すべての実務Q&A

1〜10件を表示 26

シェアリングエコノミーの種類と業法の規制

「シェアリングエコノミー」ビジネスの種類  「シェアリングエコノミー」ビジネスは、典型的には個人が保有する遊休資産(スキルのような無形のものも含む)の貸出しをマッチングするサービスを指します。このようなサービスを利用することで、貸主には遊休資産の活用による収入、借主は所有することなく利用ができると...

中崎 尚弁護士
アンダーソン・毛利・友常法律事務所

取引・契約・債権回収

製造物責任法とはどのような法律か

製造物責任法はどのような趣旨の法律か  製造物責任法は、民法の不法行為の定める過失責任原則の特則として立法されたものであり、製造物に起因する事故による消費者の被害を防止・救済するために無過失責任主義に基づく製造物責任を定めています。  製造物責任法の制定以前は、製造物の欠陥に起因する事故が発生した...

村松 頼信弁護士
祝田法律事務所

取引・契約・債権回収

欠陥はどのような場合に認められるのか

「欠陥」とは何か?  「欠陥」とは、製造物の特性、その通常予見される使用形態、その製造業者等が当該製造物を引き渡した時期その他の当該製造物に係る事情を考慮して、当該製造物が通常有すべき安全性を欠いていることを指します(製造物責任法2条2項)。  欧米諸国では、この欠陥を「製造上の欠陥」、「設計上の...

村松 頼信弁護士
祝田法律事務所

取引・契約・債権回収

製造業者として製造物責任を負うのはどのような場合か

「製造業者等」とは何か?  「製造業者等」とは、以下の者をいいます(製造物責任法2条3項各号)。 製造物を業として製造、加工または輸入した者 製造物に製造業者として商号などを表示した者 製造物に製造業者と誤認される商号などを表示した者 製造物の製造、加工、輸入または販売の形態等から、製造物に...

村松 頼信弁護士
祝田法律事務所

取引・契約・債権回収

製造物責任の免責事由

製造物責任に基づく損害賠償請求に対し、製造業者等からはどのような反論が考えられるか? 欠陥の有無  まず、製造物責任の要件に該当するという原告の主張を否定する反論を行うことが考えられます。  特に、「欠陥」についてはその定義が漠然としていることもあり、原告および被告の双方から「欠陥」の存在を基礎...

村松 頼信弁護士
祝田法律事務所

取引・契約・債権回収

広告・パンフレットの記載に消費者契約法の不当勧誘規制が適用されるか

はじめに 債務不履行責任を問われる可能性はある  上記設例では、オペラの指揮者がX氏であることやX氏が国際的に活躍するオペラ指揮者であること等が公演パンフレットや広告により宣伝されており、顧客としてはX氏が指揮をすることを前提にオペラ公演チケットを購入すると考えられます。  このため、上記設例に...

古川 昌平弁護士
弁護士法人大江橋法律事務所

取引・契約・債権回収

強制執行を行うために必要な債務名義とは

目次 債務名義とは 確定判決もしくは仮執行宣言付判決 執行証書 確定判決と同一の効力を有するもの 執行認諾文言付公正証書の利用にあたっての留意点 公正証書を作成する費用と労力 送達証明書の取得 債務名義とは  履行遅滞となっている債務者からの申出があり、分割弁済を約束していたにもかかわら...

小林 章博弁護士
弁護士法人中央総合法律事務所

取引・契約・債権回収

債権回収における交渉や合意書締結にあたっての留意点

債権回収における交渉の意義  事業を行っていると、商品を納入したにも関わらず、約束の期限に代金を支払ってもらえないというケースが発生することがあります。このような場合、裁判所に訴訟を提起し、法的強制力をもって回収を図るという方法もあります。しかし相手方が支払いをしない理由は、単に相手方の資金繰りが...

小林 章博弁護士
弁護士法人中央総合法律事務所

取引・契約・債権回収

平成28年の消費者契約法改正により新設された過量契約による取消しとは

新設された過量契約の取消権とは・その要件  平成28年5月25日に成立し、同年6月3日に公布された「消費者契約法の一部を改正する法律」(以下この改正法による改正後の消費者契約法を「改正後消費者契約法」といいます)により、 事業者が「勧誘をするに際し」、 契約の目的物の分量、回数または期間(以下...

古川 昌平弁護士
弁護士法人大江橋法律事務所

取引・契約・債権回収

消費者契約法による取消しの対象となる、断定的判断の提供とは

断定的判断の提供による取消しとは何か・その要件  消費者契約法は、 事業者が「勧誘をするに際し」、 「物品、権利、役務その他の当該消費者契約の目的となるものに関し、将来におけるその価額、将来において当該消費者が受け取るべき金額その他の将来における変動が不確実な事項につき」 「断定的判断を提供」...

古川 昌平弁護士
弁護士法人大江橋法律事務所

取引・契約・債権回収