競争法・独占禁止法

独占禁止法、景品表示法、下請法など、非常に難解な法律が関係し、違反となった時のリスクが大きいのが競争法・独身禁止法の分野です。現場主導で事業を進める事によって、リスクを見落としてしまうケースも多く見られます。BUSINESS LAWYERSでは、専門分野での経験を有する弁護士による解説が充実しています。法務担当の方のみならず、営業など事業部門の方とも情報を共有いただき、適法な事業運営にお役立てください。

競争法・独占禁止法に詳しい弁護士を探す

競争法・独占禁止法のニュース

もっと見る(249件)

競争法・独占禁止法の特集

データビジネス時代に「公正な競争」はどうあるべきか

 近年、多様なデータを収集し保有することが、企業の競争力を生むようになりました。グーグルやFacebook、アマゾンなどの米国企業を中心に、データを利活用してビジネスを有利に展開する企業が加速的に増えつつあります。  このような状況下で、競争法上の問題が生ずる事態が発生しています。たとえば、欧州連合(EU)欧州委員会...

鮫島 正洋弁護士
弁護士法人内田・鮫島法律事務所

競争法・独占禁止法
もっと見る(9件)

競争法・独占禁止法の人気特集

  1. データビジネス時代に「公正な競争」はどうあるべきか
  2. 欧州委員会がサンリオを調査、EU競争法の概要と企業への影響
  3. 新日鉄住金の技術流出で元従業員と和解成立 問われる個人の責任
  4. 平成28年の各種基準等の改正を含む下請法強化の流れと企業における対応のポイント
  5. 三菱自動車に課徴金納付命令が行われた理由 〜施行後初の事例に学ぶ企業対応のポイント〜
  6. 公正取引委員会がアマゾンに立ち入り検査を行った理由 〜MFN条項と拘束条件付き取引の問題点〜

競争法・独占禁止法の実務Q&A

業務提携が不当な取引制限となる場合

業務提携における不当な取引制限の問題の所在  不当な取引制限(独占禁止法3条後段)といえば、カルテルや入札談合を真っ先に思い浮かべる方が多いかもしれません。それは、公正取引委員会が「不当な取引制限」として取り上げる事件の大多数がカルテルや入札談合であることの影響ではないかと思います。しかし、不当な取引制限は、広く競争...

小田 勇一弁護士
弁護士法人大江橋法律事務所

競争法・独占禁止法
もっと見る(34件)

競争法・独占禁止法の人気実務Q&A

  1. 業務提携が不当な取引制限となる場合
  2. 独占禁止法違反となる共同研究開発後の拘束条件付取引とは
  3. 独占禁止法で禁止されている「優越的地位の濫用」とは
  4. 不公正な取引方法(抱き合わせ販売)が問題となる場合
  5. 独占禁止法が定める企業結合規制とは
  6. 独占禁止法違反になり得る行為を特定する、競争回避と競争者排除という視点

競争法・独占禁止法に詳しい弁護士

山口 拓郎弁護士

弁護士法人大江橋法律事務所

  • コーポレート・M&A
  • 事業再生・倒産
  • 危機管理・コンプライアンス
  • 競争法・独占禁止法
もっと見る(181人)