知的財産権・エンタメ

知的財産権の分野は特許、著作権、意匠、商標、不正競争防止など関連する分野が幅広い上に、侵害訴訟、審決取消訴訟等の訴訟を起こされることによって、事業に深刻なダメージを与える可能性があります。また、エンタメ法務の分野でもグローバル化とITの普及によってコンテンツ保護のあり方、スポーツビジネスの展開も大きく変化しています。
最近では特許法や著作権法などの改正や、TPPの影響もあり、企業内での対応にも変化が見えています。BUSINESS LAWYERSでは知的財産・エンタメ分野での実績が豊富な弁護士のプロフィールや、最新の動向を踏まえた解説が充実しています。

知的財産権・エンタメに詳しい弁護士を探す

知的財産権・エンタメのニュース

もっと見る(809件)

知的財産権・エンタメの特集

任天堂がマリカーに損害賠償などを求める訴訟、著作権侵害は認められるか? 「見て見ぬふり」だったコスプレ一般に影響する可能性も

(Jirat Teparaksa / Shutterstock.com)  任天堂株式会社は2月24日、株式会社マリカーに対して、不正競争行為および著作権侵害行為の差止と、損害賠償を求める訴訟を東京地方裁判所に提起した。任天堂は、同社が製造販売するレースゲームシリーズ「マリオカート」の略称である「マリカー」という標章...

福井 健策弁護士
骨董通り法律事務所

知的財産権・エンタメ
もっと見る(17件)

知的財産権・エンタメの人気特集

  1. 任天堂がマリカーに損害賠償などを求める訴訟、著作権侵害は認められるか? 〜「見て見ぬふり」だったコスプレ一般に影響する可能性も〜
  2. 【連載】AI、IoTに関連したビジネスにおける特許戦略 第2回 IoTビジネスと特許戦略
  3. 【連載】AI、IoTに関連したビジネスにおける特許戦略 第1回 AIビジネスと特許戦略
  4. 「侵害コンテンツへのリンクは著作権侵害」とのEU判決 〜「表現の自由」への制約が懸念されるEU著作権法の最新動向〜
  5. 2016年のヒット映画から考えるエンタテインメントと契約の現在
  6. 平成27年特許法改正を踏まえた職務発明制度構築のポイント

知的財産権・エンタメの実務Q&A

外部のデザイナーが作成したデザインの著作権をすべて買い取るときの注意点

著作者はデザイナー  外部のデザイナーに依頼をした場合、著作者すなわち「著作物を創作する者」(著作権法2条1項2号)は実際にデザインをしたデザイナーですから、そのデザイナーが著作者人格権および著作権を取得します(著作権法17条1項)。著作権法のこの規定は契約で変更することのできない規定(強硬法規)で、たとえ本件で「著...

桑野 雄一郎弁護士
骨董通り法律事務所

知的財産権・エンタメ
もっと見る(47件)

知的財産権・エンタメの人気実務Q&A

  1. 外部のデザイナーが作成したデザインの著作権をすべて買い取るときの注意点
  2. 権利者が不明な著作物を利用したい 〜裁定制度とは〜
  3. 著作権フリーの素材をカタログに使う場合の注意点
  4. 録画した映像を自社ウェブサイトに掲載する場合の問題点
  5. 著作権侵害とわかった商品を保管しても大丈夫か
  6. 退職した社員が作成した資料を使っても著作権の問題はないか

知的財産権・エンタメに詳しい弁護士

  • コーポレート・M&A
  • 知的財産権・エンタメ
  • 国際取引・海外進出
  • 訴訟・争訟
もっと見る(200人)