すべての特集

1〜10件を表示 12

実効性のある内部通報制度の運用に向けて

第4回 内部通報制度の検証の必要性

内部通報制度の検証とは  第1回は「内部通報制度とは」と題して、内部通報制度の意義・目的である「リスクの早期発見・早期対応」について言及しました。第2回では、「内部通報制度において企業が抱える問題点・課題」と題して、規程と実態の乖離について考え、第3回では、2016年12月9日に消費者庁が公表した...

新飯田 悦孝
株式会社エス・ ピー・ネットワーク

危機管理・コンプライアンス

実効性のある内部通報制度の運用に向けて

第3回 内部通報制度を構築するためのポイント

内部通報ガイドライン  第1回は「内部通報制度とは」と題して、内部通報制度の意義・目的である「リスクの早期発見・早期対応」について言及しました。第2回では、「内部通報制度において企業が抱える問題点・課題」と題して、規程と実態の乖離について考えました。今回は、2016年12月9日に消費者庁が公表した...

新飯田 悦孝
株式会社エス・ ピー・ネットワーク

危機管理・コンプライアンス

実効性のある内部通報制度の運用に向けて

第2回 内部通報制度において企業が抱える問題点・課題

消費者庁アンケートとSPNアンケート  第1回は「内部通報制度とは」と題して、内部通報制度の意義・目的について考えました。今回は、今年(2017年)1月に消費者庁、消費者制度課が公表した「平成28年度 民間事業者における内部通報制度の実態調査」(以下、「消費者庁アンケート」)と株式会社エス・ピー・...

新飯田 悦孝
株式会社エス・ ピー・ネットワーク

危機管理・コンプライアンス

実効性のある内部通報制度の運用に向けて

第1回 内部通報制度とは

はじめに  昨年(2016年)で公益通報者保護法の施行から10年が経過し、同年12月9日には消費者庁消費者制度課から「公益通報者保護法を踏まえた内部通報制度の整備・運用に関する民間事業者向けガイドライン」(以下、「内部通報ガイドライン」)が公表されました。同法の施行前から内部通報窓口を設置してきた...

新飯田 悦孝
株式会社エス・ ピー・ネットワーク

危機管理・コンプライアンス

「肝心な真因の究明がなされなかった」– 久保利弁護士が語るDeNA第三者委員会に足りない視点

 昨年、DeNAのキュレーション事業において、著作権法および薬機法等の法令に違反する可能性がある記事や、内容が不適切な記事が作成・公開されていたことが大きな問題となった件で、3月13日に、同社が設置した第三者委員会による調査報告書(「調査報告書(キュレーション事業に関する件)」)が公表されました。こ...

久保利 英明弁護士
日比谷パーク法律事務所

危機管理・コンプライアンス

東日本大震災から6年 改めてBCPについて考える(下)

 平成23年3月11日に発生した東日本大震災。あれからまもなく6年目を迎える。最近も東日本大震災の余震と思われる強い地震が発生し、福島原発事故の影響も依然として続いている。  また、平成28年4月14日に発生した熊本地震では、前震、本震ともに震度7を記録した。被災地では依然として震災の爪あとが残って...

西尾 晋
株式会社エス・ ピー・ネットワーク

危機管理・コンプライアンス

東日本大震災から6年 改めてBCPについて考える(上)

 平成23年3月11日に発生した東日本大震災。あれから6年、最近も東日本大震災の余震と思われる強い地震が発生し、福島原発事故の影響も依然として続いている。  南海トラフ地震や首都直下地震の発生確率が高まる中、企業での防災対策・BCP強化対策も着々と進められている。株式会社エス・ピー・ネットワークで...

西尾 晋
株式会社エス・ ピー・ネットワーク

危機管理・コンプライアンス

【連載】金融機関を中心とした反社会的勢力への対応 第3回 反社会的勢力との契約関係の解消

はじめに  本連載では、金融機関を中心とした反社会的勢力への対応について、「反社会的勢力と個人情報保護法における開示」、「反社会的勢力との和解」、「反社会的勢力との契約解消」という3つの場面を想定してリレー形式でそれぞれ論じていく。  第1回は「個人情報保護法における開示」について、前回は「反社会...

本行 克哉弁護士
弁護士法人中央総合法律事務所

危機管理・コンプライアンス

金融機関を中心とした反社会的勢力への対応

第2回 反社会的勢力との和解

はじめに  本連載では、金融機関を中心とした反社会的勢力への対応について、「反社会的勢力と個人情報保護法における開示」、「反社会的勢力との和解」、「反社会的勢力との契約解消」という3つの場面を想定してリレー形式でそれぞれ論じていく。前回は、「個人情報保護法における開示」について解説を行った。  第...

古川 純平弁護士
弁護士法人中央総合法律事務所

危機管理・コンプライアンス

三菱自動車の燃費不正問題、元検察官の目にはどう映ったか

(写真:Arseniy Krasnevsky / Shutterstock.com)  三菱自動車で発覚した燃費不正問題は業界再編、社長の退陣へとつながり、新聞、TVなどのメディアで大きく報じられた。  一連の報道の中で大きくクローズアップされたのは、企業の姿勢だ。三菱自動車は2000年代に2件...

早川 真崇弁護士
渥美坂井法律事務所・外国法共同事業

危機管理・コンプライアンス
コンテンツの更新情報、法改正、重要判例をもう見逃さない!メールマガジン配信中!無料会員登録はこちらから