知的財産権・エンタメ

知的財産権の分野は特許、著作権、意匠、商標、不正競争防止など関連する分野が幅広い上に、侵害訴訟、審決取消訴訟等の訴訟を起こされることによって、事業に深刻なダメージを与える可能性があります。また、エンタメ法務の分野でもグローバル化とITの普及によってコンテンツ保護のあり方、スポーツビジネスの展開も大きく変化しています。
最近では特許法や著作権法などの改正や、TPPの影響もあり、企業内での対応にも変化が見えています。BUSINESS LAWYERSでは知的財産・エンタメ分野での実績が豊富な弁護士のプロフィールや、最新の動向を踏まえた解説が充実しています。

知的財産権・エンタメに詳しい弁護士を探す

知的財産権・エンタメのニュース

もっと見る(1,124件)

知的財産権・エンタメの特集

特許権侵害訴訟に企業はどう向き合うか

裁判所の選択・管轄と訴訟にあたって必要な費用

裁判所の選択と管轄 裁判所の選択  国内における特許権に関する紛争のうち、訴額が140万円を超える事件については、地方裁判所が管轄を有します。そして、これらの地方裁判所に係属する特許権に関する紛争については、知財紛争の専門部を擁する東京地方裁判所(民事第29部、第40部、第46部および第47部の4か部)および大阪地...

松下 外弁護士
弁護士法人イノベンティア 東京事務所

知的財産権・エンタメ
もっと見る(25件)

知的財産権・エンタメの人気特集

  1. 【連載】特許権侵害訴訟に企業はどう向き合うか 第4回 裁判所の選択・管轄と訴訟にあたって必要な費用
  2. 【連載】特許権侵害訴訟に企業はどう向き合うか 第3回 訴訟を提起する際に検討するべきこと
  3. 【連載】特許権侵害訴訟に企業はどう向き合うか 第2回 特許権侵害訴訟の事前準備・交渉の実務
  4. ヤマハがJASRACを提訴 - 音楽教室での演奏は聞かせる目的?教育目的?
  5. 【連載】ストーリーでわかる特許制度の全体像 第3回 世界一わかりやすい!?特許になるまでの道のり
  6. 【連載】特許権侵害訴訟に企業はどう向き合うか 第1回 特許権侵害を巡る紛争の全体像

知的財産権・エンタメの実務Q&A

米国特許訴訟における弁護士費用の敗訴者負担とは

米国特許法における弁護士費用に関する規定  米国特許法285条は、特許訴訟における弁護士費用の負担について「例外的場合において、裁判所は、勝訴者による合理的な弁護士費用の回復を認めることができる」(The court in exceptional cases may award reasonable attorney...

山内 真之弁護士
アンダーソン・毛利・友常法律事務所

知的財産権・エンタメ
もっと見る(71件)

知的財産権・エンタメの人気実務Q&A

  1. 米国特許訴訟における弁護士費用の敗訴者負担とは
  2. 米国特許訴訟における懲罰的損害賠償とは
  3. 動的意匠制度とは
  4. 秘密意匠制度とは
  5. 著作権の登録制度とは
  6. 米国特許訴訟における差止めと損害賠償

知的財産権・エンタメに詳しい弁護士

  • コーポレート・M&A
  • IT・情報セキュリティ
  • 知的財産権・エンタメ
  • 国際取引・海外進出
  • 訴訟・争訟
もっと見る(210人)