企業法務のQ&A解説

意匠登録制度とは

意匠登録制度とは  「意匠」とは、物品の形状、模様もしくは色彩またはこれらの結合であって、視覚を通じて美感を起こさせるものをいいます(意匠法2条1項)。  意匠登録制度は、商品形態などの形状・模様・色彩に関するデザインを保護する制度です。新規で特徴的なデザインについて、意匠登録を受けることにより、...

知的財産権・エンタメ

商品形態模倣に該当する場合とは

商品形態模倣(不正競争防止法2条1項3号)  不正競争防止法は、他人の商品の形態のデッドコピーを不正競争行為として規制しています。これは、せっかく資金や労力をかけて作った商品形態が他人に自由に模倣されると、先行者の商品開発意欲が阻害される一方で、あらゆる模倣を禁じるとかえって自由競争の妨げになるこ...

知的財産権・エンタメ

立体商標登録ができる場合とは

立体商標とは  「商標」とは、人の知覚によって認識することができるもののうち、文字、図形、記号、立体的形状もしくは色彩またはこれらの結合、音その他政令で定めるものであって、1)業として商品を生産し、証明し、または譲渡する者がその商品について使用をするもの、あるいは、2)業として役務を提供し、または...

知的財産権・エンタメ

監査役会・監査委員会・監査等委員会とは

監査役会の構成と役割  公開会社かつ大会社では、監査役会設置会社、指名委員会等設置会社、監査等委員会設置会社のいずれかの機関設計のみが認められています。  このうち、監査役会設置会社では、取締役会、監査役会および会計監査人が設置され、監査役会は、半数以上の社外監査役を含む3名以上の監査役全員で構成...

コーポレート・M&A

監査役になるための資格と兼任が禁止される場合とは

会社法で定められている監査役の欠格事由  会社法では、以下の者は、監査役になることができないとされています(会社法335条1項・331条1項)。 ① 法人 ② 成年被後見人もしくは被保佐人または外国の法令上これらと同様に取り扱われている者 ③ 会社法もしくは「一般社団法人及び一般財...

コーポレート・M&A

監査役の選任はどのように行われるか

監査役の選任議案への同意権  会社法は、監査役の取締役からの独立性の強化を図る趣旨から、取締役が自分たちの都合で監査役の構成を勝手に変更できないようにしており、取締役が監査役の選任に関する議案を株主総会に提出するには、監査役(監査役が2人以上の場合はその過半数、監査役会設置会社である場合には監査役...

コーポレート・M&A

監査役はどのような場合に退任するか

監査役が退任する場合  監査役が退任することになるのは、以下6点の場合です。  ① 任期が満了した場合  ② 任期途中に辞任した場合  ③ 欠格事由に該当し、監査役の資格を喪失した場合  ④ 任期の当然終了事由となる定款変更があった場合  ⑤ 監査役が委任契約の終了事由に該当することになった場...

コーポレート・M&A
もっと見る

人気の実務Q&A

  • コーポレート・M&A
  • 契約実務
  • IT・情報セキュリティ
  • 人事労務
  • 知的財産権・エンタメ
  • 事業再生・倒産
  • 危機管理・コンプライアンス
  • 競争法・独占禁止法
  • ファイナンス
  • 国際取引・海外進出
  • 訴訟・争訟
  • 不動産