に関する実務Qamp;A

1〜10件を表示 999

継続雇用を行う場合の留意点

高年齢者雇用安定法による継続雇用制度 65歳までの継続雇用制度  平成25年4月1日に施行された年金法改正による年金受給年齢の引上げに合わせて、高年齢者雇用安定法による65歳までの継続雇用制度に関する規制が以下のようになっています。  高年齢者雇用安定法については、関係政令・省令・指針(高年齢...

岩出 誠弁護士
ロア・ユナイテッド法律事務所

人事労務

外国人社員が在留期限の更新を忘れた場合の対応

不法滞在(オーバーステイ) 1日も早く出入国在留管理局に相談する  更新手続を忘れて1日でも在留期限が切れてしまえば、たとえ悪意はなくとも、不法滞在(オーバーステイ)となります。在留期限が切れていることに気がついたら、1日も早く出入国在留管理局に出向いて相談してください。 出入国在留管理局に相...

佐野 誠
株式会社ACROSEED

人事労務

商標権の効力(専用権と禁止権)

専用権と禁止権  商標出願を経て商標が登録されると、出願人は、商標権を取得します。商標権を取得すると、登録した商標を独占的に使用することが可能になります。具体的には、商標権者は、以下に説明する専用権と禁止権を持つことになります。 専用権とは  商標法25条には、「商標権者は、指定商品又は指定役...

上田 亮祐弁護士
弁護士法人イノベンティア

知的財産権・エンタメ

税務調査にはどのような手法があるか

任意調査  任意調査とは、税務署や国税局の調査部、資料調査課が通常行う調査です。税務調査のほとんどが、この任意調査であるといわれています。任意調査は「準備調査」と「実地調査」の2段階に分けられます。任意調査については、納税者の同意を得て実施されます。ただし、調査官の質問に答えなかったり、正当な理由...

須藤 修
辻・本郷 税理士法人

税務

不動産売買契約書の作成・レビューにおける留意点(1)- 決済の前提条件(融資特約・ローン特約)、表明保証条項

実行前提条件(融資特約・ローン特約)  実行前提条件(融資特約・ローン特約)とは、売主による不動産の引渡義務と買主による売買代金の支払義務の履行の条件を規定する特約です。  このうち、特に重要なのが、買主による売買代金の支払義務の履行の条件として規定される、いわゆる融資特約・ローン特約です。  ...

多田 光毅弁護士
隼あすか法律事務所

不動産

不動産売買契約書の作成・レビューにおける留意点(2)- 瑕疵担保責任、解除条項(手付解除)

瑕疵担保責任  瑕疵担保責任とは、契約締結時に契約の目的物(不動産)に通常備わっているべき性状を有していない場合(瑕疵)に、売主が買主に対して負うべき責任をいいます。  この瑕疵のうち、「隠れた瑕疵」とは、契約締結時において売主および買主が通常一般人が負うべき注意を尽くしてもなお発見できない瑕疵を...

多田 光毅弁護士
隼あすか法律事務所

不動産

非伝統的商標(新しいタイプの商標)とは

「商標」とは  商標法1条は、以下の通り、商標法の目的を定めています。 商標法1条(目的) この法律は、商標を保護することにより、商標の使用をする者の業務上の信用の維持を図り、もつて産業の発達に寄与し、あわせて需要者の利益を保護することを目的とする。  このように、商標を使用する者の業務上...

平野 潤弁護士
弁護士法人イノベンティア

知的財産権・エンタメ

商標権を取得するための手続(商標登録出願)とは

商標権が発生するまでの流れ  商標権が発生するまでの流れは、以下の通りです。 商標登録出願(商標法5条) 審査官による商標登録出願の審査(商標法14条) 審査官による登録査定(商標法16条) 登録料の納付(商標法18条2項) 設定登録により商標権が発生(商標法18条1項)  商標権を取...

三品 明生弁護士
弁護士法人イノベンティア

知的財産権・エンタメ

同業他社のよく知られた商標の商標登録の可否

商標登録の要件  商標登録を受けるための要件は、以下のとおりです。 自己の業務に係る商品または役務について使用をする商標であること(商標法3条1項柱書) 自他商品・役務識別力があること(同条) 不登録事由に該当しないこと(商標法4条)  このうち不登録事由には公益的なものと私益的なもの...

溝上 武尊弁護士
弁護士法人イノベンティア

知的財産権・エンタメ

能力不足が顕著な女性労働者に対して退職勧奨をしたいが、その労働者が妊娠中に退職勧奨を実施してよいか

退職勧奨を実施することの可否 妊娠をしたことを直接の理由とする退職勧奨  退職勧奨は、使用者が社員に自発的な退職を促す行為であり、一般的には、それ自体がただちに不法行為になるものではありません。  しかし、妊娠をしたことを直接の理由として退職勧奨をする場合には、話が変わってきます。すなわち、労働...

横木 雅俊弁護士
横木増井法律事務所

人事労務

人気の実務Q&A

  • コーポレート・M&A
  • 取引・契約・債権回収
  • IT・情報セキュリティ
  • 人事労務
  • 知的財産権・エンタメ
  • 事業再生・倒産
  • 危機管理・内部統制
  • 競争法・独占禁止法
  • ファイナンス
  • 国際取引・海外進出
  • 訴訟・争訟
  • 税務
  • 不動産
  • 資源・エネルギー
  • ベンチャー