すべての実務Q&A

1〜10件を表示 16

税務調査にはどのような手法があるか

任意調査  任意調査とは、税務署や国税局の調査部、資料調査課が通常行う調査です。税務調査のほとんどが、この任意調査であるといわれています。任意調査は「準備調査」と「実地調査」の2段階に分けられます。任意調査については、納税者の同意を得て実施されます。ただし、調査官の質問に答えなかったり、正当な理由...

須藤 修
辻・本郷 税理士法人

税務

経理初心者のための印紙税の手引き

課税文書と非課税文書、不課税文書  印紙税は国税の1つです。これは、日常の経済取引に関連して作成される文書に対して課税される税金で、印紙税法に規定されています。印紙税が課税される文書のことを課税文書といいます。課税文書は20種類の文書に分類され、それぞれに番号が付されています。実務では、1号文書、...

宮崎 裕市
辻・本郷税理士法人

税務

問題がある税務当局の更正処分、国税不服審判所の審理過程

設例の前提となる事実関係  設例の前提となる事実関係、税務当局(以下「原処分庁」といいます)による更正処分、国税不服審判所(以下「審判所」といいます)における審理の内容は下記のとおりです。 事実関係 設例の会社(以下、A社といいます)は、販売促進策としてポイントサービス制度を採用し、居住者...

安中 義昭
辻・本郷税理士法人

税務

外国子会社合算税制(タックスヘイブン対策税制)に関する用語の意味と判定方法

外国子会社合算税制の仕組みと用語  外国子会社合算税制の仕組みを図解すると次のようになります。  上記図中にある、用語の意味は次のとおりとなります。 居住者:国内に住所を有し、または現在まで引き続いて1年以上居所を有する個人(租税特別措置法2条1項1の2号、所得税法2条3号)...

八重樫 巧
辻・本郷 税理士法人

税務

請負と雇用は税務上どのような違いがあるか

 世の中には、売買契約書、交換契約書、賃貸借契約書、消費貸借契約書、請負契約書、雇用契約書、委任契約書など様々な種類の契約書が存在します。たとえば、売買契約書であれば、売買を前提とした法律関係や課税関係が構成されるのが通常です。しかしながら、税務上は、契約書の名称に関わらず、その内容に応じて、つまり...

安積 健
辻・本郷 税理士法人

税務

従業員の架空経費計上によって横領・着服された会社が、「所得隠し」で重加算税を賦課されるリスク

重加算税の定義とリスク  皆さんも「◯億円の所得隠し」として企業の重加算税賦課について報道されるケースを目にすることがあると思います。  重加算税が、単なる“申告漏れ”と異なり、大きく報道されて、企業のレピュテーションにダメージを与えるのは、それが「隠蔽・仮装」行為を伴う悪質な違法行為だからです。...

結城 大輔
のぞみ総合法律事務所

税務

2019年の消費増税に伴う経過措置が適用される取引は

※本QAの凡例は注のとおりです 1。  1989年4月に3%でスタートし、1997年4月に5%、2014年4月に8%とすでに2回の税率引上げを行っている消費税ですが、3回目となる10%への引上げが2019年10月に予定されています。  消費税は、資産の譲渡や貸付け、役務の提供に対して課されますが、...

安積 健
辻・本郷 税理士法人

税務

海外勤務者に関する税務上の問題点

居住者と非居住者の区別 居住者と非居住者による課税対象の相違  社員を海外で勤務させる場合、当該社員が所得税法上の「居住者」か「非居住者」のいずれに該当するかにより、課税される所得が異なります。  すなわち、日本国籍を有する「居住者」については国内源泉所得(国内での勤務に伴う所得)および国外源...

毒島 光志弁護士
弁護士法人第一法律事務所 大阪事務所

税務

公正処理基準と法人税の課税所得

会計処理基準と法人税の課税所得の関係  法人税法22条4項は、法人の所得の金額の計算において収益の額および原価、費用等の額は、公正妥当と認められる会計処理の基準にしたがって計算されると規定しています。  この規定の趣旨は、法人税における課税所得が原則として企業会計上の利益を前提として算定されるこ...

石井 亮弁護士
和田倉門法律事務所

税務

受取配当の益金不算入

受取配当の益金不算入  内国法人が受け取った剰余金の配当等の一部または全部は所得の金額の計算上、益金の額に算入されません(法人税法23条1項)。これは、法人を介して事業を行った場合に相対的に税負担が重くなることを回避するための措置です。  すなわち、配当の原資となる利益に対しては法人税が課されて...

石井 亮弁護士
和田倉門法律事務所

税務