知的財産権・エンタメ

知的財産権の分野は特許、著作権、意匠、商標、不正競争防止など関連する分野が幅広い上に、侵害訴訟、審決取消訴訟等の訴訟を起こされることによって、事業に深刻なダメージを与える可能性があります。また、エンタメ法務の分野でもグローバル化とITの普及によってコンテンツ保護のあり方、スポーツビジネスの展開も大きく変化しています。
最近では特許法や著作権法などの改正や、TPPの影響もあり、企業内での対応にも変化が見えています。BUSINESS LAWYERSでは知的財産・エンタメ分野での実績が豊富な弁護士のプロフィールや、最新の動向を踏まえた解説が充実しています。

知的財産権・エンタメに詳しい弁護士を探す

知的財産権・エンタメのニュース

もっと見る(1,017件)

知的財産権・エンタメの特集

特許権侵害訴訟に企業はどう向き合うか

特許権侵害訴訟の事前準備・交渉の実務

事前準備の重要性  特許権侵害訴訟は、侵害行為を発見してもすぐに提起できるものではなく、事前に入念な準備が必要です。さらに、事前準備で検討した結果、訴訟前の交渉を行った方がよいと判断される場合には、特許権者から相手方への警告や交渉を経ることになります。実務的には、多くの場合に訴訟前の交渉が行われています。  特許権...

藤田 知美弁護士
弁護士法人イノベンティア

知的財産権・エンタメ
もっと見る(23件)

知的財産権・エンタメの人気特集

  1. 【連載】特許権侵害訴訟に企業はどう向き合うか 第2回 特許権侵害訴訟の事前準備・交渉の実務
  2. ヤマハがJASRACを提訴 - 音楽教室での演奏は聞かせる目的?教育目的?
  3. 【連載】ストーリーでわかる特許制度の全体像 第3回 世界一わかりやすい!?特許になるまでの道のり
  4. 【連載】特許権侵害訴訟に企業はどう向き合うか 第1回 特許権侵害を巡る紛争の全体像
  5. 2016年米国特許重要判例が実務に与える影響 〜Halo Electronics, Inc. 対 Pulse Electronics, Inc. 最高裁判決後のリスク回避策〜
  6. 「色彩のみからなる商標」を企業が活用するために知っておきたいポイント

知的財産権・エンタメの実務Q&A

海外で会社名や商品名を勝手に商標出願された場合の対応は(冒認商標対策)

商標権の重要性  企業の名前や商品名など、「のれん」として需要者からの信頼の対象となる大切な「名前」が、商標です。通常、企業においては、事業活動をするにあたって、自社のこうした名前を商標登録していることが多いと思います。  もし、商標登録していなかった場合は、模倣品等が出てきたとしても、適切に対応することができませ...

田中 雅敏弁護士
明倫国際法律事務所

知的財産権・エンタメ
もっと見る(60件)

知的財産権・エンタメの人気実務Q&A

  1. 海外で会社名や商品名を勝手に商標出願された場合の対応は(冒認商標対策)
  2. 米国における特許侵害の警告状を受け取った場合の初動対応
  3. 米国特許侵害訴訟の流れ
  4. 新聞記事をコピーして社内で利用することの問題点
  5. テレビ番組の映像や歌をCMに利用するときの権利処理
  6. チャリティコンサートでも著作権使用料を支払う必要があるか

知的財産権・エンタメに詳しい弁護士

  • コーポレート・M&A
  • IT・情報セキュリティ
  • 知的財産権・エンタメ
  • 国際取引・海外進出
  • 訴訟・争訟
もっと見る(209人)