にヘッジするわけですが、売主の資力に不安がある場合には、PL保険をかけさせます。

Seller shall maintain at its expense such product liability insurance as will fully protect Buyer from claims including claims for consequential damage resulting from the Goods or any part thereof purchased by Buyer under the Contract. Such insurance shall name Buyer as an additional named insured.

売主は、買主が契約に基づいて購入した商品またはその一部に起因する結果的損害賠償請求を含む請求から完全に保護するような製造物責任保険を自らの費用で付保し維持するものとする。当該保険には、共同被保険者として買主を追加するものとする。

 必要に応じて保険金額(支払限度額)なども指定します。

譲渡禁止

Sales Note Purchase Note
13. No Assignment
Buyer shall not transfer or assign all or any parts of the Contract, or any of Buyer’s rights or obligation accruing hereunder without Seller’s prior written consent.
11. No Assignment
Seller shall not transfer or assign all or any parts of the Contract, or any of Seller’s rights or obligation accruing hereunder without Buyer’s prior written consent.
買主は、売主の事前の書面による承諾を得ずに、この契約の全部または一部を、あるいは、この契約によって生じた買主のいかなる権利又は義務を、譲渡してはならない。 買主は、売主の事前の書面による承諾を得ずに、この契約の全部または一部を、あるいは、この契約によって生じた買主のいかなる権利又は義務を、譲渡してはならない。

完全合意

Sales Note Purchase Note
15.Entire Agreement
The Contract constitutes the entire agreement between the parties hereto and supersedes all prior agreements with regard to the subject matter hereof.
14. Entire Agreement
The Contract shall constitute the entire and only agreement between Seller and Buyer with respect to the subject matter hereof and supersede, cancel and annul all prior agreements.
この契約は当事者間の合意の全てを構成するものであり、この契約以前に存在したこの契約の主題に関する全ての合意を排除する。 この契約は、この契約の主題に関する売主・買主間の全てのそして唯一の合意を形成するものであり、それ以前の合意の全てを排除し、解除し、無効とする。

準拠法

Sales Note Purchase Note
16. Governing Law
The Contract shall be governed as to all matters including validity, construction and performance by and under the laws of Japan.
15. Governing Law
The Contract shall be governed by and construed in accordance with the laws of Japan.
この契約は、その有効性、構成、履行を含む全ての事項に関して日本法により規定されるものとする。 この契約は日本法に基づき規定され解釈されるものとする。

 単純に「日本法」と指定するとウィーン売買条約も日本法となっていますから、その適用を受けます。
 ウィーン売買条約の適用排除の文言として最も簡潔なものを下記します。

The parties agree to exclude the application of the United Nations Convention on Contracts for the International Sales of Goods(1980).

 以上、2回にわたって一般条項を紹介しました。どのような契約書にも定められる一般条項ではありますが、Sales Noteと Purchase Noteではそれぞれの立場の違いによって条項の内容は異なります。思わぬところで不利な条件で契約を締結することがないように留意してください。

2017年度 国際法務研修基礎セミナー

コースB「国際契約の基礎」講座
-国際法務従事者に必須の法律知識-


【開催期間】2017年10月5日(木)~2018年3月1日(木) 19:00~21:00

毎週木曜日開催。この期間内で、1回でも数回でも自由に選択できます。

【受講料】 1回あたり:10,000 円(資料代含む・消費税込み)

なお、全17回出席する場合については、135,000 円(割引価格)。
企業単位での申込や、毎回違う方が受講することも可能。

【会場】  きゅりあん セミナー会場:東京都品川区東大井5-18-1


くわしくはこちら
コンテンツの更新情報、法改正、重要判例をもう見逃さない!メールマガジン配信中!無料会員登録はこちらから
  • facebook
  • Twitter

関連する特集