知的財産権・エンタメ

知的財産権の分野は特許、著作権、意匠、商標、不正競争防止など関連する分野が幅広い上に、侵害訴訟、審決取消訴訟等の訴訟を起こされることによって、事業に深刻なダメージを与える可能性があります。また、エンタメ法務の分野でもグローバル化とITの普及によってコンテンツ保護のあり方、スポーツビジネスの展開も大きく変化しています。
最近では特許法や著作権法などの改正や、TPPの影響もあり、企業内での対応にも変化が見えています。BUSINESS LAWYERSでは知的財産・エンタメ分野での実績が豊富な弁護士のプロフィールや、最新の動向を踏まえた解説が充実しています。

知的財産権・エンタメに詳しい弁護士を探す

知的財産権・エンタメのニュース

もっと見る(1,754件)

知的財産権・エンタメの特集

個々人のライフスタイルに合った働き方で最大のパフォーマンスを - 弁護士法人イノベンティア

将来弁護士として法律事務所への入所を考えている方の就職活動は、例年司法試験が終わる6月以降に本格化します。 BUSINESS LAWYERSでは、学生の皆さまに、今後の進路を検討する上で参考にしていただくために、日本の企業法務をリードする法律事務所の弁護士をお招きした就職合同説明会を6月6日(水...

知的財産権・エンタメ
もっと見る(41件)

知的財産権・エンタメの人気特集

  1. 裁判例から見る 企業が犯しやすい著作権侵害
  2. 特許をとると、どういう権利を行使できるのか?
  3. 写真をめぐる著作権のトラブルをどう防ぐか? 〜写真を利用する企業と写真家が知っておきたい法律上の注意点〜
  4. 平成27年特許法改正を踏まえた職務発明制度構築のポイント
  5. AIビジネスと特許戦略
  6. 「サイト・ブロッキングは日本でも適法」と米国弁護士、著作権侵害サイトへの対策となるか

知的財産権・エンタメの実務Q&A

先使用による法定通常実施権とは

先使用権とは  特許法は、同一の発明をした人が複数いる場合について、最初に出願した人に特許を与える先願主義を採用しています(特許法39条1項)。そのため、同時期に同じ発明をしていたとしても、他の発明者が先に出願すると特許を取得できなくなります。また、先に出願した人に特許査定がなされ、特許が登録されると、単に特許を得ら...

飯島 歩弁護士
弁護士法人イノベンティア 東京事務所

知的財産権・エンタメ
もっと見る(118件)

知的財産権・エンタメの人気実務Q&A

  1. 新聞記事をコピーして社内で利用することの問題点
  2. キャラクターと著作権の関係
  3. 著作権を侵害した場合、どのような罰則があるか
  4. 特許とはどのような制度か
  5. 特許を受けられる発明とは(特許要件)
  6. 著作権の基本(2)二次利用する際に注意すべき点

知的財産権・エンタメに詳しい弁護士

  • IT・情報セキュリティ
  • 人事労務
  • 知的財産権・エンタメ
  • 危機管理・コンプライアンス
  • 競争法・独占禁止法
  • 訴訟・争訟
  • 不動産
もっと見る(234人)