人事労務

人に関するトラブルは企業活動を行ううえで必ず起こる問題です。最近では、マイナンバー、ストレスチェック、派遣法の改正など、対応しなければいけない法改正が多いうえに、女性の活用なども強く求められています。労働時間の管理、時間外・休日労働における賃金の管理、退職・解雇、就業規則の整備、労働・社会保険料の支払いなど、古くから問題となっているテーマでも問題は尽きません。労使双方が納得して働ける環境を作るために、BUSINESS LAWYERSではQ&A、特集、弁護士検索をご用意しています。

人事労務に詳しい弁護士を探す

人事労務のニュース

もっと見る(375件)

人事労務の特集

東芝事件から見える従業員のうつ病と労務管理の問題点 12年の歳月は何を教えてくれるのか

(testing / Shutterstock.com)  過重労働が原因でうつ病になったにも関わらず不当に解雇されたとして、東芝の元社員が同社に損害賠償を求めた訴訟の差し戻し後の控訴審判決が8月31日、東京高裁であった。判決は、差し戻し前の高裁判決が認めた賠償額を増額し、東芝に約6000万円の支払いを命じた。  ...

人事労務
もっと見る(2件)

人事労務の人気特集

  1. 東芝事件から見える従業員のうつ病と労務管理の問題点 〜12年の歳月は何を教えてくれるのか〜
  2. 【連載】雇用保険法等の改正のポイントは? 第1回 育児に関する諸制度はどのように改正されたのか

人事労務の実務Q&A

改正障害者雇用促進法の内容と実務上の対応

はじめに  平成25年に、下表の①から⑤を主な改正内容とする「障害者の雇用の促進等に関する法律の一部を改正する法律」(平成25年法律46号)(以下「改正障害者雇用促進法」といいます)が成立しましたが、このうち、事業主の障害者に対する差別の禁止に関する規定(下表の①)、合理的配慮の提供義務に関する規定(下表の②)および...

人事労務
もっと見る(52件)

人事労務の人気実務Q&A

  1. 改正障害者雇用促進法の内容と実務上の対応
  2. 年俸制に賃金制度を変更する場合に注意すべきポイント
  3. 本採用拒否を行う場合の留意点
  4. 業績悪化を理由に賞与を引き下げたり不支給としてもよいか
  5. 労働時間と休憩時間を判断するポイント
  6. 事業場外みなし労働時間制とはどのような制度か

人事労務に詳しい弁護士

外山 照久弁護士

渥美坂井法律事務所・外国法共同事業

  • コーポレート・M&A
  • 人事労務
  • 危機管理・コンプライアンス
  • 競争法・独占禁止法
  • ファイナンス
  • 国際取引・海外進出
  • 訴訟・争訟
  • 税務
  • 不動産
  • 資源・エネルギー
もっと見る(169人)