事業再生・倒産

BUSINESS LAWYERSに掲載されている弁護士は、大型事業再生・倒産案件から、地方中小企業の事業再生案件まで幅広い経験を有しています。また、私的整理手続や法的倒産手続において、債務者企業側・債権者側・スポンサーなど様々なステークホルダーの代理人という立場で、事件処理方針に関わっています。このような経験を踏まえて、ステークホルダー間の交渉、手続の進め方、デュー・ディリジェンス、スポンサー選定、各種契約書の作成、人事労務対応など、あらゆる局面・立場から多面的に弁護士が解説を行っています。

事業再生・倒産に詳しい弁護士を探す

事業再生・倒産のニュース

もっと見る(61件)

事業再生・倒産の特集

債権者から見た民事再生手続 ―民事再生手続における商取引債権の弁済―(下)

はじめに  本稿は、「商取引の相手方である会社が民事再生手続を申し立てた場合に、自社の商取引債権は民事再生手続によらずに弁済を受けることができるのか」という点について前後半の2回にわたり解説しています。  前回( 債権者から見た民事再生手続―民事再生手続における商取引債権の弁済―(上) )は、再生債権の弁済制限、事業...

大竹 たかし弁護士
シティユーワ法律事務所

事業再生・倒産
もっと見る(2件)

事業再生・倒産の人気特集

  1. 債権者から見た民事再生手続 ―民事再生手続における商取引債権の弁済―(下)
  2. 債権者から見た民事再生手続―民事再生手続における商取引債権の弁済―(上)

事業再生・倒産の実務Q&A

取引先が倒産した場合、どのような情報を収集するべきか

取引先の倒産は突然やってくる  日常的に取引をしていても、取引先の倒産は何の拍子もなく突然に訪れるのが通常です。そして、取引先の倒産を知った時点では、取引先から回収していない売掛金が残っていたり、これから商品を納品する予定があったりすることも、よくあります。このような場合、適切かつ迅速に対応しないと、回収し得るものも...

山田 晃久弁護士
弁護士法人中央総合法律事務所

事業再生・倒産
もっと見る(19件)

事業再生・倒産の人気実務Q&A

  1. 取引先が倒産した場合、どのような情報を収集するべきか
  2. 取引先から再生計画案への賛成要請があった場合の対応
  3. 民事再生手続における担保権の処理
  4. ゴルフ場が民事再生手続を申し立てた場合の留意点
  5. 法的倒産手続と賃貸借契約
  6. 民事再生手続の開始と相殺の処理

事業再生・倒産に詳しい弁護士

大島 義孝弁護士

アンダーソン・毛利・友常法律事務所

  • コーポレート・M&A
  • 事業再生・倒産
  • 危機管理・コンプライアンス
  • 訴訟・争訟
もっと見る(183人)