IT・情報セキュリティ

インターネットが普及するにつれて、今まで企業が経験した事がない問題が増えています。ECサイトや、オンラインゲーム、SNS、ウェブメディア、スマホアプリを開発・運用する際の利用規約、オンライン決済、ユーザー間のトラブル、プライバシー保護・著作権の問題など、インターネットを事業の手段として用いる企業が直面するトラブルは次々と発生しています。また、個人情報保護、セキュリティ対策など、一般の事業会社でも注意しなければいけない問題が多々あります。
技術やビジネスモデルの進歩が非常に速く、まだまだ法規制もめまぐるしく変わっていく分野ですが、そうであるからこそ、リスクを過剰に捉えるのではなく、うまくコントロールするために、専門家による解説をご覧ください。

IT・情報セキュリティに詳しい弁護士を探す

IT・情報セキュリティのニュース

もっと見る(388件)

IT・情報セキュリティの特集

仮想通貨をめぐる法的なポイント

仮想通貨の取引における当事者間の権利関係とトラブルが生じた場合の法的問題点

 取引所を通じて仮想通貨を取引する場合、当事者間にどのような権利関係が発生するのでしょうか。仮想通貨の取引を行う場合に考えられるトラブルや問題点について、具体的に検討します。  なお、以下、本稿においては、分散管理型の仮想通貨の代表である「ビットコイン」を念頭に置いて説明します。 仮想通貨の仕組み  まず、仮想通貨...

影島 広泰弁護士
牛島総合法律事務所

IT・情報セキュリティ
もっと見る(15件)

IT・情報セキュリティの人気特集

  1. 【連載】仮想通貨をめぐる法的なポイント 第2回 仮想通貨の取引における当事者間の権利関係とトラブルが生じた場合の法的問題点
  2. 【連載】仮想通貨をめぐる法的なポイント 第1回 資金決済法の改正に伴う「仮想通貨交換業」の規制とは
  3. 検索結果の削除に最高裁が初の判断 〜判断のポイントと今後の影響は〜
  4. 平成29年5月30日に全面施行、「改正個人情報保護法」のポイント 〜免許証番号や指紋認識データも「個人情報」に〜
  5. 【連載】システム開発において法的なトラブルをどう回避するか? 第1回 システム開発の流れと作成される書面の種類
  6. IoTセキュリティガイドラインの概要と法務面の留意点

IT・情報セキュリティの実務Q&A

従業員の私物の携帯端末を業務に利用する場合の留意点

従業員の私物の携帯端末を業務に使用させてよいのか  私物の携帯端末を業務に使用させるか否かについては、会社によってポリシーが180度違っています。たとえば、情報管理を厳格にするためにこれを厳しく禁じている会社もあれば、なし崩し的に利用されていて今更禁止することが実務的に難しくなっている会社もあります。  そもそも、私...

影島 広泰弁護士
牛島総合法律事務所

IT・情報セキュリティ
もっと見る(58件)

IT・情報セキュリティの人気実務Q&A

  1. 従業員の私物の携帯端末を業務に利用する場合の留意点
  2. 改正個人情報保護法に対応した個人情報委託契約書はどのように作成するべきか
  3. 中小規模事業者は個人情報取扱規程・個人情報保護指針をどのように作成するべきか
  4. 改正個人情報保護法に対応した個人情報保護指針・個人情報取扱規程はどのように作成するべきか
  5. 改正個人情報保護法に対応した匿名加工情報等取扱規程はどのように作成するべきか
  6. 会社・取締役が法的義務を負っている情報セキュリティのレベルとは

IT・情報セキュリティに詳しい弁護士

  • コーポレート・M&A
  • IT・情報セキュリティ
  • 知的財産権・エンタメ
  • 危機管理・コンプライアンス
  • 国際取引・海外進出
  • 訴訟・争訟
  • ベンチャー
もっと見る(120人)