すべての実務Q&A

1〜10件を表示 49

健康食品の広告宣伝における留意点

健康食品とは  健康食品という言葉に法的な定義はありませんが、一般的には、栄養補助食品、健康補助食品、サプリメントなど、健康の保持または増進にかかる効果、機能等を表示して販売・利用されている食品を指す言葉として用いられています。  健康食品は、特定の健康の維持および推進に役立つという食品の機能性...

平 征三朗弁護士
株式会社電通

競争法・独占禁止法

医療(病院)および医師に関する広告の実施における留意点

はじめに  業種によっては、その業種にのみ適用される法律(業法)によって、広告が規制されている場合があります。医療(病院)は、特に広告が厳しく規制されている業種として固有の広告規制が存在するため、その概要について以下解説します。 医療(病院)の広告規制 医療広告ガイドライン  医療(病院)の...

吉野 史紘弁護士
株式会社電通

競争法・独占禁止法

ウェブサイトやSNSを用いた景品提供施策を実施するうえでの留意点

景品規制の概要 景品類の要件  景品表示法は、「景品類」の定義を「顧客を誘引するための手段として、その方法が直接的であるか間接的であるかを問わず、くじの方法によるかどうかを問わず、事業者が自己の供給する商品又は役務の取引(中略)に付随して相手方に提供する物品、金銭その他の経済上の利益」と定めてい...

星 知矩弁護士
株式会社電通

競争法・独占禁止法

ガン・ジャンピングとは

企業結合規制 企業結合の制限および事前届出制度  独占禁止法では、株式保有、役員兼任、会社以外の者の株式保有、合併、共同新設分割・吸収分割、共同株式移転および事業の譲受等ならびにこれらの脱法行為により一定の取引分野における競争を実質的に制限することになる場合を禁止しています(独占禁止法10条1項...

牛嶋 龍之介弁護士
King & Wood Mallesons法律事務所・外国法共同事業

競争法・独占禁止法

オリンピック・パラリンピック等のイベントと絡めた広告、および国際機関の標章を商業上使用する際の留意点

アンブッシュマーケティングとは  アンブッシュマーケティングとは、一般的に、オリンピック・パラリンピックなどのスポーツイベントにおいて、スポンサー契約を結んでいない企業などが、当該イベントのロゴなどを無断で使用したり、会場内や周辺で便乗したりして、スポンサーであるかのような印象を消費者に与えるため...

中野 裕仁弁護士
株式会社電通

競争法・独占禁止法

金融商品購入者向けの景品提供キャンペーンを実施する際の留意点

金融業界の法規制の構造  銀行、証券会社および保険会社等の金融機関が行うことができる業務は、それぞれ、銀行法、金融商品取引法および保険業法等といった各種業法によって規制されています。また、金融庁が作成した監督指針や、全国銀行公正取引協議会、日本証券業協会および生命保険協会、日本損害保険協会等の自主...

豊田 崇久弁護士
株式会社電通

競争法・独占禁止法

グローバル経済下の競争法の特色

世界の競争法の状況 競争法のグローバル化  競争法のグローバル化とは、経済のグローバル化や経済の民主化を受け、世界の多くの国・地域において競争法が整備され、競争法を持つ国・地域が世界的に増加していることをいいます。競争法はcompetition lawの訳語ですが、日本の競争法にあたる法律は独占...

小田 勇一弁護士
弁護士法人大江橋法律事務所

競争法・独占禁止法

日本企業間で株式取得や事業譲渡を行う際に海外での届出が必要となる場合

日本企業間の株式取得・事業譲渡が海外届出規制の対象となる場合  外国企業からの株式の取得や事業の譲り受けの場合には、当然海外の届出規制を検討することになりますが、日本企業間の企業結合の場合でも、海外当局への届出が必要となることがあります。届出が必要か否かは、各国の定める届出基準を満たすかで決まり、...

菅野 みずき弁護士
弁護士法人大江橋法律事務所

競争法・独占禁止法

比較広告をはじめとするネットを利用した選挙広告の実施可否

はじめに  平成25年4月に公職選挙法(以下「公選法」といいます)が改正され(平成25年法律第10号)、それまで規制されていた「インターネットを利用した選挙運動」が解禁、同年7月21日に投開票された参議院議員通常選挙から適用されています。  この解禁から6年後の令和元年7月21日に投開票された参...

宮谷 英樹
株式会社電通

競争法・独占禁止法

公正取引委員会による独占禁止法違反事件の調査はどのように行われるのか

公正取引委員会による行政調査  公正取引委員会がカルテル等の独占禁止法違反事件について排除措置命令や課徴金納付命令を行うか否かを判断するために行う調査は「行政調査」 1と呼ばれます。公正取引委員会は、行政調査を実施するため、主に以下の1-1から1-3の権限を認められています(独占禁止法47条1項)...

宮本 聡弁護士
弁護士法人大江橋法律事務所

競争法・独占禁止法
コンテンツの更新情報、法改正、重要判例をもう見逃さない!メールマガジン配信中!無料会員登録はこちらから