中田 裕人弁護士

なかだ ひろひと

柴田・鈴木・中田法律事務所

パートナー

  • IT・情報セキュリティ
  • 知的財産権・エンタメ
  • 国際取引・海外進出
  • 訴訟・争訟
言語
  • 英語
弁護士登録年 2001年

経歴

  • 1999年3月

    東京大学法学部卒業
  • 2001年10月

    司法修習修了(54期) 弁護士登録(第一東京弁護士会) 長島・大野・常松法律事務所入所
  • 2007年6月

    米国University of Washington, School of Law卒業(LL.M. in Intellectual Property Law and Policy)
  • 2007年9月

    米国Kirkland & Ellis法律事務所勤務
  • 2008年9月

    米国Kirkland & Ellis法律事務所退所
  • 2008年10月

    長島・大野・常松法律事務所復帰
  • 2014年12月

    柴田・鈴木・中田法律事務所開設、同パートナー就任

過去の案件

  • 書籍出版差止等請求訴訟(著作権侵害・原告側)
  • 実用新案権侵害訴訟(被告側)
  • ドメイン名紛争に関する訴訟案件(不正競争防止法・権利者側)
  • 米国における特許侵害訴訟(被告側)
  • アニメーション実写化ライセンスに関する紛争案件(米国における調停事件・ライセンサー側)

言語

  • 英語 (ビジネスレベル)

執筆した記事

著作・論文

  • 論文

    2015年9月

    「「応用美術」は著作物と認められるか? 知的財産高等裁判所平成27年4月14日判決を受けて」(Business Law Journal、No.90)
  • 著作

    2015年7月

    『事業をサポートする知的財産実務マニュアル』(中央経済社)<共著>
  • 論文

    2013年5月

    「判例研究(9) 特許法第102条第2項の適用要件-知的財産高等裁判所特別部平成25年2月1日判決(平成24年(ネ)第10015号特許権侵害差止等本訴、損害賠償反訴請求控訴事件)-」(知財研フォーラム、Vol.93)<共著>
  • 論文

    2011年11月

    「日本出願人の海外での競争力強化のための国際的な制度・運用の在り方について」(特技懇、No.263)<共著>

弁護士を探す

詳細検索する