すべての実務Q&A

1〜10件を表示 95

海外展開でどうやって良いビジネスパートナーと巡り合うか

現地パートナーの必要性  外国でビジネスを展開する際に、その国の企業と合弁して会社を設立したり(ジョイントベンチャー)、販売代理店になってもらったり、製品のメンテナンスやロジスティックを任せる協力会社になってもらったりということは、しばしば必要となるところです。  もちろん、独資の会社(自社の1...

田中 雅敏弁護士
明倫国際法律事務所

知的財産権・エンタメ

農業、漁業のブランド戦略と知的財産 ~商標、地域団体商標と地理的表示(GI)制度~

ブランド保護の必要性  日本の農林水産品の海外展開は、「日本の安心・安全な食」の高い評価とともに、飛躍的に拡大しています。しかしながら、それに伴って、模倣品や類似品などに関する、様々な問題が発生しています。  たとえば、「鹿児島和牛」「北海道ホタテ」「夕張メロン」などの偽物が海外で出回っていたとい...

田中 雅敏弁護士
明倫国際法律事務所

知的財産権・エンタメ

特許権を侵害された場合の対処法

相手方の製品の分析  特許権の侵害可能性のある製品がある場合には、できればその製品を入手して分析する必要があります。ただし、実際には入手できない製品もありますので、その場合には、カタログやパンフレット、ウェブサイトなどその製品の内容が記載または推測できる資料を収集する必要があります。  近時では...

高橋 元弘弁護士
潮見坂綜合法律事務所

知的財産権・エンタメ

特許権や実施権の承継に関する留意点

 設例は、特許権および実施権の移転について、事業承継の場面と絡めたものです。  近時、日本では大小様々なM&Aが活発に行われていますが、たとえば対象会社が保有する知的財産がそのM&Aの主たる目的である場合等、知的財産権を確実に移転させることが極めて重要です。そして、知的財産権、特に特...

吉羽 真一郎弁護士
潮見坂綜合法律事務所

知的財産権・エンタメ

特許ライセンス契約の留意点

特許ライセンスの意義・種類  特許のライセンス(実施の許諾)とは、特許権者が、特許発明を自ら実施するのではなく、他の者に対して特許発明を実施する権原を与えることをいいます。  特許法は、特許のライセンスについて、専用実施権(特許法77条)と通常実施権(特許法78条)という2種類の実施権制度を用意し...

吉羽 真一郎弁護士
潮見坂綜合法律事務所

知的財産権・エンタメ

共同著作になる要件

共同著作物とは 共同著作物の定義  著作権法上、2人以上の者が共同して創作した著作物であり、その各創作者の著作物に対する寄与分を分離して個別的に利用することができないものは、「共同著作物」とされています(著作権法2条1項12号)。  共同著作物となるための要件は(1)共同で創作したこと(2)分離...

唐津 真美弁護士
骨董通り法律事務所

知的財産権・エンタメ

著作物をデータベース化する際に注意すべき侵害行為

編集著作物とは  雑誌や新聞、または百科事典のように、多くの記事や項目がまとめられている編集物については、掲載されている個々の記事や項目の著作権の他に、編集物全体の保護の有無についても注意する必要があります。編集物の中でも「素材の選択又は配列によって創作性を有するもの」は、編集著作物と...

唐津 真美弁護士
骨董通り法律事務所

知的財産権・エンタメ

自社製品デザインと類似した他社製品を見つけた場合の対応

意匠権の効力  意匠権者は、業として登録意匠およびこれに類似する意匠の実施をする権利を専有するとされており(意匠法23条)、他人が登録意匠・類似意匠の実施を行うことは、意匠権侵害に該当します。  意匠の「実施」とは、意匠に係る物品を製造し、使用し、譲渡し、貸し渡し、輸出し、もしくは輸入し、または...

藤田 知美弁護士
弁護士法人イノベンティア

知的財産権・エンタメ

映像コンテンツ制作における原作のライセンス契約時に留意すべきポイント

映像コンテンツに関する契約とは  映像コンテンツに関する契約と一言で言っても、たとえば、今回のような映像コンテンツを制作するにあたっての原作の権利保有者との間で締結する使用許諾契約(ライセンス契約)もあれば、できあがった映像コンテンツをベースにした商品化のためのライセンス契約など多岐にわたります。...

氏家 優太弁護士
青山綜合法律事務所

知的財産権・エンタメ

デザイン会社やデザイナーが仕事を受ける場合に注意すべきポイント

デザインとは  デザインには、プロダクトデザイン、グラフィックデザイン、ウェブデザイン、空間デザイン等々、実にさまざまなものが含まれています。それぞれのデザインの分野によってクライアント(ないし広告代理店等)の委託者も違えば他の関係者や商流もまったく異なります。  そのため、細かい点でいえばそれぞ...

氏家 優太弁護士
青山綜合法律事務所

知的財産権・エンタメ
コンテンツの更新情報、法改正、重要判例をもう見逃さない!メールマガジン配信中!無料会員登録はこちらから