IT・情報セキュリティ

インターネットが普及するにつれて、今まで企業が経験した事がない問題が増えています。ECサイトや、オンラインゲーム、SNS、ウェブメディア、スマホアプリを開発・運用する際の利用規約、オンライン決済、ユーザー間のトラブル、プライバシー保護・著作権の問題など、インターネットを事業の手段として用いる企業が直面するトラブルは次々と発生しています。また、個人情報保護、セキュリティ対策など、一般の事業会社でも注意しなければいけない問題が多々あります。
技術やビジネスモデルの進歩が非常に速く、まだまだ法規制もめまぐるしく変わっていく分野ですが、そうであるからこそ、リスクを過剰に捉えるのではなく、うまくコントロールするために、専門家による解説をご覧ください。

IT・情報セキュリティに詳しい弁護士を探す

IT・情報セキュリティのニュース

もっと見る(755件)

IT・情報セキュリティの特集

リーガル・サイバーセキュリティの最新事情

 今年(2018年)1月、仮想通貨取引所コインチェックは、不正アクセスの疑いにより約580億円分の仮想通貨を流出させ、金融庁は全取引所に管理体制の点検を要請しました1。  また、昨年は、WannaCry(ワナクライ)が世界中で猛威を振るい、国内においても日本を代表する著名な機械メーカー、鉄道会社、自動車メーカー、フー...

櫻庭 信之弁護士
シティユーワ法律事務所

IT・情報セキュリティ
もっと見る(30件)

IT・情報セキュリティの人気特集

  1. 資金決済法の改正に伴う「仮想通貨交換業」の規制とは
  2. 平成29年5月30日に全面施行、「改正個人情報保護法」のポイント 〜免許証番号や指紋認識データも「個人情報」に〜
  3. 仮想通貨の取引における当事者間の権利関係とトラブルが生じた場合の法的問題点
  4. 改正マイナンバー法への対応で押さえておくべき3つの重要ポイント
  5. ベネッセ個人情報流出事件、最高裁弁論の意義とポイント
  6. 2017年6月1日施行、中国インターネット安全法が日系企業に与える影響

IT・情報セキュリティの実務Q&A

システム開発における瑕疵担保責任

瑕疵担保責任とは  請負契約では、請負人が仕事を完成させたあとは、請負人は債務不履行責任を負わないとされており、仕事の目的物に瑕疵がある場合には、瑕疵担保責任の問題として処理されることになります。設例のケースでは、新システムが稼働しており、請負人の仕事は完成していると考えられるので、請負人に対して瑕疵担保責任を追及す...

尾城 亮輔弁護士
桃尾・松尾・難波法律事務所

IT・情報セキュリティ
もっと見る(89件)

IT・情報セキュリティの人気実務Q&A

  1. 請負契約と準委任契約の相違点
  2. 要配慮個人情報とは
  3. 改正個人情報保護法によって設けられた個人識別符号とは?
  4. 改正個人情報保護法でオプトアウトの手続はどう変わったか
  5. マイナンバーに関する書類は本人確認・身分証明書として利用できるか
  6. 「要配慮個人情報」と「金融分野における個人情報保護に関するガイドライン」における機微(センシティブ)情報の取扱いの比較

IT・情報セキュリティに詳しい弁護士

渡邉 雅之弁護士

弁護士法人三宅法律事務所

  • コーポレート・M&A
  • IT・情報セキュリティ
  • 人事労務
  • 危機管理・コンプライアンス
  • ファイナンス
  • 国際取引・海外進出
  • 訴訟・争訟
  • 不動産
  • 資源・エネルギー
  • ベンチャー
もっと見る(138人)