IT・情報セキュリティ

インターネットが普及するにつれて、今まで企業が経験した事がない問題が増えています。ECサイトや、オンラインゲーム、SNS、ウェブメディア、スマホアプリを開発・運用する際の利用規約、オンライン決済、ユーザー間のトラブル、プライバシー保護・著作権の問題など、インターネットを事業の手段として用いる企業が直面するトラブルは次々と発生しています。また、個人情報保護、セキュリティ対策など、一般の事業会社でも注意しなければいけない問題が多々あります。
技術やビジネスモデルの進歩が非常に速く、まだまだ法規制もめまぐるしく変わっていく分野ですが、そうであるからこそ、リスクを過剰に捉えるのではなく、うまくコントロールするために、専門家による解説をご覧ください。

IT・情報セキュリティに詳しい弁護士を探す

IT・情報セキュリティのニュース

もっと見る(610件)

IT・情報セキュリティの特集

データ・オーナーシップがビジネスに与えるインパクト

IoT・ビッグデータ・AIビジネスにおける、個人データの利活用に対する規制

個人データの利活用に対する本人の関与  個人情報を含むビッグデータについても、「データ・オーナーシップ」の考え方に基づいて、個人データとして利活用する場合には、そのオーナーである本人の関与を高めて本人の「納得感」を得ながらデータの利活用を目指すアプローチが提唱され1、個人情報保護法等による法規制への対応や本人のプライ...

福本 洋一弁護士
弁護士法人第一法律事務所 大阪事務所

IT・情報セキュリティ
もっと見る(24件)

IT・情報セキュリティの人気特集

  1. 【連載】データ・オーナーシップがビジネスに与えるインパクト 第4回 IoT・ビッグデータ・AIビジネスにおける、個人データの利活用に対する規制
  2. 【イベントレポート】法務&知財系ライトニングトーク2017 <リーガルテック祭> 〜主催者たちに聞く、リーガルテック普及のために必要なもの〜
  3. 【連載】データ・オーナーシップがビジネスに与えるインパクト 第3回 IoT・ビッグデータ・AIビジネスにおける、データの不正な利活用に対する規制
  4. 2017年6月1日施行、中国インターネット安全法が日系企業に与える影響
  5. ベネッセ個人情報流出事件、最高裁弁論の意義とポイント
  6. 平成29年5月公布、「医療ビッグデータ法」のポイント

IT・情報セキュリティの実務Q&A

業務委託先・提携先での情報持出リスクを低減する方法

 業務委託先や提携先の企業からの情報漏えいには、過失によって漏えいが発生してしまうケースと、提供先の企業による盗用の2つの可能性が考えられます。  前者は提供先の企業の情報管理体制を確認することにより防ぐことになりますが、後者に対してどのような対応をしておくべきでしょうか。本Q&Aではこの点を解説します。 「...

影島 広泰弁護士
牛島総合法律事務所

IT・情報セキュリティ
もっと見る(72件)

IT・情報セキュリティの人気実務Q&A

  1. 業務委託先・提携先での情報持出リスクを低減する方法
  2. サイバーセキュリティのリスクを有価証券報告書で開示する必要があるか
  3. EU一般データ保護規則が改正個人情報保護法に与える影響
  4. 匿名化された個人情報はどのように取り扱うべきか
  5. 利用しなくなった個人データは必ず消去しなければいけないのか
  6. 個人情報保護法改正の経緯と施行時期

IT・情報セキュリティに詳しい弁護士

渡邉 雅之弁護士

弁護士法人三宅法律事務所

  • コーポレート・M&A
  • IT・情報セキュリティ
  • 人事労務
  • 危機管理・コンプライアンス
  • ファイナンス
  • 国際取引・海外進出
  • 訴訟・争訟
  • 不動産
  • 資源・エネルギー
  • ベンチャー
もっと見る(131人)