人事労務

人に関するトラブルは企業活動を行ううえで必ず起こる問題です。最近では、マイナンバー、ストレスチェック、派遣法の改正など、対応しなければいけない法改正が多いうえに、女性の活用なども強く求められています。労働時間の管理、時間外・休日労働における賃金の管理、退職・解雇、就業規則の整備、労働・社会保険料の支払いなど、古くから問題となっているテーマでも問題は尽きません。労使双方が納得して働ける環境を作るために、BUSINESS LAWYERSではQ&A、特集、弁護士検索をご用意しています。

人事労務に詳しい弁護士を探す

人事労務のニュース

もっと見る(505件)

人事労務の特集

企業の人材育成と雇用

 リストラクチャリングは事業構造の再編であるが、投資家からはそれに伴う人件費削減の施策としても評価されるそうだ。経営者にとっては苦渋の選択であろう。財務上の数値が短期的には改善されるだろうが、一方やり方を誤れば従業員の士気は高まらず結果的には生産性が必ずしも向上しない。更には優秀な人材の流出につ...

大津 克彦
宝印刷グループ 株式会社ディスクロージャー&IR総合研究所

人事労務
もっと見る(6件)

人事労務の人気特集

  1. 企業の人材育成と雇用
  2. 平成28年の各種基準等の改正を含む下請法強化の流れと企業における対応のポイント
  3. 定年後再雇用をめぐる判決の動向
  4. 社長の辞任にまで及んだ電通の過労自殺事件が示唆すること
  5. 東芝事件から見える従業員のうつ病と労務管理の問題点 〜12年の歳月は何を教えてくれるのか〜
  6. 【連載】雇用保険法等の改正のポイントは? 第1回 育児に関する諸制度はどのように改正されたのか

人事労務の実務Q&A

セクハラの判断基準と企業が対応するべきこと

※本QAの凡例は以下のとおりです。 雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保等に関する法律:男女雇用機会均等法 「事業主が職場における性的な言動に起因する問題に関して雇用管理上講ずべき措置についての指針」(平成18年厚生労働省告示第615号):指針 「改正雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保等に...

鎌倉 一輝弁護士
三宅坂総合法律事務所

人事労務
もっと見る(78件)

人事労務の人気実務Q&A

  1. セクハラの判断基準と企業が対応するべきこと
  2. 職場におけるマタニティハラスメントとは
  3. 育児休業期間中の給与の支払いについて
  4. 育児介護休業は年休計算でどのような扱いとなるか
  5. 妻が産休・育休を取った場合、夫は育休を取れるか
  6. 育児休業で無給の時の社会保険料の取扱い

人事労務に詳しい弁護士

外山 照久弁護士

渥美坂井法律事務所・外国法共同事業

  • コーポレート・M&A
  • 人事労務
  • 危機管理・コンプライアンス
  • 競争法・独占禁止法
  • ファイナンス
  • 国際取引・海外進出
  • 訴訟・争訟
  • 税務
  • 不動産
  • 資源・エネルギー
もっと見る(197人)