渡邉 弘志弁護士の執筆した記事一覧

1〜3件を表示 3

第2回 J-REIT買収の留意事項と買収の対応策

J-REIT買収の留意事項 導管性要件の喪失  J-REITにおいては、租税特別措置法(以下「措置法」という)67条の15第1項に定める一定の要件(以下「導管性要件」という)を満たした場合、課税所得の計算上、投資主へ支払う配当等の額を損金に算入することができる。これにより、J-REITの投資主は...

井上 正範弁護士
牛島総合法律事務所

コーポレート・M&A

第1回 J-REITの買収防衛の特徴と敵対的買収の方法

はじめに  J-REIT(不動産投資法人)は、投資家から集めた資金でオフィスビルや商業施設、マンションなど複数の不動産などを購入し、その賃貸収入や売買益を投資家に分配する商品だ。  もともとは、REITという仕組みはアメリカで生まれ、「Real Estate Investment Trust」の頭...

井上 正範弁護士
牛島総合法律事務所

コーポレート・M&A

東芝の半導体メモリ事業売却で採用された、入札による事業売却の特色と注意点

(Alexander Tolstykh / Shutterstock.com)  東芝による半導体メモリ事業の売却に関する入札手続が佳境を迎えている。  東芝は、2015年に発覚した不適切会計や米国原子力事業に起因する巨額損失からの経営再建策として、2015年12月に子会社の東芝メディカルシステム...

渡邉 弘志弁護士
牛島総合法律事務所

コーポレート・M&A
コンテンツの更新情報、法改正、重要判例をもう見逃さない!メールマガジン配信中!無料会員登録はこちらから