すべての実務Q&A

1〜10件を表示 708

転勤をしないコースを選択する社員の給与を減額する制度変更は可能か

限定正社員制度の普及  地域限定正社員1への関心やニーズは、新卒段階の学生の間にも広がっていることが、最近報告されています。独立行政法人労働政策研究・研修機構「大学生・大学院生の多様な採用に対するニーズ調査」(平成29年12月26日)によれば、就職活動開始時に地域限定正社員への応募意向がある割合(...

岩出 誠弁護士
ロア・ユナイテッド法律事務所

人事労務

人事考課に関する紛争を回避するには

人事考課の役割  人事考課とは、労働者の日常の勤務や実績を通じて、その能力・成果を評価して処遇を決定する制度です。具体的には、使用者は、人事考課に基づき、労働者の昇給額・賞与額の決定や昇格・降格の決定をし、また、人事考課の結果を重要な情報として加味し、役職任用、配置(転勤・異動)、退職金の功労加算...

岩出 誠弁護士
ロア・ユナイテッド法律事務所

人事労務

海外展開でどうやって良いビジネスパートナーと巡り合うか

現地パートナーの必要性  外国でビジネスを展開する際に、その国の企業と合弁して会社を設立したり(ジョイントベンチャー)、販売代理店になってもらったり、製品のメンテナンスやロジスティックを任せる協力会社になってもらったりということは、しばしば必要となるところです。  もちろん、独資の会社(自社の1...

田中 雅敏弁護士
明倫国際法律事務所

知的財産権・エンタメ

農業、漁業のブランド戦略と知的財産 ~商標、地域団体商標と地理的表示(GI)制度~

ブランド保護の必要性  日本の農林水産品の海外展開は、「日本の安心・安全な食」の高い評価とともに、飛躍的に拡大しています。しかしながら、それに伴って、模倣品や類似品などに関する、様々な問題が発生しています。  たとえば、「鹿児島和牛」「北海道ホタテ」「夕張メロン」などの偽物が海外で出回っていたとい...

田中 雅敏弁護士
明倫国際法律事務所

知的財産権・エンタメ

特許権を侵害された場合の対処法

相手方の製品の分析  特許権の侵害可能性のある製品がある場合には、できればその製品を入手して分析する必要があります。ただし、実際には入手できない製品もありますので、その場合には、カタログやパンフレット、ウェブサイトなどその製品の内容が記載または推測できる資料を収集する必要があります。  近時では...

高橋 元弘弁護士
潮見坂綜合法律事務所

知的財産権・エンタメ

独占禁止法違反行為に対する課徴金

課徴金制度の概要 課徴金制度とは  課徴金とは、独占禁止法に違反する行為の抑止のために、行政上の措置として、違反事業者に対して金銭的不利益を課すものです。  課徴金制度は、独占禁止法に導入された昭和52年当初は「不当な取引制限」のみを対象にしていましたが、平成17年・平成21年の独占禁止法改正...

小田 勇一弁護士
弁護士法人大江橋法律事務所

競争法・独占禁止法

第三者から個人データの提供を受ける場合の確認方法

【関連セミナー】 1月26日(金) 個人情報の活用と漏えい対策に役立つセミナー開催! 「情報管理をめぐる社会動向と危機管理」 ※本QAの凡例は以下のとおりです。 個人情報保護法、改正個人情報保護法:個人情報の保護に関する法律及び行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する...

渡邉 雅之弁護士
弁護士法人三宅法律事務所

IT・情報セキュリティ

労働基準法違反が刑事事件となるまでの流れと、刑事事件になった場合の企業の不利益

刑事事件として立件される手続 手続の大まかな流れ  「長時間労働、賃金不払いなど刑事処分の対象となる労働基準法違反行為」で解説したような労働基準法違反の行為は、具体的にどのような手続きを経て、刑事事件として取扱われるのでしょうか。  次に述べるとおり、多くの場合、労働基準監督署が実施する行政機...

柏田 剛介弁護士
明倫国際法律事務所 東京事務所

人事労務

長時間労働、賃金不払いなど刑事処分の対象となる労働基準法違反行為

決して特異ではない労働基準法違反行為が、刑事罰の対象となっている  平成29年10月、東京簡易裁判所が大手広告代理店に対して労働基準法違反の罪で50万円の罰金刑を科す判決を言い渡しました(東京簡裁平成29年10月6日判決)。この事件は、長時間労働や悪質なパワーハラスメントにより従業員の尊い命が奪わ...

柏田 剛介弁護士
明倫国際法律事務所 東京事務所

人事労務

匿名加工情報の作成者に適用される適正加工義務

【関連セミナー】 1月26日(金) 個人情報の活用と漏えい対策に役立つセミナー開催! 「情報管理をめぐる社会動向と危機管理」 ※本QAの凡例は以下の通りです。 個人情報保護法:個人情報の保護に関する法律及び行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律の一部を改正する法...

渡邉 雅之弁護士
弁護士法人三宅法律事務所

IT・情報セキュリティ

人気の実務Q&A

  • コーポレート・M&A
  • 取引・契約・債権回収
  • IT・情報セキュリティ
  • 人事労務
  • 知的財産権・エンタメ
  • 事業再生・倒産
  • 危機管理・コンプライアンス
  • 競争法・独占禁止法
  • ファイナンス
  • 国際取引・海外進出
  • 訴訟・争訟
  • 税務
  • 不動産
  • 資源・エネルギー