すべての特集

1〜10件を表示 20

YouTuberヒカル氏のVALU売却騒動、利用規約改定でトラブルは防げるか

(出典:株式会社VALUのウェブサイト)  本年8月15日、個人の価値(VALU)をネット上で取引するサービス「VALU」において、人気YouTuberヒカル氏や、所属事務所の顧問などの関係者による「売り逃げ」騒動が発生。騒動は運営会社による売買注文のキャンセルやヒカル氏らによるVALUの買戻し、...

山田 晃久弁護士
弁護士法人中央総合法律事務所

ファイナンス

未来投資戦略 2017 - Society 5.0 の実現に向けた改革 - 「稼ぐ力」の強化(コーポレートガバナンス改革)

※本記事は、三菱UFJ信託銀行が発行している「証券代行ニュース No.141」の「特集」の内容を転載したものです。 未来投資戦略 2017 - Society 5.0 の実現に向けた改革 -  6月9日、「未来投資戦略 2017 - Society 5.0 の実現に向けた改革 - 」が閣議決定...

ファイナンス

改正割賦販売法について企業が押さえておきたいポイント

クレジットカードの現状、改正に至る経緯 クレジットカードの社会インフラ化  今日、我が国におけるクレジットカードの発行枚数は、平成28年3月末日現在で、約2億6600万枚に上り、成人人口比でいえば、1人あたり2.5枚のカードを保有していることになる。  また、クレジットカードの信用供与額について...

右崎 大輔弁護士
片岡総合法律事務所

ファイナンス

ファイナンス法の基礎

第5回 金融規制法 レギュレーションと呼ばれる世界

※本連載は、「ファイナンス法- 金融法の基礎と先端金融取引のエッセンス」(商事法務、2016)のダイジェスト版です。本文中、「本書」とはこちらの書籍のことを指します。 金融規制法 金融規制の意義  ファイナンス法は、金融取引法、金融規制法およびこれと関連する金融経済学の一定のテーマにより構成さ...

酒井 俊和弁護士
アンダーソン・毛利・友常法律事務所

ファイナンス

ファイナンス法の基礎

第4回 アセット・マネジメントとは? 資産運用と投資の世界

※本連載は、「ファイナンス法- 金融法の基礎と先端金融取引のエッセンス」(商事法務、2016)のダイジェスト版です。本文中、「本書」とはこちらの書籍のことを指します。 投資ファンドとアセット・マネジメント・ビジネス 投資ファンドとは?  投資ファンドとは、投資家から資金を集め、集めた資金を企業...

酒井 俊和弁護士
アンダーソン・毛利・友常法律事務所

ファイナンス

ファイナンス法の基礎

第3回 ストラクチャード・ファイナンス / アセット・ファイナンスとは? ファンド / SPVを利用した資金調達

※本連載は、「ファイナンス法- 金融法の基礎と先端金融取引のエッセンス」(商事法務、2016)のダイジェスト版です。本文中、「本書」とはこちらの書籍のことを指します。 ストラクチャード・ファイナンス / アセット・ファイナンスとは?  第3回連載では、(a)コーポレート・ファイナンス(参照:「第...

酒井 俊和弁護士
アンダーソン・毛利・友常法律事務所

ファイナンス

ファイナンス法の基礎

第2回 コーポレート・ファイナンスとは? デットとエクイティの区別を踏まえて

※本連載は、「ファイナンス法- 金融法の基礎と先端金融取引のエッセンス」(商事法務、2016)のダイジェスト版です。本文中、「本書」とはこちらの書籍のことを指します。  コーポレート・ファイナンスやデットとエクイティの区別については、「第1回 ファイナンス法とは?」でも簡単な説明を行ったが、今回は...

酒井 俊和弁護士
アンダーソン・毛利・友常法律事務所

ファイナンス

ファイナンス法の基礎

第1回 ファイナンス法とは? ファイナンスと法とのコラボレーション

はじめに - 連載にあたり  本連載は、拙著「ファイナンス法- 金融法の基礎と先端金融取引のエッセンス」(商事法務、2016)のダイジェスト版である。本書は、大手法律事務所や金融実務の先端で取り扱われているファイナンス法とその実務全体を一冊の本にまとめたものであるが、他方で、多数の図表を利用したこ...

酒井 俊和弁護士
アンダーソン・毛利・友常法律事務所

ファイナンス

保険商品の販売勧誘に関する最新動向 「コミッションバイアス」、「フィデューシャリー・デューティー」を踏まえた特定保険契約の代理店手数料の自主的開示とは

 保険商品の販売勧誘に関し、「コミッションバイアス」の問題や代理店手数料開示の必要性については、従来から議論されてきたものです。これらについて、近時、平成26年の保険業法改正(平成26年5月30日公布、平成28年5月29日に施行)や、金融庁が打ち出している顧客本位の業務運営(フィデューシャリー・デュ...

錦野 裕宗弁護士
弁護士法人中央総合法律事務所

ファイナンス

役員によるインサイダー取引の実態 情報伝達者としてインサイダーに関与した割合は約3割 - 証券代行ニュース

※本記事は、三菱UFJ信託銀行が発行している「証券代行ニュース No.134」の「特集」の内容を転載したものです。 【特集】役員によるインサイダー取引の未然防止について  平成27年6月~平成28年5月の間に、金融商品取引法(以下、「金商法」といいます)で規制されている会社関係者による未公表の重...

ファイナンス