人事労務

人に関するトラブルは企業活動を行ううえで必ず起こる問題です。最近では、マイナンバー、ストレスチェック、派遣法の改正など、対応しなければいけない法改正が多いうえに、女性の活用なども強く求められています。労働時間の管理、時間外・休日労働における賃金の管理、退職・解雇、就業規則の整備、労働・社会保険料の支払いなど、古くから問題となっているテーマでも問題は尽きません。労使双方が納得して働ける環境を作るために、BUSINESS LAWYERSではQ&A、特集、弁護士検索をご用意しています。

人事労務に詳しい弁護士を探す

人事労務のニュース

もっと見る(420件)

人事労務の特集

定年後再雇用をめぐる判決の動向

 平成24年の高年齢者雇用安定法改正により、定年者の再雇用の措置が各企業で整備されていますが、再雇用者の仕事内容、賃金などの処遇についてはまだまだ手探りであり、待遇に不満を持った社員が会社を訴えるケースも散見されます。  そこで、本稿では定年後再雇用をめぐる判決の動向を整理し、企業がどのような対応をするべきか検討したい...

伊東 亜矢子弁護士
三宅坂総合法律事務所

人事労務
もっと見る(4件)

人事労務の人気特集

  1. 定年後再雇用をめぐる判決の動向
  2. 社長の辞任にまで及んだ電通の過労自殺事件が示唆すること
  3. 東芝事件から見える従業員のうつ病と労務管理の問題点 〜12年の歳月は何を教えてくれるのか〜
  4. 【連載】雇用保険法等の改正のポイントは? 第1回 育児に関する諸制度はどのように改正されたのか

人事労務の実務Q&A

改正労働基準法で新たに義務化が見込まれる有給休暇の強制取得とは

年次有給休暇の強制付与(強制取得)の流れ  「2020年までに有給休暇取得率70%とする」との政府の数値目標が掲げられています(常用労働者数が30人以上の民営企業における、全取得日数/全付与日数(繰越日数を含まない))。  また、改正が予定される労働基準法においては、使用者は、10日以上の年次有給休暇が付与される労働...

大澤 武史弁護士
弁護士法人中央総合法律事務所

人事労務
もっと見る(58件)

人事労務の人気実務Q&A

  1. 改正労働基準法で新たに義務化が見込まれる有給休暇の強制取得とは
  2. 定年後の再雇用者の年休日数は?
  3. パートタイム労働者の正社員への転換を推進する措置
  4. パートタイム労働者の待遇決定で考慮した事項の説明
  5. 派遣先の過半数労働組合等の意見聴取
  6. 平成27年改正労働者派遣法のポイント

人事労務に詳しい弁護士

外山 照久弁護士

渥美坂井法律事務所・外国法共同事業

  • コーポレート・M&A
  • 人事労務
  • 危機管理・コンプライアンス
  • 競争法・独占禁止法
  • ファイナンス
  • 国際取引・海外進出
  • 訴訟・争訟
  • 税務
  • 不動産
  • 資源・エネルギー
もっと見る(173人)