白紙にされた買収 ディールが破談する理由PR

ディールが失敗に終わると、買収する側にもされる側にもずっしりと重いダメージがあり、評判を失うという代償を負います。一部のディールの失敗する確率が高いのはなぜでしょうか? ディールを失敗させる重大な予測指標は何でしょうか? ディール成立の確率を高めるため、買収する側とされる側は何ができるでしょうか? 本レポートでは白紙にされた買収案件 (公表されたが、失敗に終わった吸収合併(M&A)取引)の膨大なデータを集め、長期的に研究・分析した結果を発表します。

目次

  1. エグゼクティブサマリー 4
  2. 主な研究結果 5
  3. 概要と方法論 6
  4. M&Aサイクルと地域差 7
  5. M&Aターゲットが公開企業の場合と非公開企業の場合の差 9
  6. ターゲットが公開企業の場合のM&A:失敗したディールに見られる 5つの重要な予測指標
    1. ターゲット違約金の有無 10
    2. 規模の問題 11
    3. 望まれない注目 13
    4. 有効なアドバイス 14
    5. キャッシュが全て 15
  7. ターゲットが非公開企業の場合のM&A:失敗したディールに見られる4つの重要な予測指標
    1. 身の丈にあった取引 18
    2. 流動性の確保および 19
    3. 現金支払い 19
    4. 買収企業の違約金 20
  8. 大惨事や不測の事態がディール失敗に及ぼす影響 21
  9. 国別および産業別のディール失敗率 23
  10. カスビジネススクールについて 27
  11. イントラリンクスについて 27
  12. お問い合わせ 28
PDF

サンプル

白紙にされた買収 ディールが破談する理由をシェア