知的財産権・エンタメ

知的財産権の分野は特許、著作権、意匠、商標、不正競争防止など関連する分野が幅広い上に、侵害訴訟、審決取消訴訟等の訴訟を起こされることによって、事業に深刻なダメージを与える可能性があります。また、エンタメ法務の分野でもグローバル化とITの普及によってコンテンツ保護のあり方、スポーツビジネスの展開も大きく変化しています。
最近では特許法や著作権法などの改正や、TPPの影響もあり、企業内での対応にも変化が見えています。BUSINESS LAWYERSでは知的財産・エンタメ分野での実績が豊富な弁護士のプロフィールや、最新の動向を踏まえた解説が充実しています。

知的財産権・エンタメに詳しい弁護士を探す

知的財産権・エンタメのニュース

もっと見る(909件)

知的財産権・エンタメの特集

特許権侵害訴訟に企業はどう向き合うか

特許権侵害を巡る紛争の全体像

特許権侵害を巡る紛争の特質と注意点  特許権侵害を巡る紛争には、以下のような特質があります。 技術知識のほか、法律面でも専門的知識を必要とする。 対応に関係する者が多数にのぼることが多い。 複数の手続が同時並行で行われることがある。 国際的な紛争に拡大することもある。  これらはいずれもコストや業務負担に...

飯島 歩弁護士
弁護士法人イノベンティア 東京事務所

知的財産権・エンタメ
もっと見る(20件)

知的財産権・エンタメの人気特集

  1. 【連載】特許権侵害訴訟に企業はどう向き合うか 第1回 特許権侵害を巡る紛争の全体像
  2. 2016年米国特許重要判例が実務に与える影響 〜Halo Electronics, Inc. 対 Pulse Electronics, Inc. 最高裁判決後のリスク回避策〜
  3. 「色彩のみからなる商標」を企業が活用するために知っておきたいポイント
  4. 任天堂がマリカーに損害賠償などを求める訴訟、著作権侵害は認められるか? 〜「見て見ぬふり」だったコスプレ一般に影響する可能性も〜
  5. 【連載】AI、IoTに関連したビジネスにおける特許戦略 第2回 IoTビジネスと特許戦略
  6. 【連載】AI、IoTに関連したビジネスにおける特許戦略 第1回 AIビジネスと特許戦略

知的財産権・エンタメの実務Q&A

著作物にあたらないものの種類と、利用をする際の注意点

著作物とは  著作権法上、著作物とは、「(1)思想または感情を(2)創作的に(3)表現したものであって(4)文芸、学術、美術または音楽の範囲に属するもの」と定義されています(著作権法2条1項1号)。ここで言う「創作性」とは高度な芸術性や独創性まで要求するものではなく、創作者の何らかの個性が発揮されている程度で良いとさ...

唐津 真美弁護士
骨董通り法律事務所

知的財産権・エンタメ
もっと見る(54件)

知的財産権・エンタメの人気実務Q&A

  1. 著作物にあたらないものの種類と、利用をする際の注意点
  2. 著作物の保護期間と保護期間が満了した著作物の利用
  3. 部分意匠制度とは
  4. 組物の意匠制度とは
  5. 関連意匠制度とは
  6. 海外取引や投資に必要な商標と知的財産戦略の基本

知的財産権・エンタメに詳しい弁護士

  • コーポレート・M&A
  • 知的財産権・エンタメ
  • 国際取引・海外進出
  • 訴訟・争訟
もっと見る(205人)