人事労務

人に関するトラブルは企業活動を行ううえで必ず起こる問題です。最近では、マイナンバー、ストレスチェック、派遣法の改正など、対応しなければいけない法改正が多いうえに、女性の活用なども強く求められています。労働時間の管理、時間外・休日労働における賃金の管理、退職・解雇、就業規則の整備、労働・社会保険料の支払いなど、古くから問題となっているテーマでも問題は尽きません。労使双方が納得して働ける環境を作るために、BUSINESS LAWYERSではQ&A、特集、弁護士検索をご用意しています。

人事労務に詳しい弁護士を探す

人事労務のニュース

もっと見る(677件)

人事労務の特集

弁護士から人事へ - 異色の経歴を持つアドビ人事部長

 近年、日本において「女性活躍」という言葉をよく耳にするようになりましたが、数年前から外資系企業などを中心に「ダイバーシティ」という概念が発信されてきました。ダイバーシティという考え方の1つに、女性の管理職への登用など「女性活躍」の考え方が含まれているわけですが、先進企業では、一体どのようにダイバーシティを実践している...

人事労務
もっと見る(7件)

人事労務の人気特集

  1. 弁護士から人事へ - 異色の経歴を持つアドビ人事部長
  2. ブラック企業のリスト公表、弁護士はどう評価するか
  3. 企業の人材育成と雇用
  4. 定年後再雇用をめぐる判決の動向
  5. 社長の辞任にまで及んだ電通の過労自殺事件が示唆すること
  6. 東芝事件から見える従業員のうつ病と労務管理の問題点 〜12年の歳月は何を教えてくれるのか〜

人事労務の実務Q&A

家族を介護中の従業員に転勤を命じてもよいか

配転命令は広く認められてきた 配転命令権  就業規則においては、「会社は、従業員に対し、業務上の都合により、出張、配置転換、転勤を命ずることができる」などといった定めが置かれることが多いと思います。このような規定は一般的に有効と考えられています。このような定めを根拠として、使用者は従業員に対して配転命令を発する権利...

久保田 淳哉弁護士
EY弁護士法人

人事労務
もっと見る(88件)

人事労務の人気実務Q&A

  1. 家族を介護中の従業員に転勤を命じてもよいか
  2. 育児や介護をするパートタイマーも短時間勤務としなければいけないか
  3. 懲戒処分を科すためには法的にどのような点に注意するべきか
  4. 懲戒処分にはどのような種類があるか
  5. 有期契約労働者から育児休業の申し出があった場合の留意点
  6. 管理職も育児介護休業の対象となるか

人事労務に詳しい弁護士

久保田 淳哉弁護士

EY弁護士法人

  • 人事労務
もっと見る(197人)