競争法・独占禁止法

独占禁止法、景品表示法、下請法など、非常に難解な法律が関係し、違反となった時のリスクが大きいのが競争法・独身禁止法の分野です。現場主導で事業を進める事によって、リスクを見落としてしまうケースも多く見られます。BUSINESS LAWYERSでは、専門分野での経験を有する弁護士による解説が充実しています。法務担当の方のみならず、営業など事業部門の方とも情報を共有いただき、適法な事業運営にお役立てください。

競争法・独占禁止法に詳しい弁護士を探す

競争法・独占禁止法のニュース

もっと見る(207件)

競争法・独占禁止法の特集

新日鉄住金の技術流出で元従業員と和解成立 問われる個人の責任

 新日鉄住金の製造技術が韓国の鉄鋼大手ポスコに流出していた問題で、新日鉄住金と元従業員側が和解したと4月18日に報じられた。  新日鉄住金は元従業員とポスコによる営業秘密の不正取得・使用が不正競争防止法違反にあたるとして提訴し、営業秘密の使用差し止めや損害賠償などを求めており、ポスコとは2015年に和解していたが、元従...

荒川 雄二郎弁護士
弁護士法人北浜法律事務所

競争法・独占禁止法
もっと見る(7件)

競争法・独占禁止法の人気特集

  1. 新日鉄住金の技術流出で元従業員と和解成立 問われる個人の責任
  2. 平成28年の各種基準等の改正を含む下請法強化の流れと企業における対応のポイント
  3. 三菱自動車に課徴金納付命令が行われた理由 〜施行後初の事例に学ぶ企業対応のポイント〜
  4. 公正取引委員会がアマゾンに立ち入り検査を行った理由 〜MFN条項と拘束条件付き取引の問題点〜
  5. 公取による異例の注意 キヤノンによる東芝メディカルシステムズの株式取得は一体何が問題だったのか?
  6. 28年4月スタート!景品表示法の課徴金制度 ―気を付けたい不当表示と実務での対応―

競争法・独占禁止法の実務Q&A

景品表示法で規制される「表示」とは

景品表示法上の「表示」の意義  景品表示法における「表示」とは、顧客を誘引するための手段として(顧客誘引手段)、事業者が自己の供給する商品又は役務の内容又は取引条件その他これらの取引に関する事項について行う広告その他の表示であって(取引関係事項)、内閣総理大臣が指定するもの、を意味します(景品表示法2条4項)。...

山田 真吾弁護士
弁護士法人大江橋法律事務所

競争法・独占禁止法
もっと見る(24件)

競争法・独占禁止法の人気実務Q&A

  1. 景品表示法で規制される「表示」とは
  2. 景品表示法の規制を受ける「不当表示の主体」とは
  3. 優良誤認表示として規制されるのはどのような表示か
  4. 広告で「No.1」と表示をする場合にどのような調査が必要か
  5. 表示の裏付けとなる資料の提出を求められた場合にどう対応するか(不実証広告規制)
  6. 強調表示で景品表示法違反とならないために注意することは

競争法・独占禁止法に詳しい弁護士

山口 拓郎弁護士

弁護士法人大江橋法律事務所

  • コーポレート・M&A
  • 事業再生・倒産
  • 危機管理・コンプライアンス
  • 競争法・独占禁止法
もっと見る(184人)