知的財産権・エンタメ

知的財産権の分野は特許、著作権、意匠、商標、不正競争防止など関連する分野が幅広い上に、侵害訴訟、審決取消訴訟等の訴訟を起こされることによって、事業に深刻なダメージを与える可能性があります。また、エンタメ法務の分野でもグローバル化とITの普及によってコンテンツ保護のあり方、スポーツビジネスの展開も大きく変化しています。
最近では特許法や著作権法などの改正や、TPPの影響もあり、企業内での対応にも変化が見えています。BUSINESS LAWYERSでは知的財産・エンタメ分野での実績が豊富な弁護士のプロフィールや、最新の動向を踏まえた解説が充実しています。

知的財産権・エンタメに詳しい弁護士を探す

知的財産権・エンタメのニュース

もっと見る(760件)

知的財産権・エンタメの特集

「侵害コンテンツへのリンクは著作権侵害」とのEU判決 「表現の自由」への制約が懸念されるEU著作権法の最新動向

 2016年9月8日、欧州連合(EU)司法裁判所は、男性誌「Playboy」に掲載予定だった未公開の写真を閲覧できるウェブサイトへのリンクを、別のメディアが許可なく掲載したことに対して、著作権侵害にあたると判決を下した。これまで、ウェブサイトのリンクは著作権侵害にあたらないと判断されてきたため、今回のEU司法裁判所の判...

中川 隆太郎弁護士
骨董通り法律事務所

知的財産権・エンタメ
もっと見る(14件)

知的財産権・エンタメの人気特集

  1. 「侵害コンテンツへのリンクは著作権侵害」とのEU判決 〜「表現の自由」への制約が懸念されるEU著作権法の最新動向〜
  2. 2016年のヒット映画から考えるエンタテインメントと契約の現在
  3. 平成27年特許法改正を踏まえた職務発明制度構築のポイント
  4. 「なりすまされない権利」は認められるのか? 〜SNSでのなりすまし行為、裁判所による「アイデンティティ権」の解釈は〜
  5. 写真をめぐる著作権のトラブルをどう防ぐか? 〜写真を利用する企業と写真家が知っておきたい法律上の注意点〜
  6. JASRACへの排除措置命令確定、放送と音楽を巡る著作権管理はどう変わるのか?

知的財産権・エンタメの実務Q&A

著作権侵害とわかった商品を保管しても大丈夫か

みなし侵害行為とは 著作権法に定める行為  著作権法では複製権や譲渡権などの個々の著作権(支分権)に該当する行為が侵害行為となりますが、個々の著作権に該当しない一定の行為について著作権侵害行為とみなすという規定があります。これをみなし侵害行為といいます。これらは著作権を直接侵害する行為ではないものの、直接侵害行為を...

桑野 雄一郎弁護士
骨董通り法律事務所

知的財産権・エンタメ
もっと見る(43件)

知的財産権・エンタメの人気実務Q&A

  1. 著作権侵害とわかった商品を保管しても大丈夫か
  2. 退職した社員が作成した資料を使っても著作権の問題はないか
  3. 意匠登録制度とは
  4. 商品形態模倣に該当する場合とは
  5. 立体商標登録ができる場合とは
  6. 商品の形態を保護するための方法は

知的財産権・エンタメに詳しい弁護士

  • コーポレート・M&A
  • 知的財産権・エンタメ
  • 国際取引・海外進出
  • 訴訟・争訟
もっと見る(178人)