すべての実務Q&A

1〜10件を表示 43

銀行法上の電子決済等代行業の定義

電子決済等代行業の適用範囲の実務上の例については「銀行法上の電子決済等代行業に該当するケース」、電子決済等代行業を営むにあたってのルールの概要については「電子決済等代行業者に課される規制の概要」をご参照ください。  電子決済等代行業については、以下の2つの行為類型が定められています(番号は筆者...

高松 志直弁護士
弁護士法人片岡総合法律事務所

ファイナンス

銀行法上の電子決済等代行業に該当するケース

電子決済等代行業制度の法令上の類型については「銀行法上の電子決済等代行業の定義」、電子決済等代行業を営むにあたってのルールについては「電子決済等代行業者に課される規制の概要」をご参照ください。  どのようなケースが電子決済等代行業に該当するのかに関し、銀行法改正に関するパブリックコメント(金融...

高松 志直弁護士
弁護士法人片岡総合法律事務所

ファイナンス

電子決済等代行業者に課される規制の概要

電子決済等代行業制度の法令上の類型については「銀行法上の電子決済等代行業の定義」、電子決済等代行業の適用範囲や規制の概要については「銀行法上の電子決済等代行業に該当するケース」をご参照ください。 登録制  「電子決済等代行業は、内閣総理大臣の登録を受けた者でなければ、営むことができない」もの...

高松 志直弁護士
弁護士法人片岡総合法律事務所

ファイナンス

ICOで調達する際の留意点

ICO調達に関する法的解釈  ICOの際に、発行されるトークンは、発行段階では、これを使って「物品を購入」したり、「役務の提供」を受けるために「不特定の者に対して使用することができ」(資金決済法2条5項1号。いわゆる1号仮想通貨)ないはずですし、このトークンを他の仮想通貨に交換することもできないは...

小笠原 匡隆弁護士
法律事務所ZeLo

ファイナンス

ICOを行うにあたって法律上必要な登録等について

 人から財産的価値を集めるといった行為については、種々の金融規制が課されているところであり、しっかりと規制を理解しておく必要があります。検討すべき論点としては、資金決済法と金融商品取引法があります。 ICOの実施にあたり「仮想通貨交換業」の登録は必要か  平成29年4月1日に施行された改正資金決...

小笠原 匡隆弁護士
法律事務所ZeLo

ファイナンス

再生可能エネルギー・プロジェクトとプロジェクト・ファイナンス

プロジェクト・ファイナンスとは  プロジェクト・ファイナンスとは、①特定のプロジェクト(事業)に対するファイナンスであって、②そのファイナンスの利払いおよび返済の原資を当該プロジェクト(事業)から生み出されるキャッシュフロー/収益に限定し、③そのファイナンスの担保をもっぱら当該プロジェクトの資産に...

酒井 俊和弁護士
アンダーソン・毛利・友常法律事務所

ファイナンス

仮想通貨取引所サービスへ参入する場合に留意するべき資金決済に関する規制

仮想通貨交換業とは  事業者が利用者に仮想通貨の売買や交換を目的とするサービスを提供する場合、仮想通貨を取り扱うというサービスの特性を考慮して、資金決済法に基づく仮想通貨交換業としての規制の適用を受けることになります。  この仮想通貨交換業については、「次に掲げる行為のいずれかを業として行うこと...

高松 志直弁護士
弁護士法人片岡総合法律事務所

ファイナンス

不動産証券化、航空機ファイナンス、シップファイナンスとアセット・ファイナンス

アセット・ファイナンスとは  アセット・ファイナンスとは、特定の資産およびそこから生じるキャッシュフローを責任財産とするファイナンス手法です。アセット・ファイナンスは、一般的には、特定の資産のみを責任財産とし、オリジネーターやスポンサーなどに訴求できないノンリコース・ファイナンスの一種です。(狭義...

酒井 俊和弁護士
アンダーソン・毛利・友常法律事務所

ファイナンス

メザニン・ファイナンスにおけるメザニン(劣後)ローンのポイント

メザニン・ファイナンスとは メザニン・ファイナンスの定義  ファイナンスにおいて、優先劣後構造上、上位層のシニア債務には劣後するものの、下位層の普通株式には優先するものをメザニンといい、メザニンを利用したファイナンスをメザニン・ファイナンスといいます。メザニンは、デットとエクイティの複合的な性質...

酒井 俊和弁護士
アンダーソン・毛利・友常法律事務所

ファイナンス

コーポレート・ファイナンスにおけるシンジケート・ローンの仕組みについて

ローンとは ローンとは  ローンとは、貸付人が借入人に対して貸付金を交付し、借入人は貸付人に対し、一定の期日までに貸付金と同額の金銭(元本)を返還する取引をいいます。貸付人と借入人のローンに関する契約をローン契約といいます。民法上の金銭消費貸借契約は要物契約であり、貸付金が交付された時点で初めて...

酒井 俊和弁護士
アンダーソン・毛利・友常法律事務所

ファイナンス