すべての実務Q&A

1〜10件を表示 131

特許発明を実施している第三者に対するライセンシーの請求手段とは

特許発明の実施権(ライセンス)とは  特許発明の実施権とは、特許権者から妨げられることなく特許発明を実施する権利をいいます。特許権者は、特許発明を業として実施する権利を専有するため(特許法68条本文)、特許権者以外の第三者は、原則として特許発明を実施することができなくなります。その例外として、第三...

松下 外弁護士
弁護士法人イノベンティア 東京事務所

知的財産権・エンタメ

特許権侵害紛争の解決手段とは

特許権侵害紛争の解決手段の種類  特許権侵害を巡って利用される定番の手続は、特許権侵害訴訟と特許無効審判ですが、それ以外にも、税関申立て、刑事告訴、仲裁等の利用も考えられます。その概要は次表のとおりです。 法的手続の種類 手続の内容 備考...

松下 外弁護士
弁護士法人イノベンティア 東京事務所

知的財産権・エンタメ

特許権の存続期間延長登録とは

特許権の存続期間延長登録制度とは 特許権の存続期間延長登録制度  特許権は、一般的には、①自らが特許発明を実施する権利(実施権、または、積極的効力)と、②他者による実施を排除することができる権利(禁止権、または、消極的効力)から成るといわれています。  しかしながら、医薬や農薬等の発明は、特許...

松下 外弁護士
弁護士法人イノベンティア 東京事務所

知的財産権・エンタメ

延長登録された特許権の効力の及ぶ範囲

延長された特許権の効力  特許法67条の3の定める特許権の存続期間の延長登録(以下「延長登録」といいます)の拒絶事由がなく、延長登録された特許権の範囲については、特許法68条の2が定めています(特許権の存続期間延長登録制度とその拒絶事由については「特許権の存続期間延長登録とは」を参照)。 特許...

松下 外弁護士
弁護士法人イノベンティア 東京事務所

知的財産権・エンタメ

特許法上の審決等取消訴訟の概要と法的性質

審決等取消訴訟とは  特許制度における審決等取消訴訟とは、審決取消訴訟と決定取消訴訟の総称です。これらの訴訟のうち、審決取消訴訟とは、特許審判における審決について不服を申し立てる訴訟のことをいいます。もう一つの決定取消訴訟とは、特許異議申立てにおける取消決定に対する訴訟のほか、異議申立書、審判請求...

飯島 歩弁護士
弁護士法人イノベンティア 東京事務所

知的財産権・エンタメ

審決等取消訴訟の審理

審決等取消訴訟の審理対象  特許制度における審決等取消訴訟とは、審決取消訴訟と決定取消訴訟の総称です。その概要については、「特許法上の審決等取消訴訟の概要と法的性質」を参照ください。  審決等取消訴訟の審理対象は、処分の違法性一般、すなわち、審決や決定の内容的または手続的な瑕疵全般です。逆にいう...

飯島 歩弁護士
弁護士法人イノベンティア 東京事務所

知的財産権・エンタメ

審決等取消訴訟の提起と訴訟要件

審決等取消訴訟の管轄  特許制度における審決等取消訴訟とは、審決取消訴訟と決定取消訴訟の総称です。その法的性質については、当事者系審判の審決取消訴訟について争いがあるものの、その実質において抗告訴訟であるとの理解が一般的になっています。詳細については、「特許法上の審決等取消訴訟の概要と法的性質」を...

飯島 歩弁護士
弁護士法人イノベンティア 東京事務所

知的財産権・エンタメ

審決等を取り消す判決の効力

取消判決とは  特許制度における審決等取消訴訟とは、審決取消訴訟と決定取消訴訟の総称です。その概要については、「特許法上の審決等取消訴訟の概要と法的性質」を参照ください。  裁判所は、審決等取消訴訟が提起された場合において、請求に理由があると認めたときは、特許庁の審決等を取り消す判決をします(特...

飯島 歩弁護士
弁護士法人イノベンティア 東京事務所

知的財産権・エンタメ

特許ライセンスの実施料の定めに関する独占禁止法上の注意点

特許ライセンスの実施料とは  特許ライセンスにおける実施料とは、特許ライセンスを与えられたライセンシーが、ライセンサーに対し、ライセンスの対価として支払う金銭をいいます。ロイヤルティと呼ばれることもあります。実施料について特許法には特に規定はなく、その額や支払い方法などは基本的に当事者の合意によっ...

町野 静弁護士
弁護士法人イノベンティア 東京事務所

知的財産権・エンタメ

特許ライセンスの実施料とライセンス契約上の定め方

実施料とは  特許ライセンスにおける実施料とは、特許ライセンスを与えられたライセンシーが、ライセンサーに対し、ライセンスの対価として支払う金銭をいいます。ロイヤルティと呼ばれることもあります。  企業間取引としてライセンス契約が締結される場合、実施料の支払いが定められるのが一般的です。相互に特許...

町野 静弁護士
弁護士法人イノベンティア 東京事務所

知的財産権・エンタメ