人事労務

人に関するトラブルは企業活動を行ううえで必ず起こる問題です。最近では、マイナンバー、ストレスチェック、派遣法の改正など、対応しなければいけない法改正が多いうえに、女性の活用なども強く求められています。労働時間の管理、時間外・休日労働における賃金の管理、退職・解雇、就業規則の整備、労働・社会保険料の支払いなど、古くから問題となっているテーマでも問題は尽きません。労使双方が納得して働ける環境を作るために、BUSINESS LAWYERSではQ&A、特集、弁護士検索をご用意しています。

人事労務に詳しい弁護士を探す

人事労務のニュース

もっと見る(1,077件)

人事労務の特集

柔軟な働き方の実現へ向けた座談会

第3回 誰もが働き方を選択できる社会をつくるには 働く時間ではなく仕事の成果で評価する制度へ

平成29年10月から6回にかけて開催された、厚生労働省「柔軟な働き方に関する検討会」は、柔軟な働き方の実現へ向けて、雇用型テレワーク、自営型(非雇用型)テレワーク、副業・兼業といったトピックにつき、その実態や課題の把握、ガイドラインの策定等の検討を行った。 働き方改革が叫ばれる昨今、柔軟な働き方を...

人事労務
もっと見る(16件)

人事労務の人気特集

  1. 定年後再雇用をめぐる判決の動向
  2. 働き方改革の主人公は誰か 〜副業の解禁には社員の自主性が不可欠〜
  3. LGBTと企業のコンプライアンス、社会的責任を果たすために必要なこと
  4. 東芝事件から見える従業員のうつ病と労務管理の問題点 〜12年の歳月は何を教えてくれるのか〜
  5. 柔軟な働き方と副業・兼業の解禁 〜モデル就業規則を踏まえて企業に求められる対応とは〜
  6. 企業側と働く側から見た「働き方改革」の本質 〜企業にとって必要となる法務対応とは〜

人事労務の実務Q&A

同一労働同一賃金の動向を踏まえた制度設計の考え方

同一労働同一賃金をめぐる動向  働き方改革の一環として、非正規社員(有期雇用労働者、パート労働者、派遣労働者)と正規社員(無期雇用フルタイム労働者)との間の均等・均衡待遇の確保を図ろうとする同一労働同一賃金の改革が進められています。2016年12月20日、「同一労働同一賃金ガイドライン案」が策定され、2017年9月1...

岩出 誠弁護士
ロア・ユナイテッド法律事務所

人事労務
もっと見る(134件)

人事労務の人気実務Q&A

  1. 懲戒処分にはどのような種類があるか
  2. 36協定(さぶろく協定)とは ~36協定で締結した時間を超えた場合はどうすればよいか~
  3. 改正労働基準法で新たに義務化が見込まれる有給休暇の強制取得とは
  4. 「時間単位年休」の導入における注意点
  5. 有期労働契約の更新・雇止めに関する留意点について
  6. 会社は従業員の減給を自由に行うことができるのか

人事労務に詳しい弁護士

岩出 誠弁護士

ロア・ユナイテッド法律事務所

  • 人事労務
もっと見る(210人)