江鳩 孝二弁護士の執筆した記事一覧

1〜5件を表示 5

公開買付け(TOB)におけるインサイダー取引規制の内容は

総論  金融商品取引法167条に公開買付者等関係者等に関するインサイダー取引規制が定められています。具体的には、公開買付者の関係者が、以下の行為を行うことを禁止しています。   上場株券等の公開買付け等の“実施”に関する未公表の事実を知りながら、当該公開買付けに係る株券等を買い付けること 上場...

江鳩 孝二弁護士
弁護士法人北浜法律事務所 東京事務所

コーポレート・M&A

公開買付け(TOB)をする際、公開買付者側にはどのような開示規制があるか

金融商品取引法上の開示規制 概要  金融商品取引法上の開示規制に基づき、公開買付者が提出する必要のある主な書類、記載事項、提出時期、提出方法等は下表のとおりとなります。 提出書類・公告等 記載事項 実務上一般的な提出・公告時期 提...

江鳩 孝二弁護士
弁護士法人北浜法律事務所 東京事務所

コーポレート・M&A

公開買付け(TOB)をする際、対象者側にはどのような開示規制があるか

金融商品取引法上の開示規制 概要  金融商品取引法上の開示規制に基づき、対象者が提出する必要のある主な書類、記載事項、提出時期、提出方法等は下表のとおりとなります。   提出書類 記載事項 実務上一般的な提出時期 提出方法...

江鳩 孝二弁護士
弁護士法人北浜法律事務所 東京事務所

コーポレート・M&A

公開買付けが強制される取引

はじめに  金融取引所が開設している市場(以下「取引市場」といいます)“内”で株券等の取得を行う場合、各取引が株価に反映され、他の株主にも売却の機会が確保されるとともに、取引所の諸規制が及ぶため、不適切な取引に対しては取引停止等の措置も可能となります。  他方、取引市場“外”の取引においては、これ...

江鳩 孝二弁護士
弁護士法人北浜法律事務所 東京事務所

ファイナンス

TOBの対象となる有価証券とは

公開買付け(TOB)とはどのような制度か  ある会社A社が、他の会社B社の支配権の取得等を目的として、B社の株式を大量に買い集めようとする場合に、A社は、公開買付け(take-over bid 以下では「TOB」といいます)という方法を用いることが義務付けられることがあります。  TOBとは、ある...

江鳩 孝二弁護士
弁護士法人北浜法律事務所 東京事務所

ファイナンス
コンテンツの更新情報、法改正、重要判例をもう見逃さない!メールマガジン配信中!無料会員登録はこちらから