人事労務

人に関するトラブルは企業活動を行ううえで必ず起こる問題です。最近では、マイナンバー、ストレスチェック、派遣法の改正など、対応しなければいけない法改正が多いうえに、女性の活用なども強く求められています。労働時間の管理、時間外・休日労働における賃金の管理、退職・解雇、就業規則の整備、労働・社会保険料の支払いなど、古くから問題となっているテーマでも問題は尽きません。労使双方が納得して働ける環境を作るために、BUSINESS LAWYERSではQ&A、特集、弁護士検索をご用意しています。

人事労務に詳しい弁護士を探す

人事労務のニュース

もっと見る(816件)

人事労務の特集

弁護士から人事へ - 異色の経歴を持つアドビ人事部長

 近年、日本において「女性活躍」という言葉をよく耳にするようになりましたが、数年前から外資系企業などを中心に「ダイバーシティ」という概念が発信されてきました。ダイバーシティという考え方の1つに、女性の管理職への登用など「女性活躍」の考え方が含まれているわけですが、先進企業では、一体どのようにダイバーシティを実践している...

人事労務
もっと見る(7件)

人事労務の人気特集

  1. 弁護士から人事へ - 異色の経歴を持つアドビ人事部長
  2. ブラック企業のリスト公表、弁護士はどう評価するか
  3. 企業の人材育成と雇用
  4. 定年後再雇用をめぐる判決の動向
  5. 社長の辞任にまで及んだ電通の過労自殺事件が示唆すること
  6. 東芝事件から見える従業員のうつ病と労務管理の問題点 〜12年の歳月は何を教えてくれるのか〜

人事労務の実務Q&A

裁判で解雇が無効と判断された場合の対応

原職復帰・就労請求権について  解雇が無効であると判断された場合、解雇時以降も依然として雇用契約上の地位が残存していることを意味しますので、労働者の職場復帰が認められます。  もっとも、労働者の使用者に対する自己を就労させることを請求する権利(就労請求権)については一般的には否定される傾向にあります(読売新聞社事件...

髙木 健至弁護士
ロア・ユナイテッド法律事務所

人事労務
もっと見る(104件)

人事労務の人気実務Q&A

  1. 裁判で解雇が無効と判断された場合の対応
  2. 役員退職金制度の概要と廃止をする場合の留意点
  3. 退職金規程作成のポイント
  4. 退職後の競業避止義務の効力
  5. 退職金制度を変更・廃止するには
  6. 男性社員の育児休暇取得に伴う待遇変更の問題点

人事労務に詳しい弁護士

久保田 淳哉弁護士

EY弁護士法人

  • 人事労務
もっと見る(199人)