「顧客管理」に関する「対応が期待される事項」および「先進的な取組み事例」

ファイナンス

 マネー・ローンダリング、テロ資金供与対策における「顧客管理」に関して、「対応が期待される事項」および「先進的な取組み事例」について教えてください。

 「顧客管理」に関する「対応が期待される事項」および「先進的な取組み事例」としては、顧客リスク格付を導入することや、実地調査を行うこと等が掲げられています。

解説

顧客管理に関する「対応が期待される事項」、「先進的な取組み事例」

 マネー・ローンダリング及びテロ資金供与対策に関するガイドラインでは「顧客管理」に関する「対応が期待される事項」および「先進的な取組み事例」として、顧客リスク格付を導入することや、実地調査を行うこと等が掲げられています。

対応が期待される事項

 対応が期待される事項は以下の2点です。  

  1. 商品・サービス、取引形態、国・地域、顧客属性等に対する自らのマネロン・テロ資金供与リスクの評価の結果を総合し、顧客ごとに、リスクの高低を客観的に示す指標(顧客リスク格付)を導入し、これを随時見直していくこと
  2. 顧客の営業実態、所在等が取引の態様等に照らして不明瞭であるなどのリスクが高い取引等について、必要に応じ、取引開始前または多額の取引等に際し、例えば、顧客やその実質的支配者との直接の面談、営業拠点がない場合における実地調査等、追加的な措置を講ずること

先進的な取組み事例

 先進的な取組み事例は以下の3点です。

  1. 継続的な顧客管理について、以下のように、自らのリスク評価結果に基づいて個別顧客のリスクを定量的・類型的に捉えてリスク格付を付与し、特にリスクの高い顧客については定期的な接触の頻度を高めるなど、リスクの高低に応じ適切な継続的顧客管理を行っている事例。具体的には、顧客リスク格付に関し、商品・サービス、取引形態、国・地域、顧客属性等についてのリスク評価の結果を総合・定量化してモデル化し、当該モデルを自社システムに組み込んで、顧客受入れ時や顧客情報変更の都度、機動的にリスク格付を付与することとしている。その上で、リスクが高い顧客に対しては、取引モニタリングシステムによる異常取引検知の敷居値を下げる、外部データ等を活用し、不芳情報の確認の頻度を増加させるなど、実態に応じたリスクの低減に努めている。加えて、定期的に質問状を発送する、場合によっては往訪・面談を行うなどにより、当初の取引目的と現在の取引実態との齟齬等を確認している。

  2. 顧客のリスク格付について、それを算定するモデルやシステムが全社的なリスクの特定・評価の結果を適切に反映しているか、リスク格付の判定結果が個々の顧客のリスクを適切に示しているか、リスク格付に対応する低減措置がリスクに見合った適切なものであるかなどの視点から、ITとマネロン・テロ資金供与対策の双方の知見を有する管理部門内の専門チームが定期的に検証するなどにより、顧客リスク格付を通じた顧客管理の実効性を高めている事例。

  3. 外国PEPs について、外国PEPs に該当する旨やその地位・職務、離職後の経過期間、取引目的等について照会し、その結果や居住地域等を踏まえて、一般の顧客リスク格付を更に細分化した外国PEPs リスク格付を導入・付与し、当該格付に応じて各顧客の調査範囲や頻度等を調整するなど、外国PEPs に対し、マネロン・テロ資金供与リスクの程度に応じて、よりきめ細かい継続的顧客管理を実施している事例。

関連する実務Q&A

無料会員登録で
リサーチ業務を効率化

90秒で登録完了

無料で会員登録する