競争法・独占禁止法

独占禁止法、景品表示法、下請法など、非常に難解な法律が関係し、違反となった時のリスクが大きいのが競争法・独身禁止法の分野です。現場主導で事業を進める事によって、リスクを見落としてしまうケースも多く見られます。BUSINESS LAWYERSでは、専門分野での経験を有する弁護士による解説が充実しています。法務担当の方のみならず、営業など事業部門の方とも情報を共有いただき、適法な事業運営にお役立てください。

競争法・独占禁止法に詳しい弁護士を探す

競争法・独占禁止法のニュース

もっと見る(282件)

競争法・独占禁止法の特集

その発注で大丈夫?フリーランスも独禁法の対象に 公取委初の判断で働く環境は改善されるか

「人材と競争政策に関する検討会」報告書、公表の経緯  平成30年2月15日、公正取引委員会が、有識者で構成される検討会の報告書、「人材と競争政策に関する検討会」報告書(以下、「本報告書」といいます)を公表しました。今後、同報告書で示された考え方を、独占禁止法の運用上の指針とすることが明らかになって...

柏田 剛介弁護士
明倫国際法律事務所 東京事務所

競争法・独占禁止法
もっと見る(12件)

競争法・独占禁止法の人気特集

  1. アマゾンが求めた「協力金」は優越的地位の濫用にあたるのか
  2. 独禁法上問題となり得る流通段階の取引行為とは?
  3. 公正取引委員会がアマゾンに立ち入り検査を行った理由 〜MFN条項と拘束条件付き取引の問題点〜
  4. 平成28年の各種基準等の改正を含む下請法強化の流れと企業における対応のポイント
  5. 28年4月スタート!景品表示法の課徴金制度 ―気を付けたい不当表示と実務での対応―
  6. 公取による異例の注意 キヤノンによる東芝メディカルシステムズの株式取得は一体何が問題だったのか?

競争法・独占禁止法の実務Q&A

公正取引委員会による独占禁止法違反事件の調査はどのように行われるのか

公正取引委員会による行政調査  公正取引委員会がカルテル等の独占禁止法違反事件について排除措置命令や課徴金納付命令を行うか否かを判断するために行う調査は「行政調査」 1と呼ばれます。公正取引委員会は、行政調査を実施するため、主に以下の1-1から1-3の権限を認められています(独占禁止法47条1項)。 立入検査 (...

宮本 聡弁護士
弁護士法人大江橋法律事務所

競争法・独占禁止法
もっと見る(40件)

競争法・独占禁止法の人気実務Q&A

  1. 下請事業者に対する代金はいつまでに支払う必要があるか(支払遅延の禁止)
  2. 独占禁止法で禁止されている「不当な取引制限」とは~カルテル・入札談合を中心に~
  3. 同業他社との間で行う情報交換が違法になる場合とは
  4. 下請法で禁止されている「買いたたき」とは
  5. 独占禁止法違反になり得る行為を特定する、競争回避と競争者排除という視点
  6. 二重価格表示で景品表示法違反とならないために(不当表示)

競争法・独占禁止法に詳しい弁護士

山口 拓郎弁護士

弁護士法人大江橋法律事務所

  • コーポレート・M&A
  • 事業再生・倒産
  • 危機管理・コンプライアンス
  • 競争法・独占禁止法
もっと見る(190人)