ファイナンス

企業が活動を行うためには、円滑な資金調達を行うことが必須となります。このようなファイナンス分野においては、金融商品取引法、銀行法、信託業法、投信法、保険業法、貸金業法、出資法、資金決済法など、数多くの規制関連法に加え、社債・株式等振替法等の関連法令や、金融商品取引所・証券業協会等の諸規則、金融庁その他の行政庁の策定するガイドライン等にも留意する必要があります。 これらの法規制は、非常に高度で複雑であるため、ファイナンス法に特化した専門家のアドバイスは不可欠となります。
また、近時においては、金融関連法制の施行・改正のスピードが著しく、規制の内容もより詳細なものになっており、さらには、Fintech、仮装通貨などの新たな分野も注目されつつあります。
BUSINESS LAWYERSでは最新の金融関連実務の解説に加え、ファイナンス法に通暁した実務経験豊富な弁護士のプロフィールを掲載しています。

ファイナンスに詳しい弁護士を探す

ファイナンスのニュース

もっと見る(3,126件)

ファイナンスの特集

ロボアドバイザーをめぐる海外の規制動向

ロボアドバイザーの法的性質については「ロボアドバイザーとAIファンド 現状と今後の展望」をご覧ください。 米国での規制動向 2017年2月、米国証券取引委員会(SEC)の投資顧問局(Division of Investment Management)は、ロボアドバイザー業者向けのガイダンス(...

三宅 章仁弁護士
アンダーソン・毛利・友常法律事務所

ファイナンス
もっと見る(26件)

ファイナンスの人気特集

  1. 改正割賦販売法について企業が押さえておきたいポイント
  2. 改正保険業法によって保険商品の販売勧誘規制はどう変わったか?
  3. 信託の基本的構造と機能
  4. 信託スキームの新たな潮流 自己信託の制度・機能、活用例は
  5. アセット・マネジメントとは? 〜資産運用と投資の世界〜
  6. 最近のインサイダー取引における課徴金等の事例について 〜平成28年度の勧告件数は過去最高の43件〜

ファイナンスの実務Q&A

ICOで調達する際の留意点

ICO調達に関する法的解釈  ICOの際に、発行されるトークンは、発行段階では、これを使って「物品を購入」したり、「役務の提供」を受けるために「不特定の者に対して使用することができ」(資金決済法2条5項1号。いわゆる1号仮想通貨)ないはずですし、このトークンを他の仮想通貨に交換することもできないはずです(資金決済法2...

小笠原 匡隆弁護士
法律事務所ZeLo

ファイナンス
もっと見る(40件)

ファイナンスの人気実務Q&A

  1. インサイダー情報となる重要事実とは
  2. 金融商品取引法(日本版SOX法)に基づく内部統制システム構築義務について
  3. 金融アンバンドリングとは
  4. 公開買付けが強制される取引
  5. インサイダー取引の適用対象者
  6. インサイダー取引規制の適用除外取引

ファイナンスに詳しい弁護士

酒井 俊和弁護士

アンダーソン・毛利・友常法律事務所

  • コーポレート・M&A
  • 事業再生・倒産
  • ファイナンス
  • 国際取引・海外進出
  • 不動産
  • 資源・エネルギー
もっと見る(301人)